人生が変わる無料競馬予想。無料でここまで当たる!

2018天皇賞(春)【穴馬&鉄板馬予想】※4/27買い目更新♪

2018/04/27 - うま吉の今週の【穴馬】予想!!

うま吉

うま吉が不定期でお届けする【穴馬予想】&【鉄板馬予想】だよ♪
うま吉の渾身の予想を披露しちゃうからね!競馬予想サイトの無料情報を元にした予想も紹介できたらいいな♪

今回は2018【天皇賞(春)】です!

天皇賞(春)の過去のデータ

まずは、天皇賞(春)の過去のデータを見てみようかな♫
過去10回分のものを記載しておきます♪

人気と連対率

▶1番人気【1-0-1-8】連対率10%
▶2番人気【5-1-1-3】連対率60%
▶3番人気【1-4-1-4】連対率50%
▶4番人気【1-2-1-6】連対率30%
▶5番人気【0-0-2-8】連対率0%
▶6~9番人気【1-1-1-37】連対率5%
▶10番人気下【2-2-3-76】連対率5%

年齢

▶4歳【4-2-4-35】連対率13%
▶5歳【3-4-2-38】連対率15%
▶6歳【3-2-2-24】連対率16%
▶7歳上【0-2-2-46】連対率4%

脚質

▶逃げ【2-0-0-10】連対率17%
▶先行【3-6-5-22】連対率25%
▶差し【4-4-5-64】連対率10%
▶追込【0-0-0-45】連対率0%

うま吉

上位人気馬の高い馬券内率♬
昨年は10年連続で連対のなかった1番人気馬が勝利して2着と3着馬も上位人気が独占♪順当な決着となってあまり荒れませんでした♪過去10年で見ても上位人気に推された馬はかなりの頻度で馬券に絡んでいて、実力のある馬がそのまま結果を残していることが大半だね!
ただ、ここ10年で上位人気で決着した年は上述した昨年と2008年のたった2回しかなく、ほとんどがヒモ荒れ傾向!ほぼ毎年のように二桁人気馬が馬券に絡むようなヒモ荒れのレースとなっていて、ここ10年でなんと6頭の超大穴が波乱を演出しています♪
上位人気で決着した昨年でさえ僅差の4着は10番人気の馬だったし、今年のメンバーを見る限り例年にないほどメンバーレベルが低く、荒れる可能性は十分にあるんじゃないかなってうま吉は思います二桁人気馬は2頭以上馬券に絡んだことはないから、軸を決めたら手広く予想するのがベストかな♪
高齢馬は割引♪
4歳~6歳までは平均的に勝ち星があって、年齢的な差異は一切ないんだけど、7歳以上で馬券に絡んでいる馬のほとんどが衰えの遅い騙馬となっていました♪唯一騙馬ではなかったマイネルキッツは前年度に勝利していたような馬だったし、この舞台に圧倒的な適正があるような馬でもない限り、7歳以上の馬は基本的に消すのが無難かなって思います!
3200mという舞台なだけあって、リピーターの台頭が非常に多く、昨年も前年度に馬券に絡んでいたキタサンブラックとシュヴァルグランが2年連続で馬券に絡みました♪このレースで馬券に絡んだ経験がある馬は無条件で選んだほうが良いとうま吉は思うから、シュヴァルグランとカレンミロティックは押さえ必須?!
内枠の好走率が非常に高いレースで、フルゲートで17番と18番に入ってしまった馬は過去10年で1頭も馬券に絡めていません♪スタート後にどれだけロスなく、好位置をキープ出来るかで好走出来るかどうかが決まると言っても過言ではないから、上位人気馬で該当枠に入ってしまった馬がいれば軽視したほうが良いんじゃないかな?この枠の有利不利は他のコースにおいての有利不利と比べ物にならないくらい比重が大きいと思います♪
4角先頭集団だけが勝てるレース♪
長い距離を走ることも関係して、速い上がりが使えるような展開には一切ならず、過去10年で稍重の馬場で開催された2011年を除くと4コーナーで5番手以内につけていた馬しか勝利出来ていません!人気薄の馬でもそういった先行脚質の馬が好走しているから、穴馬を選ぶならそこからだろうね!
極端な競馬をする馬は好走出来ていないけど、逃げた馬でスタートから直線まで先頭で勝利したはキタサンブラックのみ!逃げ馬は基本軽視でいいけど、今年のメンバーは比較的低調だし、大逃げをする馬もいそうで、その一列後ろで競馬が出来る馬が馬券に絡む確率はかなり高そうです♪ビートブラックが勝利した時と同じ様な展開になりそう…

好走が期待できる馬を3頭紹介!

出走馬はまだ確定していないけど、今回は現段階でうま吉的に好走が期待できる馬たちを紹介するよ♫

ガンコ・シュヴァルグラン・レインボーライン

うま吉の注目馬

なぜこの3頭がオススメなのか理由を紹介していくよ♪

☆ガンコ
日経賞を勝利してここに挑んできます♪その日経賞はかなり強い競馬で、2角までは超スローペースで先手を奪っていたんだけど、その2角でキセキが一気に先頭にたって、かなり縦長の展開になった乱ペース戦!追いかけない好判断をしつつもかなり縦長だから後ろも早めに上がってくるし、実質的に一番展開的に厳しい位置取りとなっていたのはこのガンコだったんだ♪それを勝ちに動いて後続を完封して手応えにはまだ余裕があったみたい!ここでも本命視出来る存在かなって思います♪
1週前の追い切りは、栗東の坂路で4ハロン52.7秒、ラスト2ハロン12.3-12.2秒を一杯に計時してきました♪単走で馬場が重い中でも一切軸がブレずに走りのフォームも安定♪本当に好調を維持していて、ラスト2ハロンの時計も秀逸!1週前にして文句のつけようがないほどの追い切りを敢行してきました♪これで当週は馬なりでの調整をすれば態勢は整うと思います!
今まではスローペースからの3ハロン勝負しか経験していなかったんだけど、日経賞のようなロングスパート戦でも結果を残せたというのは、春の天皇賞に向けて大幅なプラス要素となると思います♪残り800mから11秒台のラップを刻むような持続力が必要なレースだし、そこで前受け出来るのは強みだね!大逃げをする馬がいても2番手から勝ちに動けるくらいだし、藤岡佑介騎手が初G1を戴冠できる可能性は高いかも?
☆シュヴァルグラン
大阪杯では13着入線!スワーヴリチャードが一気に捲ってきてペースが上がったし、圧倒的内有利の馬場でなおかつ外めを追走して脚がたまらず、想定よりもだいぶ早めに仕掛けないといけないという状況になって、一切力を発揮できずに凡走…この馬には向かない展開となったし、春の天皇賞は距離が長くてもっとペースは遅くなるからしっかり脚もたまるだろうし、持続力を活かして早めに上がっていけるこの馬にとっては絶好の舞台♪最近は前めで競馬も出来るし、2年連続で馬券に絡んでいるようにさすがに凡走はしないんじゃない?
1週前の追い切りではCWコースで7ハロン98.0秒、ラスト1ハロン12.1秒を馬場の真ん中辺りを通って一杯に計時していました!併せた相手が動きすぎて見栄えは良くないけど、この馬にしては時計は出ているし、一度叩いた上積みは相当見込めます♪叩き2戦目は馬券外に飛んだことがないし、好勝負必至だね!
今回もジャパンカップを制した時に騎乗していたボウマン騎手が騎乗するけど、オーストラリアは長距離のレースも多く、20頭以上で競馬をすることもザラで、内をピッタリ回ってくることがレースの結果以上に重要視される国…ポジショニングに関しては他を圧倒していると思うし、スムーズに回ってくる可能性は高いと思うから、減点材料はなく軸向きかなって判断します♪
☆レインボーライン
阪神大賞典を制してここに挑んできます♪昨秋から本当に馬なりでの調教の動きが一変しているとうま吉は思っていて、前走は苦手にしていたゲートの出も比較的改善!行き脚は相変わらずつかないけど、上がりがかかるようなロングスパート戦はもってこいの馬で、位置取り次第でここも好走出来るとうま吉は思うな!この舞台を得意としている岩田騎手が騎乗というのもプラス♪
1週前の追い切りは、栗東の坂路で4ハロン60.7秒、ラスト2ハロン14.6-12.9秒を馬なりで計時♪前走時の1週前追い切りの時ではちょっと折り合いに苦労していた面も見られたけど、今回はしっかり我慢が効いてしっかりとした脚取りで動きもシャープ♪ただ!!!いつも日曜にバシッと時計を出してくる馬なんだけど、今回は4ハロン52秒台でラスト1ハロンも13秒台…テンが遅く入れているから大丈夫だとは思うけど、終いの減速はちょっと気になるかな!当週の追い切りには注目だね♪
昨年は一切良いところがなく敗れたけど、向正面で既に手応えがなかったみたいだし、騎乗したデムーロ騎手は58kgが堪えた感じと言っていたね!昨年の宝塚記念、秋の天皇賞と58kgを背負っても好走出来ているし、状態が良い今なら克服出来ると思うから、昨年よりもパフォーマンスは必ず上げてくると確信しています♪あまりスタミナが要らないようなレースだから、距離は大丈夫と思う!

うま吉渾身の穴馬紹介♫

今日はうま吉がオススメする渾身の穴馬を紹介します♫うま吉はもちろん馬券に入れるつもりの馬です♫

スマートレイアー

スマートレイアー

大阪杯で9着入線してここに挑んできます♪最内を追走していたんだけど、一瞬で加速するようなタイプではなく、スピードの絶対値も高くないこの馬は一気にペースアップした3コーナーで置かれちゃって、かなり厳しい展開となったね!それでもラストは良く詰めてきているし、かなりのロングスパート戦になったレースでも持続力を存分に披露して、まだまだ衰えのないところを証明してくれました♪牝馬にとってこの距離はかなり厳しいとは思うけど、リズム良く追走出来れば好走してもおかしくはないと思っています♪

今回は16番に入ったけど、この枠なら距離に不安のある同馬にとって出していって位置を取りに行く利点はないから、京都大賞典のときのように折り合いに専念して最後方付近から競馬をすると思います♪展開待ちにはなるけど、2400mでシュヴァルやトーセンバジルを問題にしなかった経験もあるし、能力は通用するからね!かえってこの枠は極端な競馬ができそうで、悪くないんじゃないかな?

当週の追い切りは、栗東の坂路で4ハロン52.7秒、ラスト2ハロン12.3-12.4秒をほぼ馬なりで計時♪1週前もそうだったけど、本当に体調が良いのか時計も動きも文句なしで、まったく衰えは感じられません♪行きっぷりも良いし走りには軽さも見られました!ちょっとズブさは出てきているから、むしろ距離延長がいい方向に出る可能性もあります♪

【金の鞍】またまた無料予想的中♪

金の鞍

本当に金の鞍の無料予想はすごいね♪

3連複の提供なんだけど、本命/対抗/単穴の3頭で決着しているのに、人気は7人気→1人気→5人気とかなり荒れたレースだからね…それを完璧に的中??ちょっとやばいでしょ…

以前も言ったけど、券種毎に無料予想しているとはいえ、本命対抗単穴の3頭だけで決着することが結構あって、アレンジしてみると素晴らしい結果にめぐりあえるかも?

金の鞍

金の鞍を見る

うま吉の天皇賞春の見解♫

■鉄板馬⇒ガンコ
■穴馬⇒スマートレイアー
■注⇒チェスナットコート

◎⑥ガンコ
○⑧クリンチャー:3着
▲⑪シュヴァルグラン:2着
△⑩サトノクロニクル
△②チェスナットコート
△⑫レインボーライン:1着
×⑯スマートレイアー

3連複2頭軸流し
軸:⑥⑪
相手:②⑧⑩⑫⑮⑯
点数:6点

3連単フォーメーション
1着:⑥⑧
2着:⑥⑧⑪⑩
3着:⑥⑧⑪⑩②⑫⑮⑯
点数:36点

今回は買い方をちょっと変えて、フォーメーション馬券で行きます♪1着はガンコかクリンチャー、2着は上記2頭に加えて差し馬の中では自分から動いて行けるシュヴァルグランと先行しそうなサトノクロニクルを選んでます♪印なしだけどトーセンバジルは買い目にいれているからね~

本命はガンコで行きます♪うま吉は前が飛ばす展開になるとは思うけど、しぶとく脚を伸ばすこの馬にとっては早めにまくられないような縦長の展開になるのは理想的だと思う!当週は栗東の坂路で4ハロン54.4秒、ラスト2ハロン12.8-12.3秒を馬なりで計時♪相変わらず体調は良さそうだね!

もう1頭の1着馬はクリンチャーとします♪スタミナがあるというよりもバテない脚が強みで、前走は向正面では既に手応えがなかったらしいのに、それで3着入線?ヤマカツが飛ばしてタフな展開になれば、ガンコかクリンチャーが勝つと思います♪当週の追い切りは栗東の坂路で三浦騎手を背に、4ハロン54.9秒、ちょっと手前を何度も変えるような仕草が見て取れたし、力は出せるだろうけど絶好調とはいえないから、こちらを対抗に♪

3番手評価はシュヴァルグラン♪縦長の展開になれば、いくら能力が高くても自分から動いていけるような競馬が出来る馬でないと好走出来ないと思っていて、シュヴァルグランはスピードの持続力が持ち味の馬だから、差し馬の中で一番最初に動く競馬ができそうで、単穴評価とします♪長距離でのタフな展開になれば先に動いたもん勝ちみたいなところもあるし、この3頭は上位争いしそうです!

サトノクロニクルは先行すると思うんだけど、58kgの斤量がちょっとネック♪ただ、今年の初戦となった阪神大賞典の追い切りから動きが見違えるように良くなっていて、まるで別馬のような時計の出し方をしています!成長が見て取れるし、ラジオNIKKEI賞の時に斤量が原因で負けたみたいな発言をしていたけど、まったく問題にしない可能性は高いです♪

レインボーラインはここなら下げる競馬になると思うけど、自分から動きだせる競馬をしてもシュヴァルグランには勝てそうにないから、連下評価!トーセンバジルは先行する競馬をするためには結構試練の枠に入っていて、終いが甘くなる可能性も含めて印は回さずに押さえる程度にしています!

買い目が無料
注目馬が無料
地方競馬が無料
当たる・儲かる予想
競馬無料予想

目的別に無料予想を探す

  • 買い目が無料
  • 注目馬が無料
  • 地方競馬が無料
  • 当たる・儲かる予想

カテゴリ

  • うま吉の2018年重賞&G1予想
  • うま子の複勝1点予想
  • うまじぃの今週の新馬戦診断
  • 海外競馬専門予想
  • うま吉の夏競馬専門予想
自然の風景
RANKING TOP3

優良競馬予想サイトランキング

1毎日情報

毎日情報

2うま一直線

うま一直線

3競馬通

競馬通

TOP