人生が変わる無料競馬予想。無料でここまで当たる!

2018弥生賞【穴馬&鉄板馬予想】※3/2買い目更新♪

2018/03/02 - うま吉の今週の【穴馬】予想!!

うま吉

うま吉が不定期でお届けする【穴馬予想】&【鉄板馬予想】だよ♪
うま吉の渾身の予想を披露しちゃうからね!競馬予想サイトの無料情報を元にした予想も紹介できたらいいな♪

今回は2018【弥生賞】です!

弥生賞の過去のデータ

まずは、弥生賞の過去のデータを見てみようかな♫
過去10回分のものを記載しておきます♪

人気と連対率

▶1番人気【5-2-0-3】連対率70%
▶2番人気【3-1-3-3】連対率40%
▶3番人気【0-1-1-8】連対率10%
▶4番人気【0-2-0-8】連対率20%
▶5番人気【0-1-2-7】連対率10%
▶6~9番人気【2-2-3-33】連対率10%
▶10番人気下【0-1-1-35】連対率3%

前走着順

▶1着【8-4-1-42】連対率22%
▶2着【0-2-5-8】連対率13%
▶3着【0-0-1-10】連対率0%
▶4着【1-2-1-8】連対率25%
▶5着【1-0-0-6】連対率14%
▶6~9着【0-2-1-16】連対率11%
▶10着以下【0-0-1-7】連対率0%

脚質

▶逃げ【1-0-0-10】連対率9%
▶先行【5-6-3-28】連対率26%
▶差し【3-3-6-23】連対率17%
▶追込【1-1-1-33】連対率6%

うま吉

1番人気馬に注目♪
過去10年のデータを見てみると、1番人気馬は連対率70%という驚異的な数字を残しているね♪昨年も2着と3着は人気薄の馬が入線していたけど勝利したのは1番人気馬だったし、人気を集めている馬は素直に信頼していいと思います!
弥生賞は出走馬のレベルが毎年思いっきり異なるんだけど、重賞勝利馬が非常に多かった2015年は荒れて、圧倒的に強い馬が数頭出走してきた2016年は上位人気のみで決着と、かなりわかりやすい決まり方をしているんだ♪今年の出走馬を見てみると、マカヒキやリオンディーズ、エアスピネルといった馬が出走していた2016年を彷彿とさせるメンバー構成で、人気馬を素直に信頼していいと思います!
今年は上位人気のみで決着すると思うから、あまり気にしなくていいとは思うんだけど、中穴や人気薄の馬が馬券に絡む場合でも、その馬は重賞を制していたり、OPレースや重賞レースで好走経験のあるような実力のある馬だけ…もし人気薄の馬を選ぶなら実績を重視だね!今年でいうならかろうじてサンリヴァルくらいかな♪
勝ち馬のほとんどが前走1着馬♪
このレースは皐月賞の優先出走権を与えられるレースであり、ローテーション的に皐月賞の前哨戦として最適だから、世代最強レベルの馬が出走してきます!だからここで勝利するような馬は基本的に過去出走したレースで凡走はしていません♪ここ4年連続で勝ち馬は連対率100%を誇っているよ♪
2着や3着に入線出来そうな馬なんだけど…今年は牡馬のレベルがかなり高いと言われていて、それでいて出走予定の馬は朝日杯馬、ホープフル2着馬、3連勝で重賞2勝を飾っている無敗馬とトップレベルが複数!2016年と本当に重なるところがあって、あの時は上位人気のみで決着…
しかもその上位3頭はそれぞれ連対率100%を誇っていて、4着は5馬身も差が開いていたからね…OP以上のレースを3頭とも制していたことを考えれば、ダノンプレミアム、ワグネリアン、ジャンダルムの3頭で決まっちゃうんじゃない?笑
脚質は不問♪
逃げ馬や追い込み馬といった極端な脚質の馬は活躍出来ていなくて、先行馬や差し馬の好走が目立つんだけど、有力馬は皐月賞を意識した位置取りでの競馬をすると思うから、現時点での内容から脚質を判断して予想するのはやめておいたほうが良いと思うな♪
今回は少頭数だし、前走でダートに使われていた馬や未出走馬など正直勝負にならないような馬が多くて実質7頭立てみたいなものだからね!有力馬は前めで競馬が出来る以上、3着に入る可能性があるとすれば後方一気でレースの流れに関係なく自分の競馬をする馬だけだから、トラストケンシンがもしかしたら3着に入れるくらいかなって♪
逆に先手を奪う競馬や有力馬と同じような位置取りで競馬をする馬は厳しいんじゃないかなって思います♪

好走が期待できる馬を3頭紹介!

出走馬はまだ確定していないけど、今回は現段階でうま吉的に好走が期待できる馬たちを紹介するよ♫

ワグネリアン・ダノンプレミアム・ジャンダルム

うま吉の注目馬

なぜこの3頭がオススメなのか理由を紹介していくよ♪

☆ワグネリアン
3連勝でこのレースに挑んできます♪福永騎手曰くかなり効率的な走り方をするらしくて、体幹がぶれずに推進力をすべて前に注ぎ込めるからこその末脚の威力の持ち主!小気味よいピッチ走法が特徴の馬なんだけど馬が成長してきて少しゆったりとしたフォームになっているみたいなんだ♪距離延長も問題なくこなせると思います!
1週前の追い切りは、藤岡康太騎手を背にCWコースで6ハロン80.1秒、ラスト1ハロン12.0秒を一杯に計時してきたね♪馬場の真ん中辺りを通っていたとはいえ、時計は優秀で先週の1番時計だし、2週前なんか同じくCWで6ハロン78.5秒という驚異的な猛時計を先週より外めを回って計時していたんだ!前哨戦だけど仕上がりは良さそう♪
持ち味的に中山コースは向かないという意見も目にします!確かに、うま吉も広いコース向きではあると思うんだけど、前提として体幹がぶれないという特徴を持っている馬だから、小回りのコーナーでもしっかり前に推進力を伝えられると思うし、する競馬が変わるだけでまったく問題ないと思います♪凡走はちょっと考えられないかな~
☆ダノンプレミアム
朝日杯FSを勝利してこのレースに挑んでくる馬だね♪デビュー前に怪物扱いした1頭でしっかりと無敗でクラシック戦線に名乗りを挙げてきました!前走は前半で折り合いを欠きながら最後はきっちり脚を伸ばして勝利したように、能力は規格外で間違いなく現時点では世代トップの実力があると思います♪G1で先行して上がり最速をマークしちゃうのはちょっと強すぎて他馬が可哀想…笑
1週前の追い切りは栗東のCWで6ハロン85.0秒、ラスト1ハロン11.2秒を馬なりで計時してきました♪終いの脚力とパワフルな動きは言うまでもなく素晴らしいんだけど、もうひとつ注目したのはコーナーを回ってくるときの折り合いだね♪朝日杯の1週前の時は明らかに行きたがって折り合いを欠いていたけど、今回はしっかり折り合いをつけてゆったりと直線に向くことが出来ていたんだ!朝日杯の時のような追い切りだったら今回の距離延長で評価を下げていたところだけど、これで死角がなくなっちゃった(゚∀゚)
この馬の場合、相手関係よりも直線までに折り合いを欠かずにスムーズに道中を運べるかが鍵を握っています♪今まで先行して競馬をしているけど、走りと時計の出し方を見る限り脚を溜めるような競馬をしても抜群にキレそうで、すべてがハイレベル♪この馬が馬券内争いに加われないのは、例えトライアルだとしてもありえないかな!
☆ジャンダルム
昨年からG1に格上げされたホープフルSで2着に入線して弥生賞に出走してくるね!ホープフルSでは勝ち馬に上手く目標にされて負けちゃったけど、距離は問題なくこなせること、勝ちに行ってのあの内容だからそこまで悲観するほどのものではないと判断しています♪池江調教師が「ちょっと太かった、仕上げミスだった」と武騎手に謝ったくらいだし絶好の状態で出走してきたわけでもないというのも今回パフォーマンスを上げてくる可能性が十分あると思わせるものだよね!
1週前の追い切りは、CWでサトノノブレス、サトノダイヤモンドと併せ馬をされて6ハロン83.1秒、ラスト1ハロン11.4秒を大外を回って一杯に計時して、この2頭に最先着していました!まだちょっと太く見えたけど、池江厩舎の大将格と併せられるほどの実力の持ち主で、陣営のこの馬に対する期待度は言うまでもないね!走りも素軽くて順当に仕上がりそうです♪
折り合いに不安のある馬ではなく、前走も自分から動く強気な競馬で他馬を押さえ込む内容!こういう競馬を武騎手がする時は相当能力が高い証拠で、素質に関してはこのメンバーに入ってもまったく見劣りしません♪ハイペースを早めに押し上げるというちょっとチグハグな競馬になってしまったけど、それで2着を確保出来るんだからね…ここでも間違いなく好走してくると思う!ただ、あくまでトライアルということを考えると皐月賞を見越した競馬をするだろうから、2着3着付けが良いのかも?

うま吉渾身の穴馬紹介♫

今日はうま吉がオススメする渾身の穴馬を紹介します♫うま吉はもちろん馬券に入れるつもりの馬です♫

トラストケンシン

トラストケンシン

未勝利戦を勝ち上がってこのレースに挑んでくる馬だね♪前走は追い出しを待たされたこともあって上がり最速ではなかったんだけど、それ以外の3戦はすべて上がり最速をマークしていて、未勝利戦の中山で前残りの展開の中1頭だけ次元の違う脚をつかって毎回差し込んできていた末脚の破壊力はここでも十分通用するものだと思う♪勝ち負けは見込めないかもしれないけど、現時点では後方一辺倒の競馬になっているから、こういう抜けた馬が数頭いる場合でなおかつ少頭数なら馬券内争いに加わってくる可能性は展開的に十分!

当週の追い切りは美浦の坂路で4ハロン50.9秒、ラスト2ハロン12.1-12.4秒を強めに計時してきました♪この日の美浦の坂路はかなり時計が出やすかったけど、動きの安定感は抜群で、時計が出ているように感じさせないのにこれだけのタイム…一度使われて状態が上がっている証拠だね♪坂路での自己ベストを5秒近く縮めてきて、なおかつ5月生まれということは成長も含めてさらに良くなっていると判断しているよ♪

今までは外に出される競馬をされ続けて直線でフラフラしたり、内にモタれたりして満足に追えていない中で脚を余し続けるもったいない競馬をしていたんだけど、初めて直線で馬群の中にいれた前走は狭い所をしっかり割ることが出来ていました♪ふらつきもなかったし、競馬ぶりが一皮むけたね!メンバーは揃っているけど、もしまっすぐ走ることが出来れば楽しみな1頭かな♪今まで一回も能力をフルに発揮できたことがないからね!上位陣とも遜色ないと思います~

【アプリ】無料予想で重賞の3連単を提供♪

アプリ

アプリという競馬予想サイトは無料予想が豊富なんだけど、必ず重賞レースも3連単で提供してくれるんだよ!

本命と対抗はしっかり馬券内に来ているし、4番手評価のダイアナヘイローが勝利したから2頭軸マルチで買っていれば、点数は少なく出来ていてなおかつ的中しているんだよね(゚∀゚)

重賞レースを無料で3連単で提供しているところなんてないから、参考程度で利用してみるのも良いかも!最低でも1日に4レースは無料予想を行っています♪

アプリ

アプリを見る

うま吉の弥生賞の見解♫

■鉄板馬⇒ダノンプレミアム
■穴馬⇒トラストケンシン
■注⇒該当馬なし

◎⑨ダノンプレミアム:1着
○③ジャンダルム:3着
▲⑧ワグネリアン:2着
△①オブセッション
×⑦トラストケンシン

3連単フォーメーション(※的中:1320円
1着:
2着:③
3着:⑧①⑦
点数:6点

ダノンプレミアムの頭は鉄板だと判断して、この馬を1着固定で予想しました♪これでもトリガミになる可能性はあるんだけど、メンバーが揃っているのに直接対決が一度もなく比較が難しいからこれで勝負します!

ダノンプレミアムは当週の追い切りでCWコースで6ハロン85.0秒、ラスト1ハロン11.6秒を馬なりで計時してきました♪前半はかなりゆっくり入って終いを伸ばすという追い切りを2週連続で行ってきたけど、行きたがる面を一切見せなかったところを評価♪ほとんど同じ内容だった朝日杯の時は1週前ではコーナーで引っ張りきりだったからね!折り合いさえつけばこの時期の距離適性なんて気にしないで良いと思うから本命で♪

2番手評価はジャンダルムとします♪追い切りの動きが良いことはあるんだけど、競馬ぶりを考えると反応の良さと機動力の高さはこのコースでは活きてくると思うよ!前走終いバテたのはハイペースを早めに動きだしたことが要因♪パフォーマンスは上げてくるはずです!

ワグネリアンは3番手評価にします!元々最大目標はダービーだから、変な競馬は教えたくないはずで、直線で終いを伸ばすという競馬をするんじゃないかと思うんだよ。距離不安とテンションの高さも懸念材料としてあるし、テンの入りは後々を考えるとゆったりと入りたいはずで、直線の短い中山では差し届かない可能性もあるんじゃないかなって判断しました♪

オブセッションはかなり飛びが大きいから、中山では前走のようなとんでもないパフォーマンスは見せることが出来ないんじゃないかなって思います…エンジンのかかりが遅いから大勢決したところに差し込んできそうです…トラストケンシンは終いにかける競馬をすれば展開次第で馬券内争いに加われそうで、3着で予想しています~

目的別に無料予想を探す

買い目が無料
注目馬が無料
地方競馬が無料
当たる・儲かる予想

【お知らせ】
うま吉がツイッターを始めました♪記事にしていない新馬戦の買い目なども公開しています♪
https://twitter.com/jinsei_umakichi

競馬無料予想

目的別に無料予想を探す

  • 買い目が無料
  • 注目馬が無料
  • 地方競馬が無料
  • 当たる・儲かる予想

カテゴリ

  • うま吉の2018年重賞&G1予想
  • うま子の複勝1点予想
  • うまじぃの今週の新馬戦診断
  • 海外競馬専門予想
  • うま吉の夏競馬専門予想
自然の風景
RANKING TOP3

優良競馬予想サイトランキング

1毎日情報

毎日情報

2うま一直線

うま一直線

3競馬通

競馬通

TOP