人生が変わる無料競馬予想。無料でここまで当たる!

2018阪神大賞典【穴馬&鉄板馬予想】※3/16買い目更新♪

2018/03/16 - うま吉の今週の【穴馬】予想!!

うま吉

うま吉が不定期でお届けする【穴馬予想】&【鉄板馬予想】だよ♪
うま吉の渾身の予想を披露しちゃうからね!競馬予想サイトの無料情報を元にした予想も紹介できたらいいな♪

今回は2018【阪神大賞典】です!

阪神大賞典の過去のデータ

まずは、阪神大賞典の過去のデータを見てみようかな♫
過去10回分のものを記載しておきます♪

昨年の分は後日追記します♪

人気と連対率

▶1番人気【4-3-2-1】連対率70%
▶2番人気【2-0-1-7】連対率20%
▶3番人気【2-1-3-4】連対率30%
▶4番人気【1-2-1-6】連対率30%
▶5,6番人気【1-2-2-5】連対率30%
▶7~9番人気【0-2-1-37】連対率5%
▶10番人気下【0-0-0-24】連対率0%

年齢

▶4歳馬【3-6-2-15】連対率35%
▶5歳馬【3-2-4-14】連対率22%
▶6歳馬【2-1-1-24】連対率11%
▶7歳上【2-1-3-31】連対率8%

脚質

▶逃げ【3-3-4-21】連対率19%
▶先行【1-1-0-7】連対率22%
▶差し【1-1-2-15】連対率11%
▶追込【1-1-0-6】連対率25%

うま吉

1番人気馬は必ず♬
2013年から2017年まで5年連続で1番人気馬が勝利しているレースで、1番人気馬の信頼度がかなり高いレースとなっているよ!連対まで広げるなら7年連続で連対中で、1番人気馬は必ず選んでおいたほうが良いと思います!
過去10年でフルゲートで開催された年は一度もないんだけど、二桁人気の馬は過去10頭が出走してきて1頭も馬券に絡んでいません♪人気薄が馬券に絡むとしても、年に1頭程度で、そこまで手広く抑える必要はないんじゃないかな?そんなに荒れないレースだね!
過去10年の勝ち馬の単勝オッズを見てみると、オルフェーヴルが2着に敗れた時以外はすべて10倍以下のオッズだったんだよ!今回該当しそうなのは4頭しかいないから勝ち馬に関しては絞りやすいかも♪ちなみにG1を制していない1番人気馬はかなり低レベルだったシュヴァルグランの時以外すべて1着を外していて、なおかつ単勝オッズ1倍台だったら3着にしか来ていないんだよ…クリンチャーはなかなかデータからは危険かも?
若い馬の連対率が高いレース♪
4歳馬の連対率が非常に高く、年齢を重ねる毎に連対率が下がっていっているね!出走頭数は若い馬よりも高齢馬のほうが多くなっているのに馬券には絡んでこれていないというのは年齢は結構重要視するべきかな!
6歳以上で馬券に絡んでいる馬のほとんどが5歳以下でこのレースにおいて馬券に絡んでいるリピーター馬でした♪例外の3頭はそれまでに阪神大賞典以外の長距離重賞レースを制した経験が必ずあったから、6歳以上で狙えるのは今回はアルバートだけとなるね…しかも出走馬の半数以上がこのデータで消えちゃうという…
先行馬が中心♪
阪神の内回りでしかもスタミナが必要になってくる長丁場のレースだから、速い上がりが必要なレースではなく、差し馬が勝利することはまずもってないと思います♪力のある馬は少頭数の場合は後ろに位置していても勝負どころでは先頭集団にとりついてくるから、脚質不問で考えても良いかもしれない!
過去10年の勝ち馬のうち、差し馬が勝利した1勝を除く残りの9回で勝利した馬の4コーナーでの位置取りはすべて4番手以内でした♪ただ、ほとんどの馬がコーナーごとに位置取りを上げながら最終的にその位置取りに来ているというだけであって、最初から先行していてそのまま押し切った馬は意外と少ないです♪決め手は必要かも?
逃げ馬は2頭が馬券に絡んでいるね♪今年の阪神はかなり馬場が速いし、逃げそうな馬には注目してみても良いかもしれません!

好走が期待できる馬を3頭紹介!

出走馬はまだ確定していないけど、今回は現段階でうま吉的に好走が期待できる馬たちを紹介するよ♫

アルバート・クリンチャー・レインボーライン

うま吉の注目馬

なぜこの3頭がオススメなのか理由を紹介していくよ♪

☆アルバート
昨年のステイヤーズSを圧勝してこのレースに挑んできます♪超がつくほどのステイヤーで、ステイヤーズSを3連覇、ダイヤモンドSも制覇しているね!春の天皇賞以外の3000m以上のレースでは一切負けたことがないんだけど、あまりメンバーが揃わないレースを使ってきたことも事実…ただ、昨年の春の天皇賞では後方から競馬をした馬の中では最先着しているし、G2ならメンバーレベルが上がっても勝ち負けを見込めるんじゃないかな♪
1週前の追い切りは、石橋脩騎手を背に、美浦のウッドコースで5ハロン66.5秒、ラスト1ハロン12.8秒を強めに計時してきたね♪時計面はかなり良くてしっかりと追ってきたなって印象を受けました♪ただ、ゴールまでは併入したルーカスにゴール後は置かれていっていて、まだ反応は鈍い感じだね!この1週前の追い切りで変わってくると思うから、あとは当週次第かな♪
長距離のレースって、ペースが一定に流れることがなくて、スローペースだとしても道中の出入りが激しくなったり、変なところで速くなったりするんだけど、今までどういう条件下でも結果を出してきているという点で判断すると、軸には最適かなって思います♪意外にも阪神は初めてだけど、中山の内回りで好走しまくっている以上、苦手とは思えません!
☆クリンチャー
前走の京都記念では並み居る強豪を蹴散らして勝利していました♪渋った馬場を苦手としていないにしても強い内容で、最後までしぶとく伸びて先に抜け出していたレイデオロや同じように伸びてきたアルアインに伸び勝つというのは”並”の重馬場巧者では出来ない内容♪いよいよ本格化で、その時よりもメンバーレベルが落ちる今回ももちろん好走の可能性は高いと思います♪
1週前の追い切りは栗東のCWコースで武豊騎手を背に、6ハロン78.1秒、ラスト1ハロン13.1秒を一杯に計時♪前走時からもそうだったんだけど、明け4歳になってから調教でまるで別馬のような動きを見せていて、今回も圧巻の超抜時計♪この日のCWはそこまで時計が出るような速い馬場ではなかったし、この日の一番時計をマークだね!当週は比較的軽めの追い切りとなるだろうけど充実しています♪
速い持ち時計をもっているし、キレるタイプというよりも追ってからバテないしぶといタイプで、上がりのかかる展開となるこのコースは持ち味的には向いていると思います!ただ、スタミナ抜群のステイヤータイプではないとは思う。乗り手に従順でかなり乗りやすいらしいから、折り合いがつくという点を加味すれば、まあ問題なく好走出来るとは思います~
☆レインボーライン
有馬記念からこのレースに挑んでくるね♪昨年の秋の天皇賞では3着、そして4歳時には菊花賞で2着に入線している馬で、実績的にはこのメンバーではトップクラスかな♪そもそも末脚一辺倒のタイプだからレース傾向とはそぐわない春の天皇賞や有馬記念で凡走しているけど、それ以外の重賞レースでは大崩れがなく、昨年は日経賞以外はすべてG1に使われていたことを考えれば、今回距離は向かないけど地力で勝利してしまってもおかしくないと思います♪
1週前の追い切りは、浅見厩舎だから日曜追いでこれが実質の当週の追い切りとなるんだけど、栗東の坂路で4ハロン51.0秒、ラスト2ハロン12.3-12.8秒を一杯に計時していたよ♪昨年の夏以降から坂路で抜群に時計が出るようになっていて、絶好調ではないにしてもこの時計は力が発揮できるものだと判断しています!見習い騎手が騎乗した1週前追い切りの時点ではち切れんばかりの手応えだったし、休み明けでも力を発揮できるタイプらしくしっかり仕上がりそうです~
ただ、菊花賞で2着の経験があると言っても、この距離はまずもって得意ではなく、パフォーマンスは確実に落ちます…さらに流れる競馬の中で終いもしっかり使えるという特徴を持っている以上、好走出来るかどうかはペース次第になってしまうからね…上がりがかかる展開はこの馬にとってはプラスだから、出入りが激しくなりやすいこのレースで、前が勝手にやりあって、力のない馬が早めにつぶれてからの差し込んでの2,3着なら可能性は在ると思います♪逃げそうな馬が3頭くらいいるから、多分大丈夫とは思うね~

うま吉渾身の穴馬紹介♫

今日はうま吉がオススメする渾身の穴馬を紹介します♫うま吉はもちろん馬券に入れるつもりの馬です♫

カレンミロティック

カレンミロティック

穴馬という穴馬ではないかもしれないけど、長丁場のレースならこの馬は外せないね!春の天皇賞で2年連続で馬券に絡んだ実力の持ち主で、スピードの持続力に優れた馬♪もう10歳だけど、2走前のアルゼンチン共和国杯では2番手から競馬をしてジリジリと伸びて5着を確保とまだまだ衰えは見られません♪その時も推奨していたけど、今回はその時よりもさらにいい動きを調教で見せていたから選ばないとね!

当週の追い切りは栗東の坂路で、4ハロン51.8秒、ラスト2ハロン12.6-12.9秒を一杯に計時してきました♪かなり体重の軽い藤懸騎手が騎乗していたとはいえ、ここ最近も当週は常に藤懸騎手が騎乗して坂路で52秒台を切るタイムなんて出したことがなかったし、なんと2014年のゴールドシップが勝利した宝塚記念の時に2着入線した以来の51秒台をマーク♪これは一発ありそうだよ!

キレ味勝負になったら分が悪いけど、今回は人気薄の馬で前に行きたい馬が多くて、逃げそうなのが3頭くらいいるよね?馬群がギュッと凝縮したような展開にはなりそうもありません♪少頭数でのこういうレースって、有力各馬が自分のリズムを大事にしながら運ぶことが多くなるから、スローペースなのに縦長の展開になりやすいんだよ!早め先頭くらいの気持ちで強気な競馬をすれば、この追い切りなんだもん!カレンミロティックにも十分圏内の可能性はあるとうま吉は思います♪

【金馬券】高配当をGET!

金馬券

金馬券の予想で超高配当が飛び出したね♪

本命馬は2着だったけど、1着に入線した馬がかなり人気の低い馬だったから配当が跳ねています♪

モハメド殿下の馬のワンツーフィニッシュでの決着だったんだけど、先週の金鯱賞といい、平場での同一馬主の2頭出しで2頭とも馬券内に来る確率の高さといい、今回は狙い撃ちって感じの予想だったね~

金馬券

金馬券を見る

うま吉の阪神大賞典の見解♫

■鉄板馬⇒アルバート
■穴馬⇒カレンミロティック
■注⇒ムイトオブリガード

◎⑩アルバート
○⑧クリンチャー:3着
▲④カレンミロティック
△⑥サトノクロニクル:2着
△⑦レインボーライン:1着
×⑨ムイトオブリガード

3連単フォーメーション
1着:⑩
2着:④⑧⑥⑦
3着:④⑧⑥⑦⑨
点数:16点

クリンチャーが断然人気になるだろうから、アルバート1着固定ならこの点数でも妙味はあるかなって思いました♪

クリンチャーは当週の追い切りを栗東の坂路で4ハロン52.7秒、ラスト2ハロン12.6-12.4秒を強めに計時!前走時並みのデキにはあると思うけど、決め手勝負になるとアルバートに劣りそうで今回は対抗評価とします♪

カレンミロティックは栗東の坂路で4年ぶりの51秒台は狙うしか無い(゚∀゚)2着の可能性もあるんじゃない?

レインボーラインは過去最高のデキと言えるくらい動き抜群だったけど、やっぱりちょっと距離がね…長いと思う。本命にしたいくらい素晴らしかったけど…

サトノクロニクルはデムーロ騎手が長い距離のほうが合うと言っていたみたい!兄弟がマイル以下で使われているのがちょっとあれだけど、格好はつけると思う♪

ムイトオブリガードは前走の内容が圧巻で、いきなりの重賞挑戦でもやれる可能性はあるけど、今までと出走馬の格が違いすぎるからね…G1で好走経験のある馬が3頭もいる中に1000万条件の馬が入っちゃうとなかなか厳しい面は在ると思う。来て3着かな♪

目的別に無料予想を探す

買い目が無料
注目馬が無料
地方競馬が無料
当たる・儲かる予想

【お知らせ】
うま吉がツイッターを始めました♪記事にしていない新馬戦の買い目なども公開しています♪
https://twitter.com/jinsei_umakichi

競馬無料予想

目的別に無料予想を探す

  • 買い目が無料
  • 注目馬が無料
  • 地方競馬が無料
  • 当たる・儲かる予想

カテゴリ

  • うま吉の2018年重賞&G1予想
  • うま子の複勝1点予想
  • うまじぃの今週の新馬戦診断
  • 海外競馬専門予想
  • うま吉の夏競馬専門予想
自然の風景
RANKING TOP3

優良競馬予想サイトランキング

1毎日情報

毎日情報

2うま一直線

うま一直線

3競馬通

競馬通

TOP