人生が変わる無料競馬予想。無料でここまで当たる!

2018オークス【穴馬&鉄板馬予想】※5/18買い目更新♪

2018/05/18 - うま吉の今週の【穴馬】予想!!

うま吉

うま吉が不定期でお届けする【穴馬予想】&【鉄板馬予想】だよ♪
うま吉の渾身の予想を披露しちゃうからね!競馬予想サイトの無料情報を元にした予想も紹介できたらいいな♪

今回は2018【オークス】です!

オークスの過去のデータ

まずは、オークスの過去のデータを見てみようかな♫
過去10回分のものを記載しておきます♪

人気と連対率

▶1番人気【3-3-1-3】連対率60%
▶2番人気【1-3-1-5】連対率40%
▶3番人気【2-0-1-7】連対率20%
▶4番人気【1-0-1-8】連対率10%
▶5番人気【2-1-2-5】連対率30%
▶6~9番人気【2-1-4-33】連対率8%
▶10番人気下【0-1-0-87】連対率1%

前走着順

▶1着【6-3-2-39】連対率60%
▶2着【1-3-1-5】連対率40%
▶3着【2-0-1-7】連対率20%
▶4,5着【1-0-1-8】連対率10%
▶6~9着【2-1-4-33】連対率8%
▶10着下【0-1-0-87】連対率1%

脚質

▶逃げ【0-1-0-9】連対率10%
▶先行【0-1-1-34】連対率3%
▶差し【8-5-9-62】連対率16%
▶追込【3-2-0-43】連対率10%

うま吉

1番人気馬は安定♬
二桁人気馬のような極端な人気薄が好走するのは非常に稀で、ここ10年でたったの1頭しか馬券に絡んでいません♪しかも10年前まで遡らないといけないから、あまり穴馬の出番はないレースかなってうま吉は思います!特に最近はあまり荒れることもなく、4年連続で6番人気以内の馬だけで決着しています♪
1番人気に推された馬はここ10年で7頭が馬券に絡む活躍を見せています♪かなり安定した成績を収めているね!それに反して桜花賞馬は最近は好走出来ていないけど、ここ2年は桜花賞馬は1番人気に推されていなかったし、近年唯一桜花賞馬で好走したのは1番人気に推されたハープスター!
この馬以外は全て、桜花賞を勝利しておきながら1番人気ではなかったし、今年の桜花賞馬であるアーモンドアイは1番人気濃厚で、データ的には馬券に絡む可能性は高いと言えます♪
前走掲示板確保が理想♪
過去10年で馬券に絡んだ30頭のうち、前走で掲示板を外していた馬はたったの4頭しか馬券に絡んでいません♪しかもその4頭全てが桜花賞からのローテーションで、それ以外から出走してくる馬は前走で掲示板を確保していることが絶対条件だね!
さらに言うと、馬券に絡んだ30頭全ての前走が4月に開催されたレースとなっています♪500万組の好走経験も皆無で、桜花賞組・フローラS組・忘れな草賞の勝ち馬だけにしか馬券に絡む資格はないみたいだよ♪
ちなみに桜花賞で掲示板を外しながらもオークスで好走する馬というのは、4番人気以内に推されていたケースだけに限られます♪昨年のアドマイヤミヤビもそうだったね!上記を全てクリアした馬は今年の出走馬の中ではアーモンドアイ、オールフォーラヴ、サトノワルキューレ、トーセンブレス、パイオニアバイオ、マウレア、ラッキーライラック、ランドネ、リリーノーブルの9頭しかいません!
基本差し馬から♫
この時期の牝馬に2400mという距離は未知数ということもあって、基本的にスローペースでレースは流れるんだ♫スローからの末脚勝負という競馬になるから、差し馬や追い込み馬の勝利回数が圧倒的!逃げ・先行馬は過去10年で6頭くらいしか馬券になっていないね♪
上がり3ハロン勝負になることも多くて、切れ味鋭い馬が基本的に台頭しています♪昨年はスローからのロングスパート戦になって連対記録は5年で終わってしまったけどディープインパクト産駒には注目かな!昨年はディープ産駒で実力上位の馬がいなかったことも上がり勝負にならなかったひとつの要因だとうま吉は思うから、出走頭数の多い今回はスロ瞬勝負になってもおかしくはないんじゃないかと判断しているよ!
昨年で途絶えたけど、このレースで上がり最速をマークした馬が5年連続で連対していた舞台…強烈な決め手をもつ馬は軸には最適かなと思います♪

好走が期待できる馬を3頭紹介!

出走馬はまだ確定していないけど、今回は現段階でうま吉的に好走が期待できる馬たちを紹介するよ♫

アーモンドアイ・サトノワルキューレ・ラッキーライラック

うま吉の注目馬

なぜこの3頭がオススメなのか理由を紹介していくよ♪

☆アーモンドアイ
今年の桜花賞馬だね!出負けして行き脚もつかず、道中もそこまで速いペースではなかったけど追っ付けながらの追走♪直線は外に持ち出されるとゴーサインを出されてからは次元の違う脚で完璧に立ち回ったラッキーライラックをノーステッキで楽に差し切っちゃったね♪唯一の33秒台の上がりでしかも上がり2位とは1秒の差…バケモノだね!
1週前の追い切りは、美浦のウッドコースで6ハロン82.3秒、ラスト1ハロン12.6秒を馬なりで計時していました♪多少内めを回ったとはいえ、全体時計もラストも超抜!それにも関わらず、手応えにはかなり余裕があってちょっと気合をつけただけでこの時計…前走時はモヤで確認出来なかったけど、この馬本気で追われたら美浦のウッドでも終い11秒前半とか平気で出せると思う…積んでいるエンジンが違いすぎるね。
懸念材料は距離だと思うけど、問題ないと判断しています♪まず、折り合いに苦労する馬ではないということ。それとマイルのペースで追っ付けながらでないと追走出来ないなら距離が長くなってハロン毎のラップが遅くなるほうがこの馬のリズムに近いということ。この2つがうま吉が距離が問題ないと思う理由です♪さらに言うと、前走は手前を変えまくっていながらまだまだ余裕があって、トップスピードに乗ったのがゴール手前くらいだったと思う…末恐ろしいね!
☆サトノワルキューレ
オークス一本に絞ってローテーションを組んでいる馬で、フローラSを制してここに挑んでくるね♪加速が遅い馬なんだけど、スピードの持続力は驚異的で、東京のような直線の長いコースでこそ実力を発揮出来る馬だね!前走もラスト1ハロンの伸びが特に秀逸だったし、ゴール直前で交わしたけどラスト1ハロンも11.7秒を刻んでいるんだよ?ちなみにうま吉も自分で測ってみたんだけど、サトノワルキューレのラスト1ハロンは10.9秒ほどでした(゚∀゚)
1週前の追い切りでは栗東のCWコースで6ハロン85.1秒、ラスト1ハロン11.9秒を道中は終始抑えながら終いだけ軽く伸ばして計時していました♪僚馬のカンタービレと併せられていたんだけど、追走してきた同馬をゴール後は馬なりのまま突き放して基礎能力の違いを見せつけていました…相手は一杯に追われていたけどサトノワルキューレが合わせて”あげた”ような形で、フットワークの力強さも前走以上だね♪状態は相変わらず良さそうです!
前走は得意条件ではなくて終いにかけたみたいだけど、距離が伸びたほうが良いタイプで今回さらにパフォーマンスを上げてくる可能性はあると思っています♪もともと加速が遅いタイプということもあって、早めに動く競馬をしてきた馬…瞬発力では劣る分、早め早めに動いていく競馬をしたいはずで、昨年のような残り4ハロンから早めにペースアップさせるような展開に自分から持ち込めば勝機ありです♪
☆ラッキーライラック
桜花賞では内枠から最高の立ち回りをして、これしかないという競馬をしたんだけど1頭強すぎる馬がいた分差し切られてしまいました♪ただ、この馬はマイルしか使われていないけど、陣営もデビュー後から距離は長いほうが良いタイプと公言していたし、桜花賞で負けてしまったアーモンドアイには多少の距離不安がある以上、この舞台ならリベンジを果たせる可能性は十分あると思います♪アーモンドアイ以外には負けていないからね!
1週前の追い切りは栗東のCWで6ハロン81.1秒、ラスト1ハロン11.8秒を一杯に計時していました♪かなり馬場が重くて不良馬場だったけど、時計は文句無しだし流れるようなフットワークで素晴らしい動きでした♪最後は僚馬に詰め寄られているように見えるけど、僚馬が外にモタれていたからみたい!渋った馬場は力むところがあったけど、今回はまったくそういう面も見られなかったし状態が良い証拠だね♪
今まで連を外していないし、今回出走してくる相手も負かした相手がほとんどで条件がいままでより好転する今回はアーモンドアイ、サトノワルキューレの2頭以外に相手はいないんじゃないかな?二の脚が速く、前めで競馬が出来るのは上記2頭に対しては位置取りのアドバンテージがとれます!この3頭で決着してもおかしくないね♪
ラッキーライラックが先行して、サトノワルキューレが後方から早めに進出して4ハロン戦に持ち込む仕掛けを行って、アーモンドアイが終いにかける競馬をすれば、ほかの馬には出番がないかも…

うま吉渾身の穴馬紹介♫

今日はうま吉がオススメする渾身の穴馬を紹介します♫うま吉はもちろん馬券に入れるつもりの馬です♫

ロサグラウカ

ロサグラウカ

500万を勝ったばかりだけど、無敗でここに挑んでくるね♪まだ2戦しかしていないし、前走後に疲れが出て始動が遅れた分トライアルに使えなかったという臨戦過程ではあるんだけど、それでも狙ってみたいと思える理由がこの馬にはあるから、穴人気をしそうだけどうま吉はこの馬を推奨します♪

ここ2走は福島、中山と小回りのコースを使われて結果を出しています♪どちらも先行抜け出しで力の違いを見せつける内容だったんだけど、小回り向きではないと思うんだよね…というのもこの馬トビが結構大きくてここ2戦は直線だけの競馬しかしていないんだ。操縦性が高いから先行できる強みを活かして勝ってきたけど、東京のような広いコースだとさらにパフォーマンスを上げてくると判断しています♪ここ2戦は能力を出し切っていないとうま吉は思っています!

もうひとつは調教の動きがかなりいいこと!当週は美浦のウッドコースで3頭併せを行われていて、4ハロン53.7秒、ラスト1ハロン12.5秒を終い若干促して計時だね!手応えは抜群だったし、時計もかなり出ていて優秀♪1週前はレッドファルクスをあおるような手応えでヒケをとらない動きを見せていたし、持っているポテンシャルは相当なものだと思うね!

オークスで2戦2勝の馬は普通の馬なら厳しいと思うけど、バラ一族で母はオークス2着…兄姉は東京巧者でこのコースに実績がある馬ばかりだし、底力は抜群でこういう大舞台のほうが力を発揮できるタイプ♪陣営はサンデーレーシングのオーナーサイドと話し合ってこのレースに決めたらしいけど、期待値や能力が高くないとトライアルをパスしてオークス直行とはならないはずだから、底を見せていないこの馬は選んでおいたほうが良いと思います♪

【UMANAVI】10万GET♪

UMANAVI

このレース選択は本当に上手いと思う♪

レイエンダの復帰戦だったけど、少頭数のレースなのに単勝オッズですら2倍以上もついていたし、人気を分け合ったもう1頭が馬券外に飛んだからね!万馬券が飛び出してます♪

当てやすいのに高配当が出やすい典型的なレースで、それを見事に無料予想で提供し的中してきたUMANAVIはあっぱれだよ♪

UMANAVI

UMANAVIを見る

うま吉のオークスの見解♫

■鉄板馬⇒アーモンドアイ
■穴馬⇒ロサグラウカ
■注⇒パイオニアバイオ

◎⑬アーモンドアイ:1着
○⑧サトノワルキューレ
▲①リリーノーブル:2着
△②ラッキーライラック:3着
△③マウレア
△⑪パイオニアバイオ
×⑰ロサグラウカ

3連単フォーメーション(※的中:3,360円
1着:
2着:
3着:①⑧③⑥⑪⑰
点数:12点

かなりレベルの高い牝馬戦線だけど、アーモンドアイは負けようがないと思います♪それほどこの馬の走りは他を圧倒しています!ラッキーライラックは3着までで予想しました~印はつけていないけどオールフォーラヴは選んだよ!

アーモンドアイの当週の追い切りは美浦のウッドコースで6ハロン85.0秒、ラスト1ハロン12.0秒を終い促して計時!軽く伸ばした程度でこの時計はやっぱりバケモノだし、直線で馬群に突っ込んでいっちゃうようなことでもしない限り、1着を外すことはないです。

2番手評価はサトノワルキューレとします♪前走の内容はやっぱり強烈で、キレる脚を使ったこともそうなんだけど、この馬だけ次元の違う競馬をしているんだよね…牡馬相手に勝ってきている以上、牝馬の中に入ればやっぱり力量上位の存在で、脚の使い所次第ではアーモンドアイを逆転出来る唯一の存在かなとは思います!当週の追い切りは軽めに栗東の坂路で4ハロン57.5秒♪馬体重も戻っているし、1週前にしっかりやっているから態勢は整いました!

うま吉の3番手評価はリリーノーブルです♪桜花賞では完璧に立ち回ったラッキーライラック、終始外めを追走して前に壁が作れず、ロスのある競馬をしていたリリーノーブル…それでも半馬身差まで詰め寄ってきたんだよね!ハードトレーニングを続けてきているのに馬体重の変動がなく、タイムは縮め続けていて1戦ごとにパワーアップしていることも考慮して、今回は逆転出来ると見ます♪当週の追い切りは栗東のCWコースで6ハロン79.3秒、ラスト1ハロン11.8秒を一杯に計時♪究極の仕上げです!

ラッキーライラックは終いだけ伸ばす追い切りを続けてきて、2400m仕様に仕上げてきています♪王道路線を歩んできながら負けたのはアーモンドアイだけだし、敵はそのアーモンドアイと戦っていないサトノワルキューレのみ…ただ1戦毎のリリーノーブルの上昇度が素晴らしく、今回は逆転を許すとみている以上4番手評価より上には出来ませんでした♪

今回はこれでいきます~

買い目が無料
注目馬が無料
地方競馬が無料
当たる・儲かる予想
競馬無料予想

目的別に無料予想を探す

  • 買い目が無料
  • 注目馬が無料
  • 地方競馬が無料
  • 当たる・儲かる予想

カテゴリ

  • うま吉の2018年重賞&G1予想
  • うま子の複勝1点予想
  • うまじぃの今週の新馬戦診断
  • 海外競馬専門予想
  • うま吉の夏競馬専門予想
自然の風景
RANKING TOP3

優良競馬予想サイトランキング

1毎日情報

毎日情報

2アプリ

アプリ

3UMAチャンネル

UMAチャンネル

TOP