人生が変わる無料競馬予想。無料でここまで当たる!

2019函館スプリントS【穴馬&鉄板馬予想】※6/15買い目変更♪

2019/06/15 - うま吉の今週の【穴馬】予想!!

うま吉

うま吉が不定期でお届けする【穴馬予想】&【鉄板馬予想】だよ♪
うま吉の渾身の予想を披露しちゃうからね!競馬予想サイトの無料情報を元にした予想も紹介できたらいいな♪

今回は2019【函館スプリントS】です!

函館スプリントSの過去のデータ

まずは、函館スプリントSの過去のデータを見てみようかな♫
過去10回分のものを記載しておきます♪

人気と連対率

▶1番人気【2-2-1-5】連対率40%
▶2番人気【2-1-1-6】連対率30%
▶3番人気【2-1-1-6】連対率30%
▶4番人気【1-1-1-7】連対率20%
▶5番人気【0-1-1-8】連対率10%
▶6~9番人気【2-2-2-34】連対率10%
▶10番人気下【1-2-3-43】連対率6%

年齢

▶3歳馬【3-2-2-14】連対率14%
▶4歳馬【2-3-2-10】連対率29%
▶5歳馬【3-1-3-39】連対率9%
▶6歳馬【1-2-2-25】連対率10%
▶7歳上【1-2-1-27】連対率9%

脚質

▶逃げ【1-1-1-7】連対率20%
▶先行【5-3-2-26】連対率23%
▶差し【3-4-3-41】連対率14%
▶追込【1-2-4-41】連対率6%

うま吉

近年は1番人気馬は不振♬
過去10年全体で見ると1番人気馬は比較的成績を残しているように見えるけど、昨年3着入線するまで、5年連続で馬券外に沈んでいたという近年はかなり荒れるレースとなっています♪昨年こそ3着入線しているけど、信頼度は高くないと言えるだろうね!
二桁人気の馬が連対することも多く、馬連ですら万馬券となることがここ10年で4回もありました♪ヒモ荒れ…というとちょっと違うけど、上位人気は最低でも1頭は毎年好走しているし、上位人気を軸にしつつ、人気薄が連対しても当たるような買い方をするのがこのレースの最適解だと思います♪
洋芝巧者とか積極的に狙いたいところだけど、ここ3年連続でかなりの高速決着となるほど馬場が速かったんだ!今まで1分8秒台を切ることがないレースだったのに、1分6秒台とか7秒台が続いているでしょ?時計勝負に強い馬の方が良いのかもしれないね♪ただ!先週の新馬戦の調教で函館調整されている馬のものもみたんだけど、雨の影響で芝コースがあまりコンディションは良くなさそうにみえたよ!例年ほど速くなければ洋芝巧者の出番もありそうです~
若い馬を中心視♪
3歳や4歳の好走率が非常に高く、出走頭数は高齢馬よりも極端に少ないのに馬券に絡んだ数は3歳や4歳の方が多いという顕著なデータが出ているね!昨年こそ好走しなかったけど、そもそも3歳は出走していなかったし、4歳馬はたったの1頭のみ…そりゃそうだよね(゚∀゚)
その昨年こそダメだったけど、それ以前までは4歳馬は出走さえしてくればどの馬かが必ず連対するという結果を残している世代♪複数登録のある今年は実力のある馬ばかりで、上位人気で好走するな4歳馬なんじゃないかなってうま吉は思ってます♪
差しが届くレース♫
開幕週で、しかも小回りコースの短距離戦ということで前にいった馬が有利に働きそうだけど、意外にも逃げて勝利した馬は過去10年で1頭もいないんだね!洋芝で開催されるということが関係していて、パワーとスタミナが求められるぶん最後の一踏ん張りが効かないのが要因です♪
開幕週で前で競馬がしたい馬が多いから、洋芝としては前半がオーバーペースになります♪だから追い込み馬の活躍がかなり目立っているね!しかも馬券に絡んだ馬は全て4番人気以下という面白いデータもあるよ♪
昨年こそ僅差で4着だったけど、後方から上がり最速で突っ込んできたアドマイヤゴッドは13番人気と超人気薄だったし、決め打ちできそうな人気になりそうもない追い込み馬は狙ってみると良いかもね~

好走が期待できる馬を3頭紹介!

出走馬はまだ確定していないけど、今回は現段階でうま吉的に好走が期待できる馬たちを紹介するよ♫

ダノンスマッシュ・デアレガーロ・ライトオンキュー

うま吉の注目馬

なぜこの3頭がオススメなのか理由を紹介していくよ♪

☆ダノンスマッシュ
高松宮記念で4着入線してここに挑んでくる馬だね♪まあ正直あのレースは馬券内には入れたんじゃないかと思えるレース内容だったよ!結果論なんだけど、元々一瞬の脚はある馬だから、直線で坂を登るまで仕掛けを待つのは最良の選択ではあるけど、速い時計での決着はしたことがなかったんだから、追走のペースが速くてキレが鈍るのは当然のこと!結局追い出してからもジリ脚で、ラスト30mくらいで詰め寄ったけど…少しだけ脚を余しているようにも見えたし、着差的にもう少し仕掛けが早ければという内容の競馬で、馬の強さは感じるレースでした♪ここではもちろん上位!
1週前の追い切りは、川田騎手を背に函館の芝コースで、5ハロン62.3秒、ラスト1ハロン11.3秒を馬なりで計時していました♪この日の馬場は良馬場だったけど、走ると蹄鉄の痕がくっきり見えるほど柔らかいというかソフトな状態で、それでこのラスト1ハロンの時計は馬なりなら優秀と言えます!陣営は良い頃に比べるともうひとつと言っているから、あとは当週の動きを見て判断したいところだね!
前走こそ4着だったけど、うま吉は上述しているように力負けではないと思っているし、それを除けば1200mではまだ連を外していないからね♪唯一2着だった昨年のキーンランドカップは、まだトモが緩くて渋った馬場はどうかと言っていた中でのもの!まだまだ底を見せていないし、流石にここでは馬券内は確実かなって思います!先行できて一瞬の脚を武器にしているタイプ♪直線の短い小回りコースは向くね!
☆デアレガーロ
この馬も高松宮記念組だね!7着だったけど、完全に内伸びの馬場だったあのレースで、常に脚を使わされる等速ラップで外枠から出遅れるという致命的なおまけがついていながら大外ぶん回しをやった上での着順でしょ?高松宮記念では一番強い内容の競馬をしていました♪昨年までは気性面の問題でなかなか力を発揮できない馬だったけど、今年に入って落ち着きが出てきたことでパフォーマンスが上がっています!上位争いが見込めるんじゃないかな?
1週前の追い切りは函館のウッドコースで5ハロン68.5秒、ラスト1ハロン12.9秒を馬なりで計時だね!中間はこれ一本しかないけど、牧場でしっかり乗り込んでの直接の競馬場入りだから、仕上がりは問題なさそうだし、あれだけ負荷のかかりやすい馬場で及第点の時計を楽にマーク出来ているから、状態面は心配しなくて良いんじゃない?
昨年は馬体重が増えないことを心配材料として挙げていたような時期もあったけど、今年の京都牝馬Sではいきなり480kg台まで大幅に増やしてきて、グンと良化していました!しっかり調整をやった上であの体重だったらしいし、同じくキレるタイプのリナーテよりも仕掛けが遅くなりながらも、前が空いてからは一気にトップスピードに乗る加速力と伸びてきたリナーテを抑え込める持続力も備わって、弱点が無くなったようにも感じます♪
※回避が決定しました。
☆ライトオンキュー
本当にこんな人気で良いの?笑。船橋Sを制してここに挑んでくる馬です♪8ヶ月の休養明けで挑んだ今年の初戦の追い切りを見て、とんでもないなって思ったんだけど、今まで追い切りでは動いてはいたけど、成長待ちであまり強めに追われることもなくて時計が出ても53秒台だったんだよ!ただその時は初めて一杯に追われていきなり49.1秒という意味不明な超抜時計を叩き出してきて、明らかな成長が見られました!それからは4戦3勝で一気にオープン入りして、古馬になって初めての重賞がここっていうわけ♪
1週前の追い切りは函館のウッドコースで、5ハロン68.1秒、ラスト1ハロン11.7秒を一杯に計時だね♪もうバケモノだね!函館のウッドでラスト1ハロン11秒台なんてちょっと考えられないかな!函館ってかなりの小回りだし、スピードを出せる馬でも止まれなくて危ないから、”出さない”んだけど、それだけこの馬の加速力と操作性が良いってことでしょ♪一瞬のキレ味なら現役全頭の中でもトップクラスだね♪
追い切りでの時計の出し方と、持ち味的に直線の長いコースは向かないと思っていたから、単純な脚力勝負をしやすい1200mの方がパフォーマンスは上がります♪前走を見てもらったらわかるけど、バテた馬以外、ほとんどの馬が仕掛けてからゴールまで一切隊列が変わってないでしょ?そんな上がりの差がつかない展開の中、目に見えて伸びてきていたこの馬の脚力は…まあ言うまでもないね!
うま吉の注目馬
↑うま吉のJRA-VAN出馬表↑

うま吉渾身の穴馬紹介♫

今日はうま吉がオススメする渾身の穴馬を紹介します♫うま吉はもちろん馬券に入れるつもりの馬です♫

カイザーメランジェ

カイザーメランジェ

あまり速い時計での決着となると厳しいかもしれないけど、2年前ほど速くなければここでも好走が見込めると思います♪一瞬のキレを活かすタイプだから、道中一呼吸置いたほうがいい馬で、序盤に脚を使うような展開はこの馬にとっては最悪なんだよね!なのに引っかかっちゃうから、タチが悪い…笑。外枠を引いて前に壁を置けないレースや、ペースが速すぎて追走の脚を使って伸びを欠くレースが続いていて、ここ最近の凡走はまともに能力を発揮してのものではないよ!ハマれば好走出来るとうま吉は思うね!

滞在競馬が凄く合っているのか、昨年のHTB賞の時の最終追い切りの時もそうだったけど、函館のウッドコースでは抜群の動きを見せます♪5ハロン65.2秒、ラスト1ハロン13.4秒を馬なりで計時していたんだけど、これだけの時計で走っておきながら、ラストは引っ張っていたし、まだ手応えに余裕はあったよ!終いが掛かっているのは抑えた分だね♪コンスタントに使われているけど、状態はかなり良いです!ちなみに、3走前の春雷Sの時から調教での動きの良さがもうひと段階レベルアップしていて、馬も成長しています~

鞍上はこの馬に乗る時はリズム重視で乗ってくれるから、まだ2走しかタッグを組んでいないけど引っかかったことはないし、内枠でも引けば一発あってもおかしくないね!春雷Sの上位6頭は、この馬以外全て重賞レースで掲示板に乗ったことがある実力馬で、それを前が残った展開で差し込んでの3着…能力は十分通用します♪まともに走れればだけど(゚∀゚)

【レープロ】2軸マルチで万馬券♪

レープロ

結構適当に無料予想を配信しているようなサイトも増えてきた中で、レースレベルや馬場状態で馬券の買い方をしっかり変えているレープロは本当信用出来るね!

実力的には1番人気と2番人気の馬の脚力がそのまま上位ではあったけど、言うほど差があったようなわけではなくて、前走で掲示板を確保していた馬が複数いるようなちょっとレベル高めのメンバー構成だったんだ!

いつもは2軸マルチではないのに、今回そういう馬券にしていたのは、ズバリ”ダートで重馬場だったから”。選んでいた相手も、速い走破時計を持つ馬ばかりで、当たるべくして当たったと言える完璧な予想と言えます♪無料の域を超えてるね!

レープロ

レープロを見る

うま吉の函館スプリントSの見解♫

■鉄板馬⇒ダイメイフジ
■穴馬⇒該当馬なし
■注⇒カイザーメランジェ

◎⑦ダイメイフジ
◯⑬タワーオブロンドン:3着
▲②ペイシャフェリシタ
△⑪アスターペガサス:2着
△⑩カイザーメランジェ:1着

3連単1着固定流し
軸:⑦
相手:②⑩⑪⑬
点数:12点

多少仕上がり不足とはいえ、それでも調教では絶好の動きを見せたダノンスマッシュと、実績不足とはいえ脚力は突き抜けているライトオンキューとの2頭軸マルチで勝負します♪

ライトオンキューは当週の追い切りで函館のウッドコースを5ハロン63.6秒というもう時計を叩き出しておきながら、終いも12.3秒という素晴らしい動きを披露していたね!追い切りだけ見ればG1レベルだよ♪

ペイシャフェリシタは最高の枠に入ったから、単穴評価まで引き上げています♪内枠でじっとして、直線は内をつけばスムーズなら連対出来るはずだよ!岩田騎手というのも心強いね♪直線の短いコースでイン突きをしてこそこの馬の持ち味が最大限に活かせるからね!

リナーテは1200mはちょっと短いかな…まあ後方から届きやすいから選んだけど、下手に追走に脚を使うような乗り方をしちゃうと凡走すると思います!小脚を使って良さが出る馬ではないから、内めの枠は理想的~

タワーオブロンドンを消したのは、初の1200mで58kgを背負っての大外枠はかなり厳しいんじゃないかと思ったからです♪結構トビも大きいタイプだし、洋芝は合っていたとしても直線の長いコースでこそだと思うから…

※スローペースからの上がり勝負になると思いましたが、一瞬の決め手をもつ馬の利点がなくなる流れになると判断しました。タワーオブロンドンも7頭立ての大外枠なら全く気にしないで良いと思います。体調が良く、楽に先行出来そうなダイメイフジの勝利に期待です。

目的別に無料予想を探す

買い目が無料
注目馬が無料
地方競馬が無料
当たる・儲かる予想
競馬無料予想

目的別に無料予想を探す

  • 買い目が無料
  • 注目馬が無料
  • 地方競馬が無料
  • 当たる・儲かる予想

カテゴリ

  • うま吉の2018年重賞&G1予想
  • うま子の複勝1点予想
  • うまじぃの今週の新馬戦診断
  • 海外競馬専門予想
  • うま吉の夏競馬専門予想
自然の風景
RANKING TOP3

優良競馬予想サイトランキング

1毎日情報

毎日情報

2アプリ

アプリ

3UMAチャンネル

UMAチャンネル

TOP