人生が変わる無料競馬予想。無料でここまで当たる!

2019金鯱賞【穴馬&鉄板馬予想】※3/8買い目更新♪

2019/03/08 - うま吉の今週の【穴馬】予想!!

うま吉

うま吉が不定期でお届けする【穴馬予想】&【鉄板馬予想】だよ♪
うま吉の渾身の予想を披露しちゃうからね!競馬予想サイトの無料情報を元にした予想も紹介できたらいいな♪

今回は2019【金鯱賞】です!

金鯱賞の過去のデータ

まずは、金鯱賞の過去のデータを見てみようかな♫
昨年までの5回分のものを記載しておきます♪

人気と連対率

▶1番人気【1-1-0-3】連対率40%
▶2番人気【0-0-2-3】連対率0%
▶3番人気【1-0-0-4】連対率20%
▶4番人気【1-1-2-1】連対率40%
▶5番人気【1-0-0-4】連対率20%
▶6~9番人気【1-3-2-14】連対率20%
▶10番人気下【0-0-0-23】連対率0%

年齢

▶4歳馬【3-1-1-7】連対率33%
▶5歳馬【1-1-4-15】連対率10%
▶6歳馬【0-1-1-15】連対率6%
▶7歳上【1-0-0-10】連対率9%

脚質

▶逃げ【0-2-0-3】連対率40%
▶先行【1-2-1-12】連対率18%
▶差し【4-1-4-18】連対率20%
▶追込【0-0-1-17】連対率0%

うま吉

人気薄の台頭が目立つね♪
2年前からこの時期に開催時期が変更されたんだけど、メンバーが揃っているにも関わらず、少頭数だった昨年でさえ人気薄が2着に絡んでいてここ2年連続で荒れています♪人気になりそうな馬がここが最大目標ではないローテーションを組んでくる以上、昨年よりも出走頭数が多い今年は、G1に出走出来ない絶妙なラインで賞金を稼ぐ必要がある実力馬の台頭がありそうだね!
開催時期が変更されてからまだ2回しか行われていないから、傾向とかつかむのは難しいかもしれないけど、ここ2年連続でスローペースになっているんだよね!多頭数ではロンスパ戦、少頭数では上がり勝負になったから、上がりはメンバー次第ではあるけど、早めに仕掛けて勝負に来る馬が人気馬では少ない以上、全体的には極端にタフな流れや高速決着にはならないんじゃないかな?
コース改修後のこのレースの過去の傾向的に、上位人気のみで決着した年は一度もないから、穴馬を絡めた予想を心がけよう♪
基本的に若い馬から♪
6歳以上で勝利経験があるのはデビュー2戦目から騙馬だったミトラのみ…騙馬は衰えが遅くなる傾向があるから、実質1歳若いみたいなもので、それを考えると7歳以上の馬は昨年のような超スローペースで自分のリズムで競馬が出来たサトノノブレスだけが馬券に絡んだだけだよ!今年はそんなペースにはなりそうもないから、高齢馬は厳しいんじゃないかな?
4歳や5歳でこのレースに使ってくる馬は、大阪杯の前哨戦として出走してくる実力馬が多いんだけど、2年前そういった馬が上位人気に推されながら凡走していたからね…前述のとおり、あくまで前哨戦の仕上げをしてくると考えれば、若い馬で狙うならここを目標に仕上げてきている馬のほうが魅力的かもね!
追い込み馬には厳しいレース♪
これは12月開催時も3月開催時も一緒なんだけど、追い込み馬はまずもって届きません!向こう正面3角手前の下り坂から早めにペースアップするから、瞬発力勝負にはなりにくいというのが関係していると思う♪だから、このコースにおいてキレ味タイプが多いディープ産駒の成績は他場とくらべてあまり良くなく、瞬発力タイプは減点して予想したいところだね!
中団からやや前めで競馬をする馬の活躍が目立っていて、先頭集団で直線に向いた馬が必ず馬券に絡んでいるよ♪よほどハイペースで逃げるような馬でもいない限り、先行馬には向く展開となりそうで、人気薄の馬で選ぶなら前めで競馬が出来て、持続力とパワーを兼ね備えたタイプと言えるんじゃないかな?
今回逃げそうな馬がタニノフランケルなんだけど、この馬スローに落として良さが出る馬ではないからある程度早いペースを刻みつつ、ロンスパ戦に持ち込んでくると思うんだよね!こういう展開は後方で競馬をする馬や勝ちに行く競馬をしない馬というのは厳しくなるから、速い上がりを持ち味としている馬は減点したいところです♪

好走が期待できる馬を3頭紹介!

出走馬はまだ確定していないけど、今回は現段階でうま吉的に好走が期待できる馬たちを紹介するよ♫

エアウィンザー・アルアイン・タニノフランケル

うま吉の注目馬

なぜこの3頭がオススメなのか理由を紹介していくよ♪

☆エアウィンザー
チャレンジカップを制してこのレースに挑んできます♪レースラップは平均的だけど、流れ的にはスローからのロングスパート戦になったレースでなおかつ残り800mから200mにかけて速い脚を求められたレース…マルターズアポジーが残り400m~200mにかけてバテながらだったとはいえ11.5というラップを刻んでいたのに、そこで並ぶ間もなく交わし去ったからね♪レベルの違いを見せつけていました!
1週前の追い切りは栗東のCWコースで5ハロン68.5秒、ラスト1ハロン11.5秒を馬場の外めを周って強めに計時♪昔は調教の動きからも他馬を交わそうとしないところや交わしてからも伸び脚が鈍ってしまうような面が見られたんだけど、今回を含めて最近は追えば追うほどしっかりと反応して、気性的にも成長した一面が見られました♪休み明けだけど太さは感じないどころか、逆に素軽いくらいで状態に不安な面はありません!
前走を見て感じたんだけど、マルターズアポジーが刻んだ流れは自身が残れなかったとはいえ完璧な内容で、後続は仕掛けようにも仕掛けられないような絶妙なペースだったんだよね。厳密には残り4ハロン付近からジワッとペースアップはしてるけど、内回りのコーナーであのペースでゴーサインを出してしまうと終いが甘くなりやすく、直線入り口付近まで追い出しは待ちたいんだけど、この馬残り600mから一番最初に仕掛けてそしてラストも3馬身後続を離しているでしょ?
上がりの差が極端につきにくい展開で、あの位置から33秒台の最速上がりを一番最初に仕掛けられて出されちゃ、そりゃG3レベルでは太刀打ち出来ません♪超G1級の内容だったと思います♪
☆アルアイン
昨年のマイルCSで3着入線していた馬だね♪極端な凡走がなく、不利を受けたシンザン記念や距離が長かった菊花賞以外のレース全てで掲示板に載っている堅実性が魅力!キレる脚を使える馬ではなくて、スピードの持続力が持ち味の馬だからスローペースからの瞬発力勝負になればかなり厳しいんだけど、今回はそういう展開になりそうもなく、ここも堅実に走ってくると思います!
1週前の追い切りは栗東の坂路で4ハロン51.8秒、ラスト2ハロン12.3-12.1秒を一杯に計時♪コース追いだと馬場入りを嫌がる面が出てきた影響で昨年のオールカマーから坂路オンリーの調整となっているけど、動きは機敏で反応も良く乗り込み量も豊富だから、前哨戦にしてはかなりいい仕上がりだと思います♪
後述するタニノフランケルが出走する影響で、このレースは前半がたとえスローペースだったとしても、残り1000m付近からの下り坂から早めにペースアップしていく展開になると思っています♪つまり、ハロン11秒台の脚を長く持続できてなおかつ前めで競馬ができる馬が好走のポイントだと思うから、アルアインはまさにピッタリ!うま吉が予想する展開になればまず上位は間違いないです~♪
☆タニノフランケル
小倉大賞典で2着入線してここに挑んできます♪年明けの2戦はともに重賞レースだったけど、僅差の接戦で本当に惜しい競馬が続いています!追って味があるタイプではないしリズムよく運べないと凡走してしまう気難しい面がある馬で、単騎で逃げてなおかつ後続を離して逃げる競馬が一番合っているんじゃないかな?2走前はさすがに展開が向いていなかったし、前走は仕掛けのタイミングが遅くてね…スムーズに運べそうな今回はパフォーマンスを上げてくると思うね!
中2週での出走だから、1週前の追い切りは坂路で軽め調整だったよ♪当週の追い切りには注目だけど、かなりの大型馬で叩き良化型だからデキ落ちはないだろうし、むしろ上がっている可能性は高いと思います!当週の追い切りが判明次第ここに追記しようかな!
フランケル産駒の特徴が良く出ている馬で、長く脚が使えるんだよね!昨年のセントライト記念のときも言ったけど、メリハリのきいたラップよりも、平均的に脚を使うようなラップの変動の少ない展開に持ち込んだときに驚異的なパフォーマンスを見せ続けているんだ!テン乗りでそれをやってくれるかどうかというのはちょっと難しいところではあるけど、ペースを落とさずに自分のリズムでそのまま逃げる競馬をすれば圧勝してもおかしくはないかなと思ってます♪

うま吉渾身の穴馬紹介♫

今日はうま吉がオススメする渾身の穴馬を紹介します♫うま吉はもちろん馬券に入れるつもりの馬です♫

サトノワルキューレ

サトノワルキューレ

ローズSで6着入線してここに挑んでくるね♪上がり最速をマークしてはいたんだけど、ラストは坂のところで脚が鈍っちゃって、長く良い脚が使えるはずなのにそういった面が見られなかったね!どうやらオークスのときに状態が悪かったみたいなんだけど、ローズSでも立て直すことが出来ずに、デキも戻らない中での出走となっていたんだ♪瞬発力タイプでもないから、スローペースからの3ハロン勝負も向いていないし、流れも悪かったね!

案の定、前走後に背腰に疲れが出ちゃってそれをとるために長期休暇をとっての出走♪金鯱賞という舞台は、3角付近から直線にかけての下り坂とスパイラルカーブの影響で、残り1000m付近から11秒台半ばのラップを刻むようなロンスパ戦になりやすく、瞬発力が求められにくいという点でこの馬の持ち味を考えれば抜群に合う舞台だよ!タニノフランケルがいるから早めにペースアップするのは間違いないし、昨年のような流れにはまずならないというのもプラスだね!

当週の追い切りは栗東の坂路で4ハロン52.6秒、ラスト2ハロン12.4-12.3秒を馬なりで計時だね!時計は出るタイプではなかったけど、今回は四位騎手が「本当にいい馬」というコメントを残すくらい背中の具合も良く、楽にこの時計を出しているのは成長を感じます♪課題だった馬体重の増加も見られるようで、メンバー的に人気は出そうにないけど、春の競馬ぶりやポテンシャルを考えれば十分通用していい1頭で、盲点となりそうな馬かなと判断して推奨しました♪

【大川慶次郎】知らなきゃ損♪マストな予想サイト!

大川慶次郎

無料で利用できるサイトの中でも抜群の的中率を誇っているね♪

本当、当たらない週がないくらいなんだけど、複勝とワイドで堅実な推奨ながら利益は出ているという文句なしの予想を無料で提供!

1レースだけの提供ではあるけど、年間的中率は余裕で80%を超えていると思います♪迷ったらココだね!こんなに安定感があるサイトはまずありません~

大川慶次郎

大川慶次郎を見る

うま吉の金鯱賞の見解♫

■鉄板馬⇒アルアイン
■穴馬⇒サトノワルキューレ
■注⇒タニノフランケル

◎⑩アルアイン
◯⑧エアウィンザー:3着
▲⑫モズカッチャン
△⑤タニノフランケル
△⑪リスグラシュー:2着
△⑥ペルシアンナイト
×③サトノワルキューレ

3連単2頭軸マルチ
軸:⑧⑩
相手:③⑤⑥⑪⑫
点数:30点

アルアインとエアウィンザーの2頭軸マルチ馬券で勝負します♪ダノンプレミアムは消しました~

タニノフランケルが早めにペースアップをするロンスパの流れと予想しているから、前めで立ち回ってなおかつロンスパ戦に強い馬を軸にしたかったからね!本命と対抗はそういう展開はもってこいだから軸には最適だと思ったよ!

有力各馬の状態に関しては、アルアインもエアウィンザーも休み明けにしては動いているし、叩き良化型のペルシアンナイトとモズカッチャンは今回は休み明けを感じさせない素軽さが垣間見えてこれなら!という動きを披露♪

モズカッチャンは今回1週前に久しぶりにCWで追い切りをやって当週は坂路という調整だったけど、コース追いのおかげでスイッチがいい感じに入っていて、当週の坂路が今までにないくらい行きっぷりが良かったんだ!元々昨秋は良いローテーションで使えたのが有馬記念だけだったし、それでいて馬券内には入線していたんだから、相当能力は高いしね!

ダノンプレミアムを消した理由は…調整内容かな!直近の3回の追い切りは全てCWなんだけど、結果を出していたときはCW→坂路→CWだったんだよね…間の坂路はかなり軽めだったのに、今回の間のCWは4ハロン52.3秒、ラスト1ハロン11.7秒も出しているんだよ…馬なりではあったけど負荷はかかっているし、直前にそれくらい速いところを3回もやらないといけないくらいの仕上がりだと考えればちょっと流石に~って感じかな!

それに加えて上述しているように、ロンスパ戦になると予想していて、ダノンプレミアムはダービーでしかその経験はないんだけど、そのダービーは手応えがなかったらしいから…距離が長かった説はもちろんあるけど、ロンスパ戦の経験すら少ないとなるとちょっと馬券内も厳しいのかなという判断をしました♪

目的別に無料予想を探す

買い目が無料
注目馬が無料
地方競馬が無料
当たる・儲かる予想
競馬無料予想

目的別に無料予想を探す

  • 買い目が無料
  • 注目馬が無料
  • 地方競馬が無料
  • 当たる・儲かる予想

カテゴリ

  • うま吉の2018年重賞&G1予想
  • うま子の複勝1点予想
  • うまじぃの今週の新馬戦診断
  • 海外競馬専門予想
  • うま吉の夏競馬専門予想
自然の風景
RANKING TOP3

優良競馬予想サイトランキング

1毎日情報

毎日情報

2アプリ

アプリ

3UMAチャンネル

UMAチャンネル

TOP