人生が変わる無料競馬予想。無料でここまで当たる!

競馬予想うま吉の鉄板穴馬マンガ倶楽部

うま泉教授の【エリザベス女王杯】2021 本命馬はレイパパレです!

2021/11/13 - データと血統で当てる!うま泉教授の【本命・対抗馬予想】

うま泉

こんにちわ、うま泉です。重賞競走をいろいろな角度から紐解く、うま泉教授の知っておきたい競馬のツボ!過去のデータを中心に、予想する上で必ず押さえておきたいポイントを、分かりやすく解説。また競馬予想サイトの無料情報を元にした予想も、紹介していきたいと考えています。

2021 重賞競走のレース回顧

今週は土日で4つの重賞が行われました。

土曜日から順に振り返っていきましょう。

土曜日は2歳の重賞が2鞍、阪神では牝馬の重賞ファンタジーステークスが行われました。

1番人気に支持されたのは小倉2歳ステークスを勝ったナムラクレアが単勝オッズ2.5倍、これに続くのが単勝オッズ3.8倍のウォーターナビレラ、ママコチャが単勝オッズ4.4倍、スリーパーダが単勝オッズ9.5倍とこの4頭が人気を集めていました。

レースは新馬戦を逃げて勝った9番人気のナムラデイリリーがハナを切り、レースのペースを握りました。

2番人気のウォーターナビレラは2番手を追走、これをマークするようにナムラクレア、ママコチャと人気馬は中団よりも前で折り合いを付け、仕掛けどころを探っていました。

直線の入り口で1番人気にナムラクレア仕掛け、これに合わせるようにウォーターナビレラも追い出し、直線はこの2頭の一騎打ちとなりました。

2番手を追走してた2番人気の5番ウォーターナビレラが、ナムラクレアの追撃を4分の3馬身退け1着でゴール板を通過、2着には差してきた1番人気の2番ナムラクレア、3着には外から伸びてきた3番人気のママコチャが入り、上位人気の馬は馬券圏内を独占しました。

うま泉が軸馬にしていたのはウォーターナビレラ、ツイッターでお伝えしたように距離に不安もなく、追い比べでしっかり伸びて1着となってくれました。

ツイッターではブログ以外の予想を公開していますので、重賞競走の予想が気になる人は、ツイッターの登録をお願いします。


東京競馬場では京王杯2歳ステークスが行われました。

抜けた存在がいないメンバー構成で、1番人気に支持されたのはルメール騎手が騎乗するコラリン、10倍以下の人気に5頭と人気も割れていました。

レースは1番枠を生かして飛び出した14番人気のスズカコテキタイがハナを奪って逃げました。

人気の各馬は中団から後方で折り合いを付けている感じでした。

直線に入ると2番手を追走していた8番人気のキングエルメスが抜け出し先頭、先行してた4番人気のトウシンンマカオがこれを追いかけ、人気の各馬は外に持ち出して追い込んできます。

残り200mになって8番人気の3番キングエルメスの脚色をは衰えず、そのまま後続馬に1馬身4分1の差を付けて1着でゴール板を通過しました。

2着には先行していた4番人気の8番トウシンマカオ、3着も5番手で競馬をしていた3番人気の11番ラブリイユアアイズが入り、三連単は11万越えの高配当決着となりました。

うま泉が軸馬にしていた6番人気のレッツリブオン、直線まで良い感じで走っていたのですが、追い出されたら口向きの悪さを出し、思ったような伸びが見られず5着まででした。


ここでお知らせです!

私、うま泉教授がツイッターを公開しています。

次週のデイリー杯2歳ステークス[G2]、武蔵野ステークス[G3]、福島記念[G3]予想はツイッターで公開します。

週末の競馬予想に役立つ調教情報、気になる新馬や未勝利戦の情報もツイートしています。

知っていると土日競馬が楽しくなるような情報を公開していますので、遊びにきてフォローして貰えると嬉しいです。

ブログとツイッターを併用して頂ければ、土日の競馬が今以上に面白くなると思いますので、うま泉教授のツイッター、よろしくお願いします。


レース回顧に戻りましょう。

日曜日も東西で2つの重賞競走が行われました。

阪神ではダートの重賞競走みやこステークスが行われました。

単勝オッズ2.8倍の1番人気に支持されたのは、芝でも活躍していた7歳馬のクリンチャーでした。

レースは内枠から10番人気のアナザートゥルースが逃げる展開となりました。

1000m通過が1分2秒1とゆったりとしたペースで逃げ、レースは一団で直線に向かいました。

逃げるアナザートゥルースを目掛けて各馬が追い出しますが、なかなか伸びてこずこのまま逃げ切ってしまうのかと思われました。

残り200mで中を割って伸びてきたのが5番人気の3番メイショウハリオ、外からは6番人気のロードブレスも猛追してきます。

最後は2頭の追い比べとなり、ハナ差を制したのは5番人気の3番メイショウハリオでした。

2着には6番人気の6番ロードブレス、3着には逃げた10番人気の5番アナザートゥルースが入り、三連単は36万超えの高額万馬券決着となりました。

うま泉が軸馬にしたメイショウムラクモは5着、中団で上手く折り合いっていましたが、直線で脚色が一緒になってしまいました。

古馬との初対決、これからもっと良くなってので、忘れないように注目したいと思っています。


東京競馬場ではアルゼンチン共和国杯が行われました。

連覇を狙うオーソリティが単勝オッズ3.0倍の1番人気に支持されました。

レースは外から果敢にハナを奪ったボスジラがペースを握ります。

前半1000mを1分3秒4ぐらいで通過、逃げたボスジラに競り掛ける馬もなく、非常にゆったりとした流れで直線に向かいました。

直線で抜け出してきたのは3番手から競馬をしていた1番人気の10番オーソリティ、内からフライングバード、外からマイネルウィルトス、レクセランスやディアマンミノルも追い込んできます。

残り200mで差が詰まるかと思いきや、さらに突き放した1番人気の10番オーソリティが2着以下に2馬身半以上の差をつけ、そのまま1着でゴール板を通過し、みごと連覇を果たしました。

2着には外から追い込んだ4番人気のマイネルウィルトス、3着は内から伸びてきた3番人気のフライライクバードが入り、三連単は万馬券での決着となりました。

うま泉が軸馬にしたのは4番人気のマイネルウィルトス、直線で外から良い脚で伸びていたので、差し切ると思っていましたが、オーソリティを捉えられず2着でした。

このブログでもお伝えしたように、オーソリティを逆転候補に推奨し、三連単1万930円の的中をお届けすることができました。

次週から年末までG1競走が続きますので、この勢いで一気に年末の有馬記念まで行きたいと思っていますので、よろしくお願いします。

2021 エリザベス女王杯の出走表!

今週は阪神競馬場で秋の牝馬頂上決戦、エリザベス女王杯[G1]が行われます。

まずは出走表から、見ていきましょう。

第46回 エリザベス女王杯 出馬表
馬名 性齢 負担重量 厩舎
アカイイト 牝4歳 56 中竹和也
アカイトリノムスメ 牝3歳 54 国枝栄
イズジョーノキセキ 牝4歳 56 石坂公一
ウインキートス 牝4歳 56 宗像義忠
ウインマリリン 牝4歳 56 手塚貴久
エアジーン 牝5歳 56 堀宜行
クラヴェル 牝4歳 56 安田翔伍
コトブキテティス 牝4歳 56 田島俊明
シャムロックヒル 牝4歳 56 佐々木晶三
ステラリア 牝3歳 54 斉藤崇史
ソフトフルート 牝4歳 56 斉藤崇史
テルツェット 牝4歳 56 和田正一郎
デゼル 牝4歳 56 友道康夫
ムジカ 牝4歳 56 鈴木孝志
ランブリングアレー 牝5歳 56 友道康夫
リュヌルージュ 牝6歳 56 四位洋文
レイパパレ 牝4歳 56 高野友和
ロザムール 牝5歳 56 上原博之

今年は阪神競馬場で行われるエリザベス女王杯、直線が長くゴール前に急坂のあるタフなコースなので注意が必要です。

エリザベス女王杯はリピーターが馬券に絡むことが多く、ラキシス(2013年,2014年)、ミッキークイーン(2016年、2017年)、モズカッチャン(2017年、2018年)、クロコスミア(2017年、2018年、2019年)、ラッキーライラック(2019年、2020年)、ラヴズオンリーユー(2019年、2020年)など、過去10年で6頭が2年以上馬券に絡んでいます。

リピーターという観点から狙うなら、3歳、4歳といった若い世代の馬が狙い目かもしれません。

エリザベス女王杯の有力馬、レイパパレ!

☆レイパパレ(高野友和厩舎)
レイパパレ
デビューから負けなしの6連勝で古馬のG1競走、大阪杯を制した逸材で、春はグランプリの宝塚記念[G1]でも3着と馬券に絡みました。
秋緒戦となったオールカマー[G2]は、いつも通りの競馬で直線先頭に立ちましたが、ゴール前で失速してしまい4着に敗れました。
3走前の大阪杯ではグランアレグリアやコントレイルを倒しており、牝馬同士のG1競走なら一枚上の存在と言っても過言ではないと思います。
レイパパレは相手関係よりも、本来の走りができるかどうか注目です。
小点数で万馬券GET!
    令和ケイバ
令和ケイバ
自己資金が少なくても大幅な利益を確保できる環境を仕組化♪登録料・年会費はすべて完全無料!今なら厳選5点情報無料進呈中!!このチャンスをお見逃しなく!!!
>>ここから無料登録<<

【ポイント①】データから紐解く、エリザベス女王杯!

今週は阪神競馬場で秋の女王決定戦、エリザベス女王杯が行われます。

今年も昨年と同じように阪神競馬場で行われますので注意が必要です。

それでは過去のデータから、エリザベス女王杯の傾向を探っていきましょう。

1番に気が勝てない?!

人気と成績
人気 成績 勝率 連対率 複勝率
1番人気 2-3-2-3 10.0% 40.0% 60.0%
2番人気 1-1-1-7 10.0% 20.0% 30.0%
3番人気 4-0-2-1 40.0% 40.0% 60.0%
4番人気 0-0-2-8 0.0% 0.0% 20.0%
5番人気 1-1-2-6 10.0% 20.0% 40.0%
6番~9番人気 2-4-1-33 5.0% 15.0% 17.5%
10番人気以下 0-1-0-73 0.0% 1.4% 1.4%

今回記載しているデータは、京都競馬場で行われた過去10年間のエリザベス女王杯(2020年は阪神競馬場)のデータを元に作成しています。

上記のデータは過去10年間に出走した馬の人気と成績をまとめたものです。

1番人気は過去10年で2勝、2着3回、3着2回で複勝率70%と馬券に絡むのですが、勝率は20%と思ったほど勝てない傾向が出ています。

昨年勝ったラッキーライラックは1番人気でしたが、その前は10年前となる2011年スノーフェアリーでした。

1番人気が勝ちきれないエリザベス女王杯、馬券を狙うときは覚えておいたほうが良いと思います。

また10番人気以下の馬は過去10年で2016年のシングウィズジョイ(12番人気)の1頭だけしか絡んでいません。

中穴ぐらいまでは積極的に狙っていきたいですが、無理な大穴は結果が出てないので注意したいところです。

若い世代に注目!

年齢と成績
年齢 成績 勝率 連対率 複勝率
3歳 2-4-2-32 5.0% 15.0% 20.0%
4歳 6-3-7-45 9.8% 14.8% 26.2%
5歳 2-2-1-49 3.7% 7.4% 9.3%
6歳 0-1-0-13 0.0% 7.1% 7.1%
7歳以上 0-0-0-5 0.0% 0.0% 0.0%

上記のデータは過去10年間に出走した馬の年齢と成績をまとめたものです。

秋華賞に出走していた馬が出てくることも多く、若い世代の活躍が目立つエリザベス女王杯です。

特に4歳馬の活躍が凄まじく、過去10年で4歳馬は半数以上の6勝をしているので、今年も注目です。

また牝馬は引退後、繁殖に入る馬が多いので、高齢まで走らすことが少なくなります。

6歳馬、7歳馬に結果が出ないのは、そういった部分もあるので、6歳以上の馬は少し割り引く必要があるかもしれません。

切れる差し馬に注目!

脚質と成績
脚質 成績 勝率 連対率 複勝率
逃げ 0-2-0-8 0.0% 20.0% 20.0%
先行 2-6-4-36 4.2% 16.7% 25.0%
差し 8-0-2-37 17.0% 17.0% 21.3%
追い込み 0-2-4-63 0.0% 2.9% 8.7%

脚質は4コーナーの位置で決めており、逃げ(1番手)、先行(2番手~5番手)、差し(6番手~10番手)、追い込み(11番手以下)と定め、4コーナーの位置取りから最終的にどのような結果になったのかをまとめたものです。

昨年は阪神競馬場で行われましたが、2011年~2019年の9年間は京都競馬場でおこなわれいました。

京都競馬場は3コーナーが山の頂上になっており、4コーナーから直線に向かって下っていき、ゴール前に坂もなく平坦でほぼフラットな直線なので、先行優位に思われがちです。

しかしデータを見ると勝ち馬のほとんどが差し馬です。

うま泉が思うにこれは、騎手の心理が働いているもので、先行優位な京都コースでは早仕掛けする馬が多かったので、差し馬が台頭しているのだと思います。

ただ昨年の勝ったラッキーライラックは向こう正面では中団後方、4コーナーで一気に3番手まで押し上げ差し切っています。

2着のサラキアは直線で10番手以下、3着のラヴズオンリーユーも中団よりも後方から差してきたことを考えると、阪神競馬場になっても差し馬が台頭する傾向は続いていくと思うので、注意していきたいと思います。

古馬一掃を狙うアカイトリノムスメ!

☆アカイトリノムスメ(国枝栄厩舎)
アカイトリノムスメ
新馬戦は7着と敗れましたが、レースを使う毎に良くなっていくアカイトリノムスメ、初のG1競走となった桜花賞も4着と力のあるとこを見せました。
デビュー当初はマイル戦がベストかと思われましたが、距離を延ばしたオークスで2着と好走、牝馬クラシック最後の1戦となった秋華賞では、オークスのリベンジを果たしG1制覇を果たしました。
非常に競馬センスの高い馬なので、どこからでも伸びてくる末脚は安定感があり、混戦になったときはさらに力を発揮します。
力を押し切るタイプではないので、外枠よりも経済コースが走れる内枠が欲しいところです。

【ポイント②】血が騒ぐ!エリザベス女王杯

安定感抜群ディープインパクト産駒!

種牡馬と成績
種牡馬 成績 勝率 連対率 複勝率
ディープインパクト 2-3-6-27 5.3% 13.2% 28.9%
オルフェーヴル 2-0-0-1 66.7% 66.7% 66.7%
ハーツクライ 1-2-0-9 8.3% 25.0% 25.0%
ステイゴールド 0-3-0-7 0.0% 30.0% 30.0%

上記のデータは過去10年間のエリザベス女王杯に出走した馬の種牡馬と成績をまとめたものです。

ディープインパクト産駒は、過去10年間で11頭の馬が馬券に絡んでいます。

昨年勝ったラッキーライラックはオルフェーヴル産駒ですが、2着のサラキア、3着のラヴズオンリーユーはディープインパクト産駒です。

今年も6頭のディープインパクト産駒がエントリーしていますので要注意です。

距離持てばテルツェット!

☆テルツェット(和田正一郎厩舎)
テルツェット
デビューから8戦して【6,0,1,1】と着外になったのは、2走前のヴィクトリアマイルの1度だけです。
1600mのダービー卿チャレンジトロフィーで初重賞制覇を果たし、距離を200m伸ばした前走のクイーンカップでも、メンバー最速の末脚で差し切り重賞2勝目を挙げました。
今回は距離が400m延びますが、牝馬限定戦なので馬券に絡んでくるチャンスがあると思います。
2200mでもディープインパクトから受け継いだ末脚を生かせれば、面白い存在になると思います。
ユーザー参加型の新型競馬サイト!!
    投稿!うまライブ!
投稿!うまライブ!
今熱い情報がどれなのか一目瞭然の的中ボイスを搭載♪今登録すれば「全額保障」に加え、5000円のポイントも貰えるよ☆さらに土日の無料情報も付いて、登録料・年会費・大会日は全て無料です♪このチャンスをお見逃しなく!!!
>>ここから無料登録<<

うま泉教授のエリザベス女王杯、注目馬!

本日はうま泉がお勧めする注目馬を紹介します。人気馬から穴馬まで、展開を左右する馬や高配当の立役者となる馬など、レースのカギを握る馬を紹介していこうと思います。

今年も昨年と同じく阪神競馬場でエリザベス女王杯が行われます。

データ欄でお伝えしたように、エリザベス女王杯の勝ち馬には差し馬が多く、昨年も馬券に絡んだ3頭は中団よりも後方で脚を溜めていた馬でした。

阪神競馬場の芝コースは、直線が長くゴール前に急坂があるタフなコースです。

ジョッキーも京都のように早仕掛けせず、直線まで脚を溜める馬が多いと思います。

裏を返せば4コーナーまで仕掛けてくる馬が少ないので、先行争いが激化しなければ先行した馬が残る流れになるということになります。

2200mの距離に対応できる先行馬であれば、残るチャンスがあるので注意が必要です。

今度こそG1制覇ウインマリリン!

☆ウインマリリン(手塚貴久厩舎)
ウインマリリン
新馬戦は中山の芝2000mとデビューの頃から中距離を意識していたウインマリリン、デビューから3戦目となるフローラステークス[G2]で初重賞制覇を果たし、続くオークス[G1]では三冠馬デアリングタクトに半馬身及ばず2着に惜敗しました。
古馬になると春は日経賞[G2]を勝利して続く天皇賞[G1]では5着、秋は前走のオールカマー[G2]を制し、本番となるエリザベス女王杯[G1]に挑みます。
スタートが上手な馬なので、先行して粘り込む競馬を得意としており、瞬発力よりはスタミナ勝負に持ち込んだ方が、馬券に絡む可能性が高くなると思います。
阪神競馬場はタフなコースなのでウインマリリンには合っていると思います。
楽に2、3番手に付けられるようなら、押し切る力を持っているの要注意の1頭です。

【ホースクエスト】無料情報のアルゼンチン共和国杯で三連単万馬券的中!!

ホースクエストは投資家が唸るほどの圧倒的な回収率を武器にして、的中を量産している競馬サイトだね♪

今週登録すると日曜日に行われるエリザベス女王杯[G1]の勝負買い目がプレゼントされるみたいだよ!!さらにサイト内で使える200ゴールド(2万円分)がプレゼントされるダブルチャンス!!登録は無料だから、試してみるなら今がチャンスだよ♪

ホースクエスト

11月7日の日曜日に配信された無料情報、東京11Rのアルゼンチン共和国杯!三連単で万馬券を仕留めていたから紹介するね♪

的中画像

レースは8番人気のボスジラが外枠から果敢に先行して逃げる展開、前半1000mの通過が1分3秒台とスローペースで流れたので、勝負は東京の長い直線での追い比べになったね!
勝ったのは絶好の3番手から直線力強く抜け出した1番人気の10番オーソリティ、トップハンデの57.5キロを背負っての勝利だけに、貫録勝ちといった感じだったね♪
2着には4番人気の12番マイネルウィルトス、3着には内を突いて伸びてきた3番人気の5番フライライクバードが入り、三連単1万930円の万馬券的中だね(^o^)

ホースクエストの凄い所は、トップハンデを背負っているオーソリティを軸馬にしているところだよね!一般の競馬ファンだと斤量が重いから不安になるけど、このレースで激走するっていう情報をしっかり掴んでいるから軸馬にできるんだよね☆
1点600円推奨で三連単1万930円の的中だから、払い戻しは6万5,580円になるね!無料情報で当たるサイトは信用できるよね♪登録しておけば今回のような万馬券情報が無料でゲットできるよd(^_^)

ホースクエスト

今なら日曜日に行われるエリザベス女王杯[G1]の勝負買い目がプレゼントされるみたいだよ!!さらにサイト内で使える200ゴールド(2万円分)がプレゼントされるダブルチャンス!!登録は無料だから、この機会に無料情報から試してみるのもアリだよねd(^_^)

ホースクエスト

ホースクエストを見る

うま泉教授のエリザベス女王杯の見解

■本命馬⇒レイパパレ
■穴馬⇒デゼル
■対抗馬⇒ウインマリリン

◎①レイパパレ
○⑨ウインマリリン
▲③アカイトリノムスメ
△⑮ウインキートス
△⑤ステラリア
△⑧テルツェット
△⑥ランブリングアレー
☆⑫デゼル

3連単フォーメーション
1着馬:①
2着馬:⑨③⑮⑫
3着馬:⑨③⑮⑫⑤⑧⑥
点数:24点

3連単フォーメーション
1着馬:⑨③
2着馬:①
3着馬:⑨③⑮⑫⑤⑧⑥
点数:12点

合計点数:36点

最内枠を引いたレイパパレを本命馬にします。

宝塚記念では伸びきれずに3着、前走のオールカマーでは直線で先頭に立つ者の、ゴール前で止まってしまい4着に敗れました。

2200mは1ハロン長い気もしますが、今回は最内枠から最短コースを走れるので、少し長い距離でも、最後まで押し切れると考えています。

3走前の大阪杯では、三冠馬のコントレイルやグランアレグリアを抑えてG1制覇、能力的にも一番高いと思っています。

強いレイパパレの復活に期待して本命馬にしました。

逆転候補の対抗馬はオールカマーを勝ったウインマリリンです。

瞬発力勝負よりもスタミナ勝負に持ち込んだ方が良いタイプで、急坂のあるタフな阪神コースは合うと思います。

もう1頭はアカイトリノムスメ、競馬センスの高い馬なので内枠を引いたのは好材料、上手く立ち回れば逆転まであると思い対抗馬にしました。

穴馬はデゼルを抜擢しました。

3走前に阪神牝馬ステークスを勝っているように、切れ味ならこのメンバーでも引けは取りません。

距離が持てば一撃あると思っています。

目的別に無料予想を探す

買い目が無料
注目馬が無料
地方競馬が無料
当たる・儲かる予想
競馬無料予想

目的別に無料予想を探す

  • 買い目が無料
  • 注目馬が無料
  • 地方競馬が無料
  • 当たる・儲かる予想

カテゴリ

  • うま吉の2018年重賞&G1予想
  • うま子の複勝1点予想
  • うまじぃの今週の新馬戦診断
  • 海外競馬専門予想
  • うま吉の夏競馬専門予想
自然の風景
RANKING TOP3

優良競馬予想サイトランキング

1毎日情報

毎日情報

2アプリ

アプリ

3UMAチャンネル

UMAチャンネル
RANKING TOP3

優良競馬予想サイトランキング

1うまとみらいと

うまとみらいと

2あしたの万馬券

あしたの万馬券

3競馬大陸

競馬大陸

TOP