人生が変わる無料競馬予想。無料でここまで当たる!

競馬予想うま吉の鉄板穴馬マンガ倶楽部

うま泉教授の【フェブラリーステークス】2021 本命馬サンライズノヴァ!

2021/02/20 - データと血統で当てる!うま泉教授の【本命・対抗馬予想】

うま泉

こんにちわ、うま泉です。重賞競走をいろいろな角度から紐解く、うま泉教授の知っておきたい競馬のツボ!過去のデータを中心に、予想する上で必ず押さえておきたいポイントを、分かりやすく解説。また競馬予想サイトの無料情報を元にした予想も、紹介していきたいと考えています。

2021 先週の重賞レース回顧

先週は土曜日にクイーンカップ[G3]、日曜日に京都記念[G2]と共同通信杯[G3]が行われた。

G2競走の京都記念は好材料の揃っているラヴズオンリユーを本命馬に推奨し、三連単5,190円の的中をお届けしたので、詳しい内容はうま泉教授の【京都記念】2021をご覧いただきたい。

それでは土曜日のクイーンカップから振り返ってみよう。

レースは8番人気のエイシンヒテンが1000mを58.4秒で逃げる展開、ペース的には平均ペースよりも気持ち速いぐらいで、折り合いが付いていれば位置取りの差はほとんど無いだろう。

勝ったのは中団待機から、外を回して抜け出してきた2番人気のアカイトリノムスメ。

直線で先に抜け出すと、外から追い込んできた5番人気のアールドヴィーヴルの追撃をクビ差おさえ、1着でゴール板を通過した。

1番人気に支持されたククリはスタートの出遅れが痛かった。直線で伸びてはいたが、3着まで追い込むのが精一杯だった。

次は日曜日の共同通信杯にいこう。

1番人気に支持されたのは、朝日杯フューチュリティステークス[G1]で2着のステラヴェローチェ。皐月賞へ向けてどんなレースをするのか注目が集まったレースといえるだろう。

レースはハートオブアシティがジワジワと先頭に立ち逃げる展開。1000m通過が1分1秒9というスローペース、流れが落ち着きレースは直線の瞬発力勝負になった。

ペースが落ち着いたので先行優位の展開、直線が長い東京コースではあるが、追い込み馬にとっては苦しい流れになってしまった。

勝ったのは4番手で競馬をしていた4番人気のエフフォーリア。

上り33.4秒の末脚で抜け出し、後続に2馬身半以上の差を付けてゴール。

先行した馬にこれだけの脚を使われては、後続馬は成す術がない。

2着には中団から差した7番人気のヴィクティファルス、3着も中団待機のシャフリヤールが入り、後方から追い込んだキングスボーイは、メンバー最速の上りをマークするも4着までだった。

土日のレースを見て気付いたのは、東京競馬場の馬場が思ったよりも傷んでいるということ。

特に4コーナーから直線に掛けて内側の芝が剥げ、馬が走ると砂ぼこりが上がっていた。

コースロスを回避するからといって、芝の禿げた内側を走るのは得策とはいえないだろう。

クイーンカップを勝ったアカイトリノムスメも、共同通信杯を快勝したエフフォーリアも、直線は馬場の3分所を走っており、内を突く馬よりも外を回る馬の方が、直線で伸びるということを覚えておこう。

この傾向は今後も続いて行くと思うので、来週以降の予想に役立てて欲しい。

2021 フェブラリーステークス 出走予定馬!

それでは【フェブラリーステークス】の話に入ろう。

まずは出走予定の馬をみていこう。

第38回 フェブラリーステークス 出馬表
馬名 性齢 負担重量 厩舎
アルクトス 牡6歳 57 栗田徹
インティ 牡7歳 57 野中賢二
エアアルマス 牡6歳 57 池添学
エアスピネル 牡8歳 57 笹田和秀
オーヴェルニュ 牡5歳 57 西村真幸
カフェファラオ 牡4歳 57 堀宣行
サクセスエナジー 牡7歳 57 北出成人
サザンヴィグラス 牡6歳 57 根本康広
サンライズノヴァ 牡7歳 57 音無秀孝
スマートダンディー 牡7歳 57 石橋守
ソリストサンダー 牡6歳 57 高柳大輔
タイサイ 牡5歳 57 田所秀孝
タガノビューティー 牡4歳 57 西園正都
デュードヴァン 牡4歳 57 加藤征弘
ハイランドピーク 牡7歳 57 土田稔
ヘリオス セ5歳 57 寺島良
ミューチャリー 牡5歳 57 矢野義幸
ヤマニンアンプリメ 牝7歳 55 長谷川浩大
レッドルゼル 牡5歳 57 安田隆行
ロードグラディオ 牡5歳 57 西浦勝一
ワークアンドラブ 牡6歳 57 荒山勝徳
ワイドファラオ 牡5歳 57 角居勝彦
ワンダーリーデル 牡8歳 57 安田翔伍

昨年は1番人気のモズアスコットが快勝し、芝ダートのG1制覇という快挙を達成した。

2着には16番人気(最低人気)のケイティブレイブが入り、三連単は46万超えの特大万馬券決着となっている。

出走馬予定の馬をみると、ダートのG1競走を勝っているのは、2019年にこのレースを勝っているインティ。

交流重賞のJpn1を勝っているのは、昨年のかしわ記念[Jpn1]を勝ったワイドファラオ。2019年の南部杯[Jpn1]を勝っているサンライズノヴァと、2020年の南部杯を勝っているアルクトスの計4頭。

確固たる実績馬がいないだけに、今年はG1競走で勝ち切れなかった伏兵が台頭するのか、それとも若い世代の馬が新しい時代を築いていくのか、注目のG1競走になりそうだ。

フェブラリーステークスの有力馬!レッドルゼル

☆レッドルゼル(安田隆行厩舎)
レッドルゼル
フェブラリーステークスのトライアル競走、根岸ステークスを勝ったレッドルゼル。
根岸ステークスからフェブラリーステークスというローテンションは、昨年勝ったモズアスコットと同じで、2016年のモーニンや2018年のノンコノユメも同じローテーションで勝っている。
気になるのはレッドルゼルにとってダート1600mは初距離だということ。G1競走のマイル戦を問題無くこなせるようなら、今後の活躍馬が大きく広がってくるだろう。

それでは今週もデータや血統、展開など、いろいろな方向からフェブラリーステークスを紐解いていくので、火曜日や木曜日の更新を楽しみにして欲しい。

小点数で万馬券GET!
    令和ケイバ
令和ケイバ
自己資金が少なくても大幅な利益を確保できる環境を仕組化♪登録料・年会費はすべて完全無料!今なら厳選5点情報無料進呈中!!このチャンスをお見逃しなく!!!
>>ここから無料登録<<

【ポイント①】データから紐解く、フェブラリーステークス!

中央のダートG1競走は、暮れのチャンピオンズカップと2月のフェブラリーステークスの2レースで、共に冬場に行われる。

春はドバイや中東などへの海外遠征、夏場は交流重賞というローテンションが組めるようにする配慮かもしれない。

地方のように砂の深くパワー重視のダートよりも、スピードが問われる中央の軽い馬場を得意とする馬にとっては、フェブラリーステークスが集大成のレースとなる。

世代はあくまでも目安!

年齢と成績
年齢 成績 勝率 連対率 複勝率
4歳 3-1-1-22 11.1% 14.8% 18.5%
5歳 4-3-4-23 11.8% 20.6% 32.4%
6歳 3-2-3-30 7.9% 13.2% 21.1%
7歳以上 0-4-2-53 0.0% 6.8% 10.2%

上記の表は過去10年間の年齢と成績をまとめたものである。

一番の好成績を残しているのは5歳馬はで、2011年のトランセンド(1人気)、2013年のグレープブランデー(3番人気)、2015年のコパノリッキー(1番人気)、2019年のインティ(1番人気)と過去10年で4頭の勝ち馬を輩出している。

勝ち馬4頭を見ても、その内の3頭は1番人気での勝利しており、1人気の5歳馬は要注意といっていいだろう。

また過去10年で7歳以上に勝ち馬が出ていない。7歳以上の馬は割り引くという考え方もあるが、昨年2着に粘り込んだ16番人気のケイティブレイブは7歳馬。

7歳以上はダメと思うのではなく、狙う馬券に応じて臨機応変に考えるのがいいだろう。

馬単や三連単で勝負するなら、4歳から6歳馬に注目し、ワイドや三連複で勝負するなら、7歳馬以上の馬を狙ってみるのがいいだろう。

1番人気が強いフェブラリーステークス!

人気と成績
人気 成績 勝率 連対率 複勝率
1番人気 4-2-2-2 40.0% 60.0% 80.0%
2番人気 2-2-1-5 20.0% 40.0% 50.0%
3番人気 1-1-2-6 10.0% 20.0% 40.0%
4番人気 1-1-1-7 10.0% 20.0% 30.0%
5番人気 0-2-0-8 0.0% 20.0% 20.0%
6番~9番人気 1-1-4-34 2.5% 5.0% 15.0%
10番人気以下 1-1-0-66 1.5% 2.9% 2.9%

上記の表は過去10年間の人気と成績をまとめたものである。

ダートの頂上決戦だけあって、上位人気の馬が力を発揮するレースといって良いかもしれない。

過去10年で1番人気が4勝、2着2回、3着2回で複勝率は80%。1番人気が馬券に絡まなかったのは2012年と2013年の2回で、2014年以降の7年間は馬券圏内(3着以内)に好走している。

年齢のデータの時に話したが、1番人気が4勝している内の3勝は5歳馬なので、5歳馬が1番人気になった時は、逆らわない方がいいだろう。

ちなみに10番人気以下の馬が2頭馬券に絡んでいると思うが、これは2014年のコパノリッキーと昨年2着のケイティブレイブで、共にシンガリ人気(16番人気)の馬。

10番人気以下の馬を狙うなら、データを信じてシンガリ人気を狙ってみるのも面白いかもしれない。

単勝2倍台の馬に注目!

単勝オッズと成績
単勝オッズ 成績 勝率 連対率 複勝率
1.0倍~1.9倍 0-0-0-1 0.0% 0.0% 0.0%
2.0倍~2.9倍 3-2-1-0 50.0% 83.3% 100%
3.0倍~3.9倍 1-2-0-3 16.7% 50.0% 50.0%
4.0倍~4.9倍 0-0-1-0 0.0% 0.0% 100%
5.0倍~9.9倍 3-2-5-21 9.7% 16.1% 32.3%
10.0倍以上 3-4-3-103 2.7% 6.2% 8.8%

上記の表は過去10年間の単勝オッズと成績をまとめたものである。

ここで注目して欲しいの、単勝オッズが2.0倍~2.9倍の馬は複勝率が100%。

年齢と人気のデータと一緒に見て欲しいのだが、1番人気の5歳馬は好走しやすいと話したと思うが、1番人気の5歳馬の単勝オッズが2.0倍~2.9倍なら、さらに好走率が上がるということがいえるだろう。

1番人気、5歳馬、単勝オッズ2.0倍~2.9倍という3つのファクターに当てはまる馬を軸にするもよし、逆にこのファクターに当てはまる馬がいないなら、思い切った穴狙いをしてみるのも良いかもしれない。

3連勝の勢いがあるオーヴェルニュ!

☆オーヴェルニュ(西村真幸厩舎)
オーヴェルニュ
デビューから2戦は芝のレースを使ったが、3戦目以降はダート路線で力を付けてきたオーヴェルニュ。
昨年の春に名古屋城ステークスを勝ってオープン入り、オープンクラスのレースに慣れるのに3戦かかったが、昨年秋の福島民友カップ→ベテルギウスステークス→東海ステークス[G2]と3連勝し、重賞初賞を成し遂げた。
過去の勝ち馬を見ても、連勝の勢いでフェブラリーステークスを制した馬が多く。2019年のインティは7連勝でフェブラリーステークス制覇、昨年のモズアスコットも根岸ステークス→フェブラリーステークスと連勝している。
オーヴェルニュが連勝の勢いで、G1初制覇という可能性があるので注目したい。

【ポイント②】血が騒ぐ!フェブラリーステークス

東京ダートのマイル戦ならゴールドアリュール産駒!

種牡馬と成績
種牡馬 成績 勝率 連対率 複勝率
ゴールドアリュール 3-4-1-12 15.0% 35.0% 40.0%
トワイニング 1-1-0-3 20.0% 40.0% 40.0%
キングカメハメハ 0-1-2-8 0.0% 9.1% 27.3%

過去10年のフェブラリーステークスに出走した馬の種牡馬と成績をまとめたものである。

2014年、2015と連覇を達成したコパノリッキー、2017年に勝ち、2018年、2019年と2着したゴールドドリームなど、ダートのG1ホースを数多く輩出しているゴールドアリュール産駒。

今年もゴールアリュール産駒は注意する必要があるだろう。

念願のG1制覇へサンライズノヴァ!

☆サンライズノヴァ(音無秀孝厩舎)
サンライズノヴァ
ゴールアリュールの血を受け継ぐサンライズノヴァ。
昨年の秋は武蔵野ステークス[G3]で58キロを背負っての勝利、今年で7歳となるが衰えは感じられない。
追い込み一辺倒の馬なので、東京の長い直線が向いており、昨年は3着に突っ込んできている。
展開に左右されるのは否めないが、最後に必ず伸びてくる末脚、昨年のリベンジがあってもおかしくない。

穴を狙うならヘニーヒューズ産駒!

種牡馬と成績
種牡馬 成績 勝率 連対率 複勝率
ゴールドアリュール 73-48-35-473 11.6% 19.2% 24.8%
キングカメハメハ 44-53-56-378 8.3% 18.3% 28.8%
ヘニーヒューズ 23-19-18-113 13.3% 24.3% 34.7%

上記のデータは過去10年のフェブラリーステークスを含む、東京ダート1600mに出走していた馬の種牡馬と成績をまとめたものである。

勝ち星は断トツでゴールドアリュール産駒が抜けているのだが、注目したいのはヘニーヒューズ産駒。

ヘニーヒューズはアメリカダートの短距離路線で活躍し、2013年の10月に日本に輸入され種付けが開始された。

日本で種牡馬になって10年も満たないが、データを見ても分かるように、東京ダート1600mのパーセンテージは、王者ゴールドアリュールの成績を凌いでいる。

G1馬が出てないのであまり知られていないが、ダート戦の馬券を買う時は覚えておいた方が良い種牡馬だろう。

底を見せていないタガノビューティー!

☆タガノビューティー(西園正都厩舎)
タガノビューティー
ダートでの躍進が著しいヘニーヒューズ産駒のタガノビューティー。
デビューから3戦目に朝日杯フューチュリティステークス[G1]に出走し、サリオスの4着に突っ込んできた逸材で、その後は得意のダート路線を勝ち進み、1月の銀蹄ステークスを勝ってオープン入りを果たした。
デビューから13戦して【4-4-2-3】、ダートで着外になったのは2回だけで、残りの10回は馬券圏内に好走している。
まだまだ底をみせていないので、意外性を狙うならタガノビューティーが狙いだろう。
競馬の神様が教える不動の一頭!
    大川式的中必勝塾
大川式的中必勝塾
大川式の神髄が体験できる大川式的中必勝塾♪今なら限定100名にたった1点だけで勝つ喜びが味わえる特典が付いてくるよ!夢の帯封馬券だって完全無料で獲れるみたいだよ☆登録は無料、限定100名だから試してみたいは今すぐ登録だね!!
>>ここから無料登録<<

うま泉教授のフェブラリーステークス注目馬

本日はうま泉がお勧めする注目馬を紹介しようと思います。人気馬から穴馬まで、展開を左右する馬や高配当の立役者となる馬など、レースのカギを握る馬を紹介していこう。

長い間、中央競馬のダートを牽引してきたゴールドドリームが引退し、世代交代がおきそうなダート路線。

今年のフェブラリーステークスはカフェファラオ、オーヴェルニュ、レッドルゼルといっ若い世代が制し、世代交代がおきるのかが大きなポイントとなりそうだ。

現4歳世代の最強カフェファラオ!

☆カフェファラオ(堀宣行厩舎)
カフェファラオ
デビューから3連勝で、ダートの登竜門といわれるユニコーンステークス[G3]を制したカフェファラオ。
その内容も2着以下に5馬身以上つける圧勝だったことからも、今後のダート界を背負っていくのではないかと期待されていた。
古馬になってシリウスステークス[G3]を勝ち、初挑戦となった古馬のG1競走チャンピオンズカップ[G1]で6着となった。
チャンピオンズカップで古馬の壁にぶつかった感じに見えるが、距離が長かったことを考えれば6着は上々の内容だったといって良いだろう。
舞台はユニコーンステークスと同じ東京のダート1600m、あの強いカフェファラオが見られるかもしれないので注目したい。

【RED(レッド)】無料情報で万馬券的中!!

REDは豊富な情報に対して、厳しいチェックをクリアした厳選情報を配信することで、結果を積み上げてきた競馬サイトだね☆

今登録すると毎週、厳選された買い目情報に、現金10000円相当のポイント付与など、豪華5大特典がプレゼントされるビックチャンス!

登録は無料だから、試してみたい人は豪華5大特典がプレゼントされる今がチャンスだよ♪このチャンスを逃さないでねo(^-^)o

RED

2月13日の土曜日に配信された無料情報、阪神7Rの4歳上1勝クラスで万馬券的中していたから紹介するね!!

RED

勝ったのは4ヶ月振りの休み明けで、プラス14キロと増えていた2番人気の6番セロシアが、道中2番手から直線力強く抜け出して1着でゴール!上りもメンバー最速の38.2秒、2着以下の馬に6馬身以上の差を付けて快勝♪2着には後方から追い込んできた5番人気の4番サダムラピュタ、3着には勝ったセロシアをマークしていた6番人気の10番ナムラゴロフキンが入り、三連単6→4→10で1万1,510円の万馬券的中だねo(^-^)o

馬体重が14キロ増えていると馬券的に買い辛いものがあるけど、RED(レッド)は三連単の1着固定で配信しているってことは、休み明けのプラス14キロも織り込み済みで走るっていう情報を掴んでいたみたいだね!

1点500円推奨で三連単1万1,510円的中だから払い戻しは5万7,550円だね♪登録だけでもしておいた方がお宝情報がゲットできるよね(^_^)/登録は無料だから安心だね☆

RED

今なら毎週、厳選された買い目情報に、現金10000円相当のポイント付与など、豪華5大特典がプレゼントされるよ!
登録は無料だから、無料情報だけでも試してみる価値はあると思うよ(^-^)/

RED

RED(レッド)を見る

うま泉教授のフェブラリーステークスの見解

■本命馬⇒サンライズノヴァ
■穴馬⇒ソリストサンダー
■対抗馬⇒レッドルゼル

◎⑨サンライズノヴァ
○⑯レッドルゼル
▲⑥アルクトス
△③カフェファラオ
△⑭オーヴェルニュ
△⑦ワンダーリーデル
△⑫ヤマニンアンプリメ
☆⑬ソリストサンダー

3連単フォーメーション
1着馬:⑨
2着馬:⑯⑥⑬③
3着馬:⑯⑥⑬③⑭⑦⑫
点数:24点

3連単フォーメーション
1着馬:⑯⑥
2着馬:⑨
3着馬:⑯⑥⑬③⑭⑦⑫
点数:12点

合計点数:36点

今年はどの馬が勝ってもおかしくないような混戦模様。

今年で4度目のチャレンジ、昨年3着のリベンジを狙うサンライズノヴァを本命馬に推す。

好枠を引いたので主導権を取りたいインティ、ハナを譲りたくないワイドファラオ、この2頭の先行争いのようにみえる。

しかし、逃げた方が力を発揮するサクセスエナジー、東海ステークスのように直線で早めに先頭に立ちたいオーヴェルニュ、好枠を引いたカフェファラオなど、今年は先行争いが思っているよりも厳しくなりそうな予感がする。

こうなると中団に構えるレッドルゼルがどこで仕掛けるのか、このタイミングが展開を大きく左右するといってもいいだろう。

1600mが初めてなので直線まで仕掛けを我慢する可能性もあるが、直線で前を射程圏に入れようとすれば、自ずと仕掛けは速くなるだろう。

根岸ステークスほどではないと思うが、追い込み馬が届く流れになってくるので、東京のダート1600mがベストな追い込み馬、サンライズノヴァに狙いが立つ。

今年で7歳を迎えるが、昨年は59キロを背負ってプロキオンステークスを制覇、秋には58キロを背負って武蔵野ステークスを制するなど、4歳、5歳の時よりもパワーアップしている。

東京コースは【7-3-1-5】、ダート1600は【5-1-1-4】、サンライズノヴァにとって最高の舞台でのG1競走、4度目の正直に期待する。

逆転候補の対抗馬はレッドルゼル。初距離となる1600mへの対応ができれば、先に抜け出して押し切られる可能性が高くなる。

もう1頭はアルクトス。前走の根岸ステークスは59キロを背負っての4着、追い込みの競馬を6番手から残したのは価値がある。57キロなら巻き返しても不思議はない。

穴馬に挙げるのがソリストサンダー。前走の門司ステークスはハイペースの流れを、4コーナーで先頭に立つ強気の競馬で快勝。どんな位置からでも伸びる末脚は魅力がある 。

目的別に無料予想を探す

買い目が無料
注目馬が無料
地方競馬が無料
当たる・儲かる予想
競馬無料予想

目的別に無料予想を探す

  • 買い目が無料
  • 注目馬が無料
  • 地方競馬が無料
  • 当たる・儲かる予想

カテゴリ

  • うま吉の2018年重賞&G1予想
  • うま子の複勝1点予想
  • うまじぃの今週の新馬戦診断
  • 海外競馬専門予想
  • うま吉の夏競馬専門予想
自然の風景
RANKING TOP3

優良競馬予想サイトランキング

1毎日情報

毎日情報

2アプリ

アプリ

3UMAチャンネル

UMAチャンネル
RANKING TOP3

優良競馬予想サイトランキング

1うまとみらいと

うまとみらいと

2あしたの万馬券

あしたの万馬券

3競馬大陸

競馬大陸

TOP