人生が変わる無料競馬予想。無料でここまで当たる!

競馬予想うま吉の鉄板穴馬マンガ倶楽部

うま泉教授の【マイルチャンピオンシップ】2021 三連単5,460円的中!

2021/11/21 - データと血統で当てる!うま泉教授の【本命・対抗馬予想】

うま泉

こんにちわ、うま泉です。重賞競走をいろいろな角度から紐解く、うま泉教授の知っておきたい競馬のツボ!過去のデータを中心に、予想する上で必ず押さえておきたいポイントを、分かりやすく解説。また競馬予想サイトの無料情報を元にした予想も、紹介していきたいと考えています。

2021 重賞競走のレース回顧

今週は土日で4つの重賞が行われました。

まずはG1競走のエリザベス女王杯から振り返っていきましょう。

1番人気に支持されたのは単勝オッズ2.9倍の1番のレイパパレ、2番人気は3番のアカイトリノムスメが3.4倍、3番人気は9番のウインマリリンが5.4倍、この3頭にテルツェット、ウインキートスが続き、単勝オッズ10倍以下の馬は5頭でした。

レースは大方の予想通り13番人気のシャムロックヒルが逃げ、これを14番のロザムールが追いかける展開、1番人気のレイパパレは4番手の内、これをマークする2番人気のアカイトリノムスメ、3番人気のウインマリリンも3番手、人気上位3頭が先行する形でレースが進みました。

1000mの通過が59.0秒、平均よりは少し速い流れでレースは流れていきました。

3コーナーに入ると内のレイパパレが内から徐々に進出、これに合わせてウインマリリン、アカイトリノムスメも動き出しました。

直線の入り口では人気3頭の叩き合いになるような感じでしたが、外から伸びてきたのは10番人気のアカイイトでした。

残り200mで10番人気の16番アカイイトがレイパパレを捉えて先頭、大外を回って追い込んでくるステラリアや内から伸びてくるクラヴェルの追撃を押さえ、そのまま1着でゴール板を通過しました。

2着には外から伸びた7番人気の5番ステラリア、3着は内から伸びてきた9番人気の2番クラヴェルが入り、三連単は330万越え特大の万馬券での決着となりました。

人気馬3頭は1頭も馬券に絡まず、特大万馬券決着となったエリザベス女王杯、ペース自体はそこまで速い訳ではなかったのですが、3コーナーから人気馬が牽制し合って仕掛けたので、3コーナーからベースが上がってしまった為に、直線は追い込みの競馬になってしまいました。

うま泉が軸馬にしていたレイパパレは6着、近3走は2200mのレースに出走して1回も馬券に絡めていないので、やっぱり距離が長いのかもしれないですね。


日曜日は福島競馬場で福島記念が行われました。

1番人気に支持されたのは4連勝中のアラタ、単勝オッズ4.1倍でした。

2番人気のココロノトウダイは5.3倍、6.7倍のステイフーリッシュが3番人気、これにヴァンケドミンゴ、パンサラッサ、ヒュミドールと続きます。

レースは5番人気のパンサラッサが軽快に逃げました。

1000m通過が57.3秒という速いペースで飛ばし、レースは縦長、後続を突き放しての逃げとなりました。

平坦な福島コースでの逃げだったので、直線で後続馬が差してきましたが、前半のアドバンテージを生かし、5番人気の8番パンサラッサが逃げ切りました。

2着には中団から伸びてきた6番人気の12番ヒュミドール、3着には後方から追い込んだ1番人気の10番アラタが入り、三連単は5万超えの万馬券決着となりました。

うま泉が軸馬に推奨した2番人気のココロノトウダイは16着、好枠の1枠2番だったのですが良い所なく終わってしまいました。


ここでお知らせです!

私、うま泉教授がツイッターを公開しています。

次週のデイリー杯2歳ステークス[G2]、福島記念[G3]予想はツイッターで公開します。

週末の競馬予想に役立つ調教情報、気になる新馬や未勝利戦の情報もツイートしています。

知っていると土日競馬が楽しくなるような情報を公開していますので、遊びにきてフォローして貰えると嬉しいです。

ブログとツイッターを併用して頂ければ、土日の競馬が今以上に面白くなると思いますので、うま泉教授のツイッター、よろしくお願いします。


続いて土曜日の重賞競走に参りましょう。

土曜日は阪神競馬場で2歳の重賞競走、デイリー杯2歳ステークスが行われました。

出走馬が7頭の少頭数ノース、1番人気は連勝で新潟2歳ステークスを制したセイリフォスでした。

レースは3番人気にプルパレイが先手を奪って逃げました。

前半の半マイルが48.7秒、ゆったりとしたペースで流れ、レースは直線での叩き合いとなりました。

直線で伸びてきたのは1番人気の6番セリフォス、直線で外に持ち出し一気の脚で差し切りました。

2着には2番人気の1番ソネットフレーズ、3着にはシンガリ人気の5番カワキタブレブリーが入り、三連単は2万2,330円の万馬券決着となりました。

うま泉が軸馬にしたセリフォスが期待に応えて1着、3連勝で重賞は2連勝、暮れのG1競走でどんな走りをするか注目です。


東京競馬場ではダートの重賞競走、武蔵野ステークスが行われました。

1番人気に支持されたのは、オープン特別を連勝中のタガノビューティー、単勝オッズ4.9倍の1番人気でした。

2番人気は単勝オッズ6.4倍のエアスプネル、3番人気は6.6倍のソリストサンダー、以下ブルベアイリーデ、ワンダーリーデル、オメガレインボーと続きました。

レースは好枠を生かして先手を奪った16番人気のリアンヴェリテが逃げました。

競り掛ける馬もなく、淡々としたペースで逃げ勝負は直線での追い比べとなりました。

良い脚で伸びてきたのは、中団で折り合いを付けていた3番人気のソリストサンダー、残り200mで先頭に立ち、そのまま押し切りました。

2着には先行していた2番人気のエアスピネル、3着には追い込んできた6番人気のオメガレインボーが入り、三連単は2万7,580円の万馬券決着となりました。

うま泉が軸馬にした1番人気のタガノビューティーは6着、直線で包まれてしまったのが痛かったです。

外に持ち出すのに時間が掛かってしまい、最後に伸びてきましたが、時すでに遅しという感じでした。

2021 マイルチャンピオンシップの出走表!

今週はマイル戦の頂上決戦、マイルチャンピオンシップ[G1]が行われます。

今年は京都競馬場ではなく阪神競馬場で行われるので注意が必要です。

まずは出走表から、見ていきましょう。

第38回 マイルチャンピオンシップ 出馬表
馬名 性齢 負担重量 厩舎
インディチャンプ 牡6歳 57 音無秀孝
カテドラル 牡5歳 57 池添学
クリノガウディー 牡5歳 57 藤沢則雄
クリノプレミアム 牝4歳 55 伊藤伸一
グランアレグリア 牝5歳 55 藤沢和雄
グレナディアガーズ 牡3歳 56 中内田充正
ケイデンスコール 牡5歳 57 安田隆行
サウンドカナロア 牡5歳 57 村山明
サウンドキアラ 牝6歳 55 安達昭夫
サトノウィザード 牡5歳 57 宮田敬介
サリオス 牡4歳 57 堀宜行
シュネルマイスター 牡3歳 56 手塚貴久
ダーリントンホール 牡4歳 57 木村哲也
ダノンザキッド 牡3歳 56 安田隆行
ホウオウアマゾン 牡3歳 56 矢作芳人
リプレーザ 牡3歳 56 大根田裕之
レインボーブラック 牡8歳 57 小崎憲
ロータスランド 牝4歳 55 辻野泰之

昨年は単勝オッズ1.6倍という圧倒的な人気に応えグランアレグリアが勝利し、春秋マイルG1制覇を果たしました。

今年は連覇を狙っての参戦、どんな走りをみせるのか注目です。

その他にも一昨年の覇者インディチャンプ、3歳馬からはNHKマイルカップを制したシュネルマイスターが参戦、秋のマイル王決定戦に相応しいメンバーが揃いました。

復権を狙うインディチャンプ、連覇を狙うグランアレグリア、古馬一掃を企むシュネルマイスター、各世代のチャンピオンが揃った楽しみな1戦になりそうです。

マイルチャンピオンシップの有力馬、グランアレグリア!

☆グランアレグリア(藤沢和雄厩舎)
グランアレグリア
昨年は春秋のマイルG1制覇、今年は春にヴィクトリアマイルを制するなど、マイル戦においては敵なしといえます。
既にG1競走は5勝、特にマイル戦での瞬発力、切れ味は現役最強といっても良いと思います。
今年は距離を延ばし2000mのG1競走にトライしていますが、この馬の力が最大限に引き出させるのはマイル戦です。
前走の天皇賞(秋)の内容をみても、衰えどころか成長を感じますので、レースが楽しみです。
三連単を狙って獲るプロ馬券!
    阿九亜屋
阿九亜屋
競馬を攻略するのに必要な目(レース選定)と耳(情報収集)に自信アリ♪プロの馬券で勝負できる競馬情報サイトだよ☆三連単での勝負なので、配当も稼げる金額もハンパじゃないね!登録は無料だから、一発逆転を狙っている人にはお勧めだね!!
>>ここから無料登録<<

【ポイント①】データから紐解く、マイルチャンピオンシップ!

今週は阪神競馬場で秋のマイル王決定戦、マイルチャンピオンシップが行われます。

今年も昨年と同じように阪神競馬場で行われますので注意が必要です。

それでは過去のデータから、マイルチャンピオンシップの傾向を探っていきましょう。

1番人気が勝てない?!

人気と成績
人気 成績 勝率 連対率 複勝率
1番人気 1-2-2-5 10.0% 30.0% 50.0%
2番人気 1-3-0-6 10.0% 40.0% 40.0%
3番人気 2-4-0-4 20.0% 60.0% 60.0%
4番人気 3-0-2-5 30.0% 30.0% 50.0%
5番人気 2-0-2-6 20.0% 20.0% 40.0%
6番~9番人気 1-0-3-35 2.5% 2.5% 10.0%
10番人気以下 0-1-0-86 0.0% 1.1% 1.1%

今回記載しているデータは、京都競馬場で行われた過去10年間のマイルチャンピオンシップ(2020年は阪神競馬場)のデータを元に作成しています。

上記のデータは過去10年間に出走した馬の人気と成績をまとめたものです。

データをみると上位人気の馬(5番人以内の馬)の好走が目立ちます。

1番人気に注目してみると、複勝率は50%と高い数値を残していますが、勝率が10%と低く思ったほど勝てていないというのが分かると思います。

過去10年間で1番人気で勝利したのは、昨年のグランアレグリアの1頭だけです。

全体的に見ても上位人気馬同士で決まる傾向が強く、10番人気に以下の馬は過去10年で1頭(2011年のフィフスペトル、11番人気)だけです。

2012年以降(過去9年間)は1頭も馬券に絡んでいないので、無理な大穴狙いは避けた方がいいかもしれません。

3歳馬の見極めが大事!

年齢と成績
年齢 成績 勝率 連対率 複勝率
3歳 2-0-1-32 5.7% 5.7% 8.6%
4歳 5-5-4-23 13.5% 27.0% 37.8%
5歳 2-4-4-51 3.3% 9.8% 16.4%
6歳 1-1-1-24 3.7% 7.4% 11.1%
7歳以上 0-0-0-17 0.0% 0.0% 0.0%

上記のデータは過去10年間に出走した馬の年齢と成績をまとめたものです。

マイルチャンピオンシップは3歳馬の出走も多く、各馬の力の比較が難しいレースになっています。

過去10年間では2017年のペルシアンナイト(4番人気)、2018年のステルヴィオ(5番人気)の2頭が勝利しています。

勝率は悪くないと思いますが、複勝率は8.6%と6歳馬よりも劣ってしまいます。

今年は5頭の3歳馬が出走を予定しているので、その中で今年のレベルに通用する馬を見極める必要があると思います。

阪神でも差し馬に注目!

脚質と成績
脚質 成績 勝率 連対率 複勝率
逃げ 1-0-0-9 10.0% 10.0% 10.0%
先行 4-5-4-33 8.6% 19.6% 28.2%
差し 3-5-3-39 6.0% 16.0% 22.0%
追い込み 2-0-3-66 2.8% 2.8% 7.0%

脚質は4コーナーの位置で決めており、逃げ(1番手)、先行(2番手~5番手)、差し(6番手~10番手)、追い込み(11番手以下)と定め、4コーナーの位置取りから最終的にどのような結果になったのかをまとめたものです。

昨年は阪神競馬場で行われましたが、2011年~2019年の9年間は京都競馬場で行われているデータです。

過去10年間で逃げ馬が勝利したのは、2016年のミッキーアイル(3番人気)の1頭だけで、その他の年は馬券圏内にも残れていません。

逃げ馬は目標にされやすいので、勝ち切るのが難しい脚質ではあります。

昨年逃げたレシステンシアが8着に敗れていることからも、阪神競馬場もこの傾向が強く出ると思っています。

逃げる馬を射程圏内にいれて競馬ができる先行馬、または人気馬をマークしながらレースができる差し馬が馬券的な狙い目となると思います。

3歳馬の大将格シュネルマイスター!

☆シュネルマイスター(手塚貴久厩舎)
シュネルマイスター
春はNHKマイルカップ[G1]を制し3歳馬のマイル王となったシュネルマイスター、次走の安田記念[G1]でも3着と好走し、秋は古馬G1の頂点を目指します。
前走の毎日王冠[G2]ではスタートで鞍上が体勢を崩し、ダッシュが利かず後方から競馬を余儀なくされましたが、直線では目が覚めるような末脚で豪快に差し切りました。
春に安田記念で敗れたダノンキングリーを差しての勝利は、前哨戦として価値が高かったと思います。
安田記念で3着しているように、古馬のG1競走でも勝ち負けできる力があることは証明済みだと思います。
グランアレグリアを凌ぐ末脚が使えるのか、注目したいと思います。

【ポイント②】血が騒ぐ!マイルチャンピオンシップ

注目はディープインパクト産駒!

種牡馬と成績
種牡馬 成績 勝率 連対率 複勝率
ディープインパクト 4-3-4-40 7.8% 13.7% 21.6%
ステイゴールド 1-1-0-5 14.3% 28.6% 28.6%
ロードカナロア 1-0-0-1 50.0% 50.0% 50.0%
ハーツクライ 0-0-0-6 0.0% 0.0% 0.0%

上記のデータは過去10年間のマイルチャンピオンシップに出走した馬の種牡馬と成績をまとめたものです。

産駒が多く出走頭数が多いので、パーセンテージ的には他の種牡馬に劣りますが、過去10年で馬券圏内に11頭の馬が好走しており、この数値は群を抜いていると思います。

昨年勝ったグランアレグリアもディープインパクト産駒、毎年の必ずといって良いほど1頭は馬券に絡んでくるので、今年も注目の種牡馬といえるでしょう。

調子が戻ってきたサウンドキアラ!

☆サウンドキアラ(安達昭夫厩舎)
サウンドキアラ
デビューから16戦目、5歳の1月に出走した京都金杯[G3]で初重賞制覇を果たしました。
その後、京都牝馬ステークス[G3]、阪神牝馬ステークス[G2]と重賞3連勝、晩成型という訳ではありませんが、覚醒したのは5歳になってからでした。
次走のヴィクトリアマイルではアーモンドアイの2着と好走、G1競走でも好勝負できる能力があることを証明してみせました。
ディープインパクトから受け続いた瞬発力を武器に、中団から差す競馬を得意としています。
前走のスワンステークス[G2]は内で脚を溜め、直線で窮屈になりながらも、残り200mから追い出すと、一気に伸びて2着まで押し上げました。
今回も内枠を引けるようなら、穴馬として面白い存在になると思います。
小点数で万馬券GET!
    令和ケイバ
令和ケイバ
自己資金が少なくても大幅な利益を確保できる環境を仕組化♪登録料・年会費はすべて完全無料!今なら厳選5点情報無料進呈中!!このチャンスをお見逃しなく!!!
>>ここから無料登録<<

うま泉教授のマイルチャンピオンシップ、注目馬!

本日はうま泉がお勧めする注目馬を紹介します。人気馬から穴馬まで、展開を左右する馬や高配当の立役者となる馬など、レースのカギを握る馬を紹介していこうと思います。

スピードを取るか、それともスタミナを取るか、マイル戦の軸馬には悩まされます。

今年は例年以上の豪華メンバーが揃ったマイルチャンピオンシップ、馬券も一筋縄ではいかないことは間違いなさそうです。

そこでうま泉は馬場状態に注目してみました。

今年は昨年と同じように阪神競馬場でマイルチャンピオンシップが行われます。

10月からスタートした秋の阪神開催も今週で6週目となります。

馬場状態も高速馬場というよりは、内側の芝がボコボコと剥げてきており、内の経済コースを走るなら、パワーのある馬でないとスタミナをかなり消耗するのではないかと考えています。

うま泉が思うに、マイルチャンピオンシップの穴馬は、馬格のあるパワータイプが狙い目だと思います。

まだまだ見限れないダノンザキッド!

☆ダノンザキッド(安田隆行厩舎)
ダノンザキッド
デビューから3連勝でホープフルステークス[G1]を制した逸材で、3歳の春は皐月賞の最有力候補の1頭でした。
2000mのG1競走を勝っているように、中距離での瞬発力に定評があり、マイル戦は十分対応できると思います。
馬体重が500キロ以上ある馬なので、切れ味勝負というよりはパワータイプだと思います。
前走の富士ステークス[G1]は、プラス22キロ増の馬体重だったので4着でしたが、直線での伸びは良かったです。
休み明けを1度叩いての本番、強いダノンザキッドの走りを期待します。

【血統ウィナーズ】三連複の無料情報で万馬券的中!!

血を伝いDNAが受け継がれている競馬、血統を知らないのは勿体ない☆代々受け継がれる血統から高配当的中を量産しており、血統予想に特化したサイトだね♪

今週登録すると週末の無料予想に加え!さらにサイト内で使える30ポイント(3000円分)がプレゼントされるよ!!登録は無料だから、試してみるなら今がチャンスだよ♪

血統ウィナーズ

11月13日の土曜日に配信された無料情報、東京4Rの2歳未勝利!三連複で万馬券を仕留めていたから紹介するね♪

血統ウィナーズ

レースは3番人気のセイウンプラチナがハナを主張して逃げる展開、全体的にスローな流れで進み、直線での追い比べになったね♪
直線で抜け出したのは6番人気の7番ショウナンマグマ、中団から先に抜け出しそのまま後続馬を抑えて1着でゴールしたよ!2着には先行して粘り込んだ2番人気の2番エスペラント、3着も先行してた7番人気の10番エンペザーが入り、三連複1万5,050円の万馬券的中だよ(^o^)

血統ウィナーズの凄い所は、6番人気のショウナンマグマと7番人気のエンペザーをしっかり買い目に入れているところだよね☆2歳戦だと前走よりもどれだけ変わっているかっていうのが掴みづらいけど、血統ウィナーズは穴馬の激走情報をしっかりと掴んでいるってことだよね♪

無料情報なので購入金額までの支持は無かったけど、1点1000円ずつ購入していれば三連複1万5,050円の的中だから、払い戻しは15万500円になるね!!無料情報で10万以上稼げるは凄いよね♪当たるサイトは信用できるし、登録しておけば今回のような万馬券情報が無料でゲットできるよd(^_^)

血統ウィナーズ

今なら週末の無料予想に加え!さらにサイト内で使える30ポイント(3000円分)がプレゼントされるよ!!登録は無料だから、この機会に無料情報から試してみるのもアリだよねd(^_^)

血統ウィナーズ

血統ウィナーズを見る

うま泉教授のマイルチャンピオンシップの見解

■本命馬⇒グランアレグリア
■穴馬⇒ダノンザキッド
■対抗馬⇒シュネルマイスター

◎⑫グランアレグリア
○③シュネルマイスター
▲⑨グレナディアガーズ
△⑪カテドラル
△⑦インディチャンプ、
△④サリオス
△⑧ダーリントンホール
☆⑬ダノンザキッド

3連単フォーメーション
1着馬:⑫
2着馬:③⑬⑨⑪
3着馬:③⑬⑨⑪⑦④⑧
点数:24点

3連単フォーメーション
1着馬:③⑬
2着馬:⑫
3着馬:③⑬⑨⑪⑦④⑧
点数:12点

合計点数:36点

グランアレグリアが本命馬です。

3歳の春に桜花賞[G1]を制し、昨年は春秋マイルG1制覇、今年は春にヴィクトリアマイル[G1]を勝っており、マイル戦での強さは別格だと思います。

前走の天皇賞[G1]では3着に敗れたものの、距離が長い2000mで三冠馬コントレイルとクビ差なら、休み明けのレースとしては上出来の内容だったといえると思います。

今回は中2週で関西輸送と精神的にタフなレースになりますが、最終追い切りで抜群の動きをみせていたので大丈夫だと思います。

今回がラストランの1戦、有終の美を飾ってくれると期待しています。

逆転候補の筆頭は3歳馬のシュネルマイスター、NHKマイルカップは展開が向いた感じを受けましたが、前走の毎日王冠は圧巻の末脚で差し切りました。

阪神コースは初めてですが、成長力のある今ならチャンスだと思います。

もう1頭はダノンザキッド、前走の富士ステークス[G2]は骨折空けでプラス22キロ、結果は4着と敗れましたが、直線入口での伸びは良い時のダノンザキッドを思わせる伸びでした。

前走を叩いて一変するならこの馬だと思っているので、どんな走りをするか楽しみです。

その他ではスピードのあるグレナディアガーズ、切れるカテドラルを2着候補にしました。

今年のマイルチャンピオンシップはグランアレグリアに3歳馬がどう挑むのか、そんな気持ちで馬券を組み立てました。

目的別に無料予想を探す

買い目が無料
注目馬が無料
地方競馬が無料
当たる・儲かる予想
競馬無料予想

目的別に無料予想を探す

  • 買い目が無料
  • 注目馬が無料
  • 地方競馬が無料
  • 当たる・儲かる予想

カテゴリ

  • うま吉の2018年重賞&G1予想
  • うま子の複勝1点予想
  • うまじぃの今週の新馬戦診断
  • 海外競馬専門予想
  • うま吉の夏競馬専門予想
自然の風景
RANKING TOP3

優良競馬予想サイトランキング

1毎日情報

毎日情報

2アプリ

アプリ

3UMAチャンネル

UMAチャンネル
RANKING TOP3

優良競馬予想サイトランキング

1うまとみらいと

うまとみらいと

2あしたの万馬券

あしたの万馬券

3競馬大陸

競馬大陸

TOP