人生が変わる無料競馬予想。無料でここまで当たる!

競馬予想うま吉の鉄板穴馬マンガ倶楽部

うま泉教授の【オークス】2021 ユーバーレーベンが本命馬!

2021/05/22 - データと血統で当てる!うま泉教授の【本命・対抗馬予想】

うま泉

こんにちわ、うま泉です。重賞競走をいろいろな角度から紐解く、うま泉教授の知っておきたい競馬のツボ!過去のデータを中心に、予想する上で必ず押さえておきたいポイントを、分かりやすく解説。また競馬予想サイトの無料情報を元にした予想も、紹介していきたいと考えています。

2021 重賞競走のレース回顧

日曜日は古馬牝馬のマイル女王を決める、ヴィクトリアマイルが東京競馬場で行われました。

単勝オッズ1.3倍と圧倒的1番人気に支持されたのがグランアレグリアです。

今回も大外枠を引いてしまったレシステンシアが単勝オッズ7.1倍で2番人気、単勝オッズ10倍以下はこの2頭だけ、オッズ的にはグランアレグリア1強という感じになっていました。

レースは大外枠の18番レシステンシアが好スタートを切るものの、17番のスマイルカナ、3番のクリスティが譲らない構えで1コーナーへ向かいます。

レシステンシアの武豊騎手も無理をせず、3番手からの競馬を選択しました。

先行争いは早めに決着がついたので、前半の半マイルは46.0秒と落ち着いたペースで流れました。

1番人気のグランアレグリアは中団待機、直線の瞬発力勝負に向けて脚を溜めていました。

直線は一団となって追い比べ、外から勢いく良く伸びてきたのが1番人気のブランアレグリアでした。

残り200mで先団を捉え、最終的には2着以下に4馬身差をつける完勝でした。

ペースは速くならなかったものの、良馬場での瞬発力勝負なら負けないグランアレグリアです。

メンバー最速の32.6秒の末脚は圧巻でした。

これでG1競走5勝目、次走の予定は決まっていませんが、次は安田記念連覇に挑むかもしれません。

10番人気のランブリングアレーが混戦の2着争いからクビ差抜け出し2着を確保し、5番人気のマジックキャッスルが、内を突いて伸びてきて3着となりました。

2番人気に支持されたレシステンシアは6着でした。

大外から上手く競馬したとは思いますが、直線で瞬発力勝負になってしまっては、マイルチャンピオンシップのように苦しくなってしまいます。

結果論ではありますが、スピードを生かす為にハナを切った方が良かったのかもしれません。

ここでお知らせです!

私、うま泉教授がツイッターを初めました。

次週行われる土曜日の重賞競走、平安ステークス[G3]の予想はツイッターで公開します。

週末の競馬予想に役立つ情報、調教や気になる新馬や未勝利戦の情報もツイートしています。

知っていると土日競馬が楽しくなるような内容です。遊びにきてフォローして貰えると嬉しいです。

ブログとツイッターを併用して頂ければ、競馬が今以上に面白くなると思いますので、うま泉教授のツイッターも、よろしくお願いします。

土曜日は安田記念へのステップレース、京王杯スプリングカップが行われました。

単勝オッズ10倍以下の馬が5頭という混戦模様、レースは1番人気に支持されたラウダシオンが、2番手から後続の追撃を押さえて1着でゴールしました。

ラウダシオンは古馬のG1戦線では、あと一歩及ばない感じが否めませんが、重賞クラスなら勝ち負けになる実力を秘めていました。

NHKマイルカップ以来となる重賞2勝目、マイル戦よりは1200mや1400mといった短距離戦の方が、ラウダシオンには合っているような感じがします。

2着に後方から追い込んできた10番人気のトゥラベスーラ、3着に先団から粘り込んだ8番人気のカイザーミノルが入り、三連単は8万超えの万馬券決着となりました。

2021 オークスの出走予定馬!

それでは【オークス】の話に入ります。

出走予定馬を確認しましょう。

第82回 優駿牝馬オークス 出馬表
馬名 性齢 負担重量 厩舎
アールドヴィーヴル 牝3歳 55.0 今野貞一
アカイトリノムスメ 牝3歳 55.0 国枝栄
ウインアグライア 牝3歳 55.0 和田雄二
エンスージアズム 牝3歳 55.0 安田翔伍
クールキャット 牝3歳 55.0 奥村武
ククナ 牝3歳 55.0 栗田徹
スウィートブルーム 牝3歳 55.0 和田雄二
ステラリア 牝3歳 55.0 斉藤崇史
ストライプ 牝3歳 55.0 尾形和幸
スライリー 牝3歳 55.0 相沢郁
スルーセブンシーズ 牝3歳 55.0 尾関知人
ソダシ 牝3歳 55.0 須貝尚介
タガノパッション 牝3歳 55.0 鮫島一歩
ニーナドレス 牝3歳 55.0 友道康夫
ハギノピリナ 牝3歳 55.0 高野友和
パープルレディー 牝3歳 55.0 奥村武
ファインルージュ 牝3歳 55.0 木村哲也
ホウオウイクセル 牝3歳 55.0 高柳瑞樹
ミヤビハイディ 牝3歳 55.0 高橋文雅
メイサウザンアワー 牝3歳 55.0 尾関知人
ユーバーレーベン 牝3歳 55.0 手塚貴久

3歳牝馬クラシックの2冠目となるオークス、昨年は三冠牝馬となったデアリングタクトが、東京競馬場の2400mでも抜群の切れ味をみせ優勝しました。

今年は無敗で桜花賞を制したソダシが東京の2400mに挑みます。

2018年の三冠牝馬アーモンドアイ、昨年のデアリングタクトは共に桜花賞を2番人気で勝利しました。

今年挑むソダシも桜花賞は2番人気でした。

ソダシは白毛ということもあり、2歳の時から注目されてきました。

ソダシの白毛伝説がどこまで続くのか、オークスの走りに注目したいと思います。

オークスの有力馬ソダシ!

☆ソダシ(須貝尚介厩舎)
ソダシ
デビューから5連勝、既に阪神ジュベナイルフィリーズ[G1]と桜花賞[G1]のタイトルを手にしました。
札幌2歳ステークスを勝った時は、ソダシの能力よりも白毛という話題の方が先行していましたが、現在は無敗の桜花賞馬となり、昨年のデアリングタクトに引けを取らない実力馬となりました。
父のクロフネと母のブチコは共にダートで活躍しました。ソダシもダート血統ですが、その期待を裏切るかのように芝で好走しています。
芝でこれだけ走るのですから、ダート戦を使ったらどんな走りをするのか、見てみたい気もします。
先行力を生かした粘り込みを得意としており、負けそうで負けないのがソダシの特徴といっても良いかもしれません。
東京の2400mをどうこなすのか、注目したいと思います。

今週もデータや血統、展開など、いろいろな方向からオークスを紐解いていきますので、更新を楽しみにお待ちください。

素人も安心、玄人も納得の買い目を提供!
    うまスタ
うまスタ
一切の妥協を許さない情報提供プロセスで高配当的中を連発!今なら登録するだけで、厳選3点情報が永久無料で提供されるよ☆登録費・会費はもちろん0円!このチャンスを逃すのは勿体ないよ!無料情報から試してみてみいいかもね!!
>>ここから無料登録<<

【ポイント①】データから紐解く、オークス!

それでは過去のデータから好走馬を紐解いていきたいと思います。

今週は牝馬クラシック第2弾となる優駿牝馬オークスが行われます。

無敗で桜花賞馬となった白毛のソダシが、2冠に向けてどんな競馬をみせるのか注目です。

信用できるのは1番人気だけ?!

人気と成績
人気 成績 勝率 連対率 複勝率
1番人気 5-2-1-2 50.0% 70.0% 80.0%
2番人気 1-2-4-3 10.0% 30.0% 70.0%
3番人気 2-0-1-7 20.0% 20.0% 30.0%
4番人気 0-1-0-9 0.0% 10.0% 10.0%
5番人気 0-1-1-8 0.0% 10.0% 20.0%
6番~9番人気 2-3-2-33 5.0% 12.5% 17.5%
10番人気以下 0-1-1-86 0.0% 1.1% 2.3%

上記の表は過去10年間に出走した馬の人気と成績をまとめたものです。

データをみると上位人気の馬の強さが目立つ結果となっています。

特に1番人気と2番人気は複勝率が70%を超えており、1番人気の馬は過去10年で5頭勝っているので、人気馬が中心になるレースと考えて良いと思います。

穴馬もデータ的には9番人気以内の馬を狙うのが良いと思います。

二桁人気の穴馬は過去10年で2頭絡んでおり、2019年に2着したカレンブーケドールが12番人気で2着し、昨年の3着のウインマイティーが13番人気でした。

ここ2年連続で10番人気以下の馬が絡んでいるので狙ってみても良いと思いますが、データ的には3着候補という位置づけが無難だと思います。

忘れな草賞組に注目!

前走レースと成績
前走レース 勝率 連対率 複勝率
桜花賞 7-4-5-63 8.9% 13.9% 20.3%
忘れな草賞 3-1-1-7 27.3% 27.3% 36.4%
フローラS 0-5-3-37 0.0% 11.1% 17.8%
スイートピーS 0-1-0-16 0.0% 5.9% 5.9%

上記の表は過去10年間に出走した馬の前走レースと成績をまとめたものです。

桜花賞から約1ヶ月後に行われるオークスは、距離が2400mと伸びるので長距離を得意とする馬が台頭する傾向はあるものの、過去10年で7頭の勝ち馬が前走で桜花賞を使っているように、基本的には桜花賞時の力関係がそのまま引き継がれるといっていいでしょう。

ここでデータ的に注目したいのは、忘れな草賞組とフローラステークス組です。

忘れな草賞組は過去10年で、2010年のエリンコート、2015年のミッキークイーン、2019年のラヴズオンリーユーと3頭の勝ち馬を輩出しています。

単穴で狙うなら忘れな草賞組が狙い目です。

逆に2着候補、3着のヒモとして面白いのがフローラステークス組です。

過去10年で5頭の馬が2着に突っ込んできており、2着、3着馬の数では桜花賞組に引けを取りません。

高配当を仕留めに行くなら、忘れな草組やフローラステークス組を上手く絡めるのが得策だと思います。

差し馬が台頭するオークス!

脚質と成績
脚質 成績 勝率 連対率 複勝率
逃げ 0-1-0-9 0.0% 10.0% 10.0%
先行 2-5-4-35 4.3% 15.2% 23.9%
差し 5-2-3-41 9.8% 13.7% 19.6%
追い込み 3-2-3-63 4.2% 7.0% 11.3%

上記の表は過去10年間に出走した馬の脚質と成績をまとめたものです。

昨年デアリングタクトが豪快に外から差し切ったように、オークスは差し馬・追い込み馬が突っ込んでくるようです。

過去10年で半数の5頭は差して勝っており、2012年のジェンティルドンナ、2016年のシンハライト、昨年のデアリングタクトは直線で10頭以上の馬を差して勝っています。

先行する馬が不利という訳ではないのですが、勝ち馬は差し馬や追い込み馬が多いということは、覚えておいた方がいいでしょう。

新鋭ステラリア!

☆ステラリア(斉藤崇史厩舎)
ステラリア
データでも紹介した単穴として注目の忘れな草賞を勝ったステラリアです。
鋭い差し脚を武器にしているステラリアですが、デビュー当初は上手く生かせず、初勝利を挙げるまでに3戦を要しました。
初重賞となったクイーンカップ[G3]では、スタート直後に馬が跳ねてしまい後方からの競馬を余儀なくされ、メンバー最速の上りで追い込むも6着まで押し上げるのが精一杯でした。
切れのある差し脚を武器にしているので、スピードで押し切られてしまう距離では結果が出せませんでした。
前走は初の2000m戦でしたが、好位でじっくりと脚を溜める競馬ができ、4コーナー手前からロングスパートを掛けて差し切りました。
これまでに2勝していますが、それは1800mと2000mで、距離が延びた方がステラリアの力が引き出させると思います。
2400mの距離なら、さらにチャンスが膨らむでしょう。

【ポイント②】血が騒ぐ!オークス

東京競馬場ならディープインパクト産駒!

種牡馬と成績
種牡馬 成績 勝率 連対率 複勝率
ディープインパクト 4-4-3-33 9.1% 18.2% 25.0%

上記のデータは過去10年間に出走した馬の種牡馬の成績をまとめたものです。

先週のヴィクトリアマイルでは、グランアレグリア、ランブリングアレー、マジックキャッスルとディープインパクト産駒の馬が、1着から3着までを独占しました。

スピードが問われる東京競馬場では、ディープインパクト産駒の特徴ともいえる瞬発力が、思う存分発揮されるようです。

無敗で桜花賞を制したソダシはクロフネ産駒なので、穴馬を狙うならディープインパクト産駒が狙い目です。

東京で巻き返すアカイトリノムスメ!

☆アカイトリノムスメ(国枝栄厩舎)
アカイトリノムスメ
前走の桜花賞は勝ったソダシをマークするような形の競馬となり、直線で追い込むも0.2秒差及ばす4着となりました。
逆転候補の桜花賞組の1頭と考えられるアカイトリノムスメは、東京コースは3戦3勝と得意としているだけに期待が膨らみます。
問題は距離かもしれませんが、母のアパパネは三冠牝馬でオークスを制覇、父のディープインパクトも三冠馬で日本ダービーを制してします。
血統背景を考えれば勝って当たり前ともいえる東京の2400m、アカイトリノムスメの力は、この舞台でこそ生きるのかもしれません。
小点数で万馬券GET!
    令和ケイバ
令和ケイバ
自己資金が少なくても大幅な利益を確保できる環境を仕組化♪登録料・年会費はすべて完全無料!今なら厳選5点情報無料進呈中!!このチャンスをお見逃しなく!!!
>>ここから無料登録<<

うま泉教授のオークス、注目馬!

本日はうま泉がお勧めする注目馬を紹介します。人気馬から穴馬まで、展開を左右する馬や高配当の立役者となる馬など、レースのカギを握る馬を紹介していこうと思います。

阪神ジュベナイルフィリーズ[G1]と桜花賞[G1]でソダシを猛追したサトノレイナスが、オークスではなくダービーへ向かったことで、ソダシ1強ムードが漂っています。

負けそうで負けない粘り強さを武器に、白毛の競走馬ということで注目を浴びたソダシでしたが、今では無敗の桜花賞馬となりました。

人気も実力も兼ね備えたソダシに付け入る隙があるのか、あるとすれば2400mという距離だと思います。

桜花賞から約1ヶ月で、力関係が変わったとは考え難く、逆転があるとすれば距離適性による浮き沈みだと思います。

データ面でもお話したように、オークスは差し馬・追い込み馬が勝ちやすい流れになることが多く、ソダシにとって2400mの距離が長い場合、持ち前の粘りが発揮される直線で苦しくなる可能性が出てきます。

オークスで一発を狙うなら、長距離適性のある差し馬・追い込み馬から狙うのが、面白いと思います。

切れ者パープルレディー!

☆パープルレディー(奥村武厩舎)
パープルレディー
デビュー当初は追い込み一辺倒だった為に、勝ち切れないレースが続いていました。
徐々に競馬を覚え、3戦目となった東京の未勝利戦で初勝利を挙げると、続く芝2400mのゆりかもめ賞も連勝しました。
初重賞となったフローラステークス[G2]は、スタートでダッシュが付かず後方からの競馬を余儀なくされ、さらに2コーナーで外に弾かれる不利もあったので、度外視してもいいと思います。
東京コースで2勝しているように、東京競馬場はパープルレディーの切れ味が最大限に生きるコースであることは間違いないので、展開が向けば大外一気の脚が見られるかもしれません。

【AX KEIBA(AX競馬)】無料情報で土日連続の三連単的中!

情報力、満足度、友達に勧めたいサイト第1位☆4月の重賞成績は8鞍中3レース的中、的中率37.5%、回収率はなんと207.9%!注目の競馬サイトだよ♪

今登録すると無料情報(買い目情報)を毎週1~2レース提供、さらに現金1万円相当のポイントも貰えるよ!回収率が100%以下なら、全額返金保証してくれるから安心!登録は無料だから、試してみるなら今がチャンスだと思うよd(^_^)

AXKEIBA

5月15日の土曜日は東京2Rの3歳未勝利5月16日の日曜日は中京1Rの3歳未勝利と、土日連続で三連単馬券を的中させていたから紹介するね♪無料情報でも手を抜かない姿勢は、凄く好感が持てるよね!

AXKEIBA

土曜日の東京2Rの3歳未勝利戦は、3番人気のエコロファルコンが平均ペースで淡々と逃げる展開になりました。勝ったのは2番手でマークしていた1番人気の11番ロンコーネ、逃げ粘るエコロファルコンを半馬身差押さえて1着ゴール♪2着には逃げた3番人気の4番エコロファルコン、3着には差してきた5番人気の14番セイウンオードリーが入り、三連単7,270円の的中だよ(^-^)/

AXKEIBA

日曜日の中京1Rの3歳未勝利戦は、7番人気のデアイングウーマンがハナを切って逃げる展開となりました。勝ったのは中団で脚を溜めていた1番人気の11番キャロライナリーパ、メンバー最速の上りで一気に差し切り、2着以下に3馬身半以上の差を付ける快勝でした♪2着には逃げた7番人気の8番デアリングウーマン、3着には中団から伸びてきた4番人気の2番メイショウミズモが入り、三連単9,030円の的中となりましたd(^_^)

馬券は1点400円推奨なので、土曜日は三連単7,270円の的中だから、払い戻しは2万9,080円☆日曜日は三連単9,030円の的中だから、払い戻しは3万6,120円♪土日で5万以上の払い戻しなんて凄いよね!しかも無料情報!!

無料情報で当たるサイトは信用できるよね☆登録しておけば、確率の高い的中情報がゲットできそうだね(>_<)

AXKEIBA

今なら毎週1~2レースの無料情報(買い目情報)を提供、さらに現金1万円相当のポイントも貰えるダブルチャンス!もしも回収率が100%以下なら、全額返金保証してくれるから安心!
登録は無料だから、この機会に無料情報から試してみても良いと思うよo(^-^)o

AXKEIBA

AX KEIBA(AX競馬)を見る

うま泉教授のオークスの見解

■本命馬⇒ユーバーレーベン
■穴馬⇒ステラリア
■対抗馬⇒ソダシ

◎⑨ユーバーレーベン
○⑪ソダシ
▲⑬ファインルージュ
△⑦アカイトリノムスメ
△⑤クールキャット
△①ククナ
△③パープルレディー
☆⑱ステラリア

3連単フォーメーション
1着馬:⑨
2着馬:⑪⑱⑬⑦
3着馬:⑪⑱⑬⑦⑤①③
点数:24点

3連単フォーメーション
1着馬:⑪⑱
2着馬:⑨
3着馬:⑪⑱⑬⑦⑤①③
点数:12点

合計点数:36点

土曜の朝の段階で単勝1.8倍と圧倒的な支持を受けている桜花賞馬のソダシ、阪神ジュベナイルフィリーズと桜花賞でソダシを追い詰めたサトノレイナスが、ダービーに向かったことからも、1強というオッズになのも仕方のないことかもしれません。

ソダシは桜花賞と同じパフォーマンスができれば、圧勝するかもしれません。

逆に2400mという未知の距離に戸惑えば、連勝がストップする可能性も十分考えられます。

ソダシの連勝を止めるならこの馬、ユーバーレーベンを本命馬にします。

札幌2歳ステークス[G3]は直線の短い札幌コースで、ソダシをクビ差まで追い詰め2着と好走し、阪神ジュベナイルフィリーズ[G1]では、最後方に近い位置取りから怒涛の追い込みをみせ、半馬身差の3着とソダシと互角の戦いをしていました。

前走のフローラステークス[G2]は1コーナーで進路が狭められ、馬が驚いて外に膨らむシーンがあり、その後も左右にフラフラしながら走っていました。

それでも上りはメンバー最速の33秒2で追い込んでおり、スムーズな競馬が出来ていれば、差し切っていてもおかしくなかったと思います。

父のゴールドシップは阪神大賞典を3連覇し、春の天皇賞を勝つステイヤーです。

東京の芝2400mなら、ソダシに一矢を報いること思い本命馬にしました。

逆転候補の1頭目は桜花賞馬のソダシです。

2400mを克服すればアッサリ勝たれて不思議じゃないと思います。

もう一頭は忘れな草賞を勝ったステラリアを抜擢します。

忘れな草賞は早めに仕掛けので、2着以下を突き放すことができませんでしたが、瞬発力はG1級だと思うので、ここでも通用すると思います。

目的別に無料予想を探す

買い目が無料
注目馬が無料
地方競馬が無料
当たる・儲かる予想
競馬無料予想

目的別に無料予想を探す

  • 買い目が無料
  • 注目馬が無料
  • 地方競馬が無料
  • 当たる・儲かる予想

カテゴリ

  • うま吉の2018年重賞&G1予想
  • うま子の複勝1点予想
  • うまじぃの今週の新馬戦診断
  • 海外競馬専門予想
  • うま吉の夏競馬専門予想
自然の風景
RANKING TOP3

優良競馬予想サイトランキング

1毎日情報

毎日情報

2アプリ

アプリ

3UMAチャンネル

UMAチャンネル
RANKING TOP3

優良競馬予想サイトランキング

1うまとみらいと

うまとみらいと

2あしたの万馬券

あしたの万馬券

3競馬大陸

競馬大陸

TOP