うま吉の無料競馬予想!当たる買い目を無料でGET

うま泉教授の【桜花賞予想】2023 三連複4,750円的中!

2023/04/09 - データと血統で当てる!うま泉教授の【本命・対抗馬予想】

うま泉

こんにちわ、うま泉です。重賞競走をいろいろな角度から紐解く、うま泉教授の知っておきたい競馬のツボ!過去のデータを中心に、予想する上で必ず押さえておきたいポイントを、分かりやすく解説。また競馬予想サイトの無料情報を元にした予想も、紹介していきたいと考えています。

2023 桜花賞の見解!

先週の大阪杯[G1]、ダービー卿チャレンジトロフィー[G3]のレース回顧はこちらをご覧ください。

いよいよ2023年のクラシックがスタート、今週は桜咲き誇る阪神競馬場で、3歳牝馬クラシックの第一弾、桜花賞[G1]が行われます。

2歳チャンピオンがそのまま力を発揮するのか、それとも新たなヒロインの誕生か、目が離せない1戦になることは間違いないと思います。

1冠を制し3冠牝馬への権利を獲得するのはどの馬か、2023年の主役となるヒロインの誕生です。


ここでお知らせです!

うま泉教授ツイッターを行っています。

今週行われる重賞競走、ニュージーランドトロフィー[G2]、阪神牝馬ステークス[G2]の予想はツイッターで公開します。

週末の競馬予想に役立つ調教情報、気になる新馬や未勝利戦の情報もツイートしています。

知っていると土日競馬が楽しくなるような情報を公開していますので、遊びにきてフォローして貰えると嬉しいです。

ブログとツイッターを併用して頂ければ、土日の競馬が今以上に面白くなると思いますので、うま泉教授のツイッター、よろしくお願いします。

2023 桜花賞の出走表!

まずは出走表から、見ていきましょう。

第83回 桜花賞 出馬表
馬名 性齢 負担重量 厩舎
エミュー 牝3歳 55 和田正一郎
キタウイング 牝3歳 55 小島茂之
コナコースト 牝3歳 55 清水久詞
コンクシェル 牝3歳 55 清水久詞
シングザットソング 牝3歳 55 高野友和
シンリョクカ 牝3歳 55 竹内正洋
ジューンオレンジ 牝3歳 55 長谷川浩大
ダルエスサラーム 牝3歳 55 高野友和
トーセンローリエ 牝3歳 55 小笠倫弘
ドゥーラ 牝3歳 55 高橋康之
ドゥアイズ 牝3歳 55 庄野靖志
ハーパー 牝3歳 55 友道康夫
ブトンドール 牝3歳 55 池添学
ペリファーニア 牝3歳 55 鹿戸雄一
ミシシッピテソーロ 牝3歳 55 畠山吉宏
ミスヨコハマ 牝3歳 55 斎藤誠
ムーンプローブ 牝3歳 55 上村洋行
メイクアスナッチ 牝3歳 55 武市康男
モズメイメイ 牝3歳 55 音無秀孝
モリアーナ 牝3歳 55 武藤義則
ユリーシャ 牝3歳 55 中村直也
ライトクオンタム 牝3歳 55 武幸四郎
ラヴェル 牝3歳 55 矢作芳人
リバーラ 牝3歳 55 高柳瑞樹
リバティアイランド 牝3歳 55 中内田充正
ルミノメテオール 牝3歳 55 金成貴史

昨年は7番人気のスターズオンアースが、後方から中を割って伸び桜花賞を制覇、続くオークスも制して2冠馬となりました。

阪神ジュベナイルフィリーズが桜花賞と同じ阪神競馬場の芝1600mで行われいるので、このデータがもっと有力になりますが、成長の速い3歳馬だけに勢力図がどのように変わっているのか気になるところです。

2歳チャンピオンか、それとも新興勢力か、2023年の3歳牝馬クラシックのスタートです!

桜花賞の有力馬、リバティアイランド!

☆リバティアイランド(中内田充正厩舎)
リバティアイランド
デビュー戦は夏の新潟で、芝1600mの新馬戦を31秒4という驚異的な末脚で差し切り快勝、続くアルテミスステークス[G3]は、直線で外に出すのが遅れ2着に敗れるものの、阪神ジュベナイルフィリーズ[G1]は、危なげない走りで2着牝馬チャンピオンの座に輝きました。
中内田充正厩舎は1戦1戦が勝負というような仕上げをしてくる馬、桜花賞へは直行となりましたが、調教さえしっかり動いていれば力が出せるので、休み明けは特に気にすることはないと思います。
新馬戦で2歳馬ながら31秒4という驚異的な末脚を使ったリバティアイランド、レースも中団で脚を溜め、直線は持ち前の瞬発力を生かした差す競馬を得意としています。
スタートも上手な馬なので、中団で上手く脚を溜められれば、勝だけの力は持っているので、桜花賞の主役はリバティアイランドだと思っていいでしょう。
どんな走りをみせてくれるのか、注目したいと思います。
的中!配当!全てが横綱級♪
    横綱ダービー
横綱ダービー
知識ゼロ・予想不要・競馬初心者も気軽に稼げる競馬サイト☆人知れずこっそりと稼げると話題沸騰♪無料情報が充実しているので、まずはココから!!
>>ここから無料登録<<

【ポイント①】データから紐解く、桜花賞!

過去のデータから桜花賞の傾向を探っていきたいと思います。

1番人気が不振!

人気と成績
人気 成績 勝率 連対率 複勝率
1番人気 1-3-1-5 10.0% 40.0% 50.0%
2番人気 4-3-0-3 40.0% 70.0% 70.0%
3番人気 1-2-2-5 10.0% 30.0% 50.0%
4番人気 0-0-0-10 0.0% 0.0% 0.0%
5番人気 1-0-1-8 10.0% 10.0% 20.0%
6番~9番人気 3-2-5-30 7.5% 12.5% 25.0%
10番人気以下 0-0-1-96 0.0% 0.0% 1.0%

今回記載しているデータは、桜花賞の過去10年間のデータを元に作成しています。

上記のデータは過去10年間の人気と成績をまとめたものです。

過去10年間で1番人気が勝利したのは、2014年のハープスター(1番人気)の1頭だけで、複勝率は50%と、決して悪い数値とはいえませんが、1番人気の不振は気になるところです。

荒れるイメージがある桜花賞ですが、10番人気以下の二桁人気は過去10年で2013年に3着したプリンセスジャック(14番人気)の1頭だけなので、極端な穴狙いは控えた方が良いと思います。

ただ2014年以降、二桁人気の馬は絡んでいませんが、6番人気~9番人気の伏兵が好走をしています。

昨年勝ったスターズオンアースも桜花賞では7番人気の伏兵でしたので、馬券的にはこれから伸びしろがあるような穴馬は、桜花賞でもしっかりと押さえておく必要があると思います。

阪神の芝1600mの経験者は要注意!

前走レースと成績
前走レース 成績 勝率 連対率 複勝率
チューリップ賞 4-8-6-30 10.5% 18.4% 34.2%
阪神JF 1-2-0-3 16.7% 50.0% 50.0%
フィリーズR 1-0-2-46 2.0% 2.0% 6.1%
クイーンC 1-0-1-17 5.3% 5.3% 10.5%

上記のデータは過去10年間の前走レースと成績をまとめたものです。

過去10年のデータを見るとチューリップ賞組が圧倒的ですが、近年をみると2021年に優勝したソダシ(2番人気)は、阪神ジュベナイルフィリーズからの直行組、また2019年に優勝したグランアレグリア(2番人気)は朝日杯フューチュリティステークスからの直行組でした。

ひと昔前までは、トライアル競走から桜花賞というローテションが王道でしたが、近年はトライアルを使わずに直行する馬も多く、G1からG1競走へ直行するローテションが流行っているようです。

今年の主役として期待されているリバティアイランドは阪神ジュベナイルフィリーズからの直行組です。

直行組が強いのか、それともトライアル組か、力関係をしっかりと見極める必要がありそうです。

差し馬・追い込み馬に注目!

脚質と成績
脚質 成績 勝率 連対率 複勝率
逃げ 2-0-1-7 20.0% 20.0% 30.0%
先行 2-3-2-41 4.2% 10.4% 14.6%
差し 2-2-3-43 4.0% 8.0% 22.0%
追い込み 4-5-4-57 5.7% 12.9% 18.6%

上記のデータは過去10年間に出走した馬の脚質と成績をまとめたものです。

脚質は4コーナーの位置で決めており、逃げ(1番手)、先行(2番手~5番手)、差し(6番手~10番手)、追い込み(11番手以下)と定め、4コーナーの位置取りから最終的にどのような結果になったのかをまとめたものです。

4コーナーで先頭に立ってそのまま押し切ったのは、2019年のグランアレグリア(2番人気)と2015年のレッツゴードンキ(5番人気)と2頭いますが、速く流れやすい桜花賞だけに逃げ・先行馬が残るには、相当なポテンシャルがないと難しく思えます。

展開の恩恵を受けやすいのは中団や後方で末脚を溜めれられるタイプ、末脚勝負が決まりやすい展開になるので、切れ味がナンバー1の馬は要注意の1頭になるので注目です。

リベンジに燃えるラヴェル!

☆ラヴェル(矢作芳人厩舎)
ラヴェル
デビューは夏の小倉、芝1800mの新馬戦を後方から一気の末脚で差し切り、続くアルテミスステークス[G3]でも、上り3ハロン33秒0という豪脚で2連勝、初重賞制覇を成し遂げました。
前走の阪神ジュベナイルフィリーズ[G1]は、大外枠の8枠18番という試練もありましたが、スタートも上手く決まらず、全体的な流れにも乗れず、直線でも思ったような伸びが見られず11着に敗れました。
世代でもトップクラスの末脚を持っているので、レースの流れに乗れれば突っ込んできてもおかしくない馬なので注意が必要です。
また新馬戦で1800m戦を勝っており、距離やスタミナ面での心配はないので、上手く脚が溜められるか注目です。

【ポイント②】血が騒ぐ!桜花賞

瞬発力に優れた種牡馬に注目!

種牡馬と成績
種牡馬 成績 勝率 連対率 複勝率
ディープインパクト 3-4-2-27 8.3% 19.4% 25.0%
ダイワメジャー 1-2-1-10 7.1% 21.4% 28.6%
キングカメハメハ 1-0-1-3 20.0% 20.0% 40.0%
ドゥラメンテ 1-0-0-1 50.0% 50.0% 50.0%

上記のデータは過去10年間に出走した馬の種牡馬の成績をまとめたものです。

データを見ると、瞬発力に優れた馬を輩出するディープインパクト産駒が、他の種牡馬を圧倒している感じがします。

迷った時はディープインパクト産駒から入るが良いと思いますが、新種牡馬のドゥラメンテ産駒なども、穴目で狙ってみると面白いかもしれません。

一発狙うライトクオンタム!

☆ライトクオンタム(武幸四郎厩舎)
ライトクオンタム
デビュー戦は東京の芝1600mの新馬戦、楽に逃げ切り勝ち、次走のシンザン記念[G3]は中団から差す競馬で2連勝、まだまだ伸びしろがあり、これからどこまで強くなるのか、凄く楽しみな馬です。
馬体重が430前後と非常に華奢な牝馬なので、スタミナ勝負は分が悪いので、パンパンの良馬場な十分チャンスがあると思います。
先行力のある馬で、今回、引き当てた枠番が1枠2番、絶好ともいえる枠を手に入れたので、積極的な競馬で人気馬を出し抜きたいと、陣営も考えていると思います。
同型との兼ね合いも気にはなりますが、楽に先手が取れるようなら、怖い存在になると思うので要注意です。
オヤユビひとつで高配当ゲット!!
    OYAYUBI競馬
OYAYUBI競馬
実績のあるプロフェッショナルがあなたの投資を全力でサポート☆百戦錬磨のプロ馬券師が人生最高のパートナーに♪あなたのポケットに専属馬券師を☆まずはオヤユビひとつで無料情報をゲット!!
>>ここから無料登録<<

うま泉教授の桜花賞、注目馬!

本日はうま泉がお勧めする注目馬を紹介します。人気馬から穴馬まで、展開を左右する馬や高配当の立役者となる馬など、レースのカギを握る馬を紹介していこうと思います。

桜花賞は成長力著しい3歳牝馬のクラシック戦、連勝をすると注目を浴びますが、負けない強さにも注目が必要です。

レースセンスが良く、どんな展開にも対応できるタイプは、必ずゴール前の勝ち負けに顔を出してきます。

安定感抜群、ドゥアイズ!

☆ドゥアイズ(庄野靖志厩舎)
ドゥアイズ
デビューは札幌の芝1800m、好位から上手く抜け出して勝利すると、続くコスモス賞は2着、初重賞挑戦となった札幌2歳ステークス[G3]も2着と惜しいレースが続いています。
また暮れの2歳チャンピオンを決める阪神ジュベナイルフィリーズでは、後方12番手から一気に伸びますが、先に抜けだした馬が止まらず3着となりました。
先行力もあり、押さえた時の瞬発力にも定評があるドゥアイズ、勝ち星は新馬戦の1勝しかありませんが、G1でも勝ち負けできる力を持っているので要注意です。
今回は好枠の2枠4番を引き当てており、先行するのか差すのか、どんなレースをみせるのか注目です。

HORIZONから提供された無料情報

点数が少ないのに良く当たるでおなじみのHORIZON…先週の無料予想は大当たりだね♪4レース中の3つが的中していて、今回はその中の2つを紹介します!

HORIZON(https://www.ho-rizon.net/

▼4/1~4/2の提供情報▼
的中情報

【4/1~4/2結果】
3連複 4-7-14 ⇒2,160円 的中!
ワイド 8-12 ⇒190円 的中!

土曜日の中山5Rは1人気と2人気が馬券に絡んでいながらも初出走だった6人気の馬が2着に好走したから、軸は比較的決めやすかった中でも少ない点数で相手を選ぶというのは中々難しいから、3連複のたったの9点でこのレースを仕留めているのは素晴らしいと言えます♪

日曜はさらに点数が少ないというかたったの1点でズバッと仕留めています!ワイドでの予想だし、1人気と2人気の組み合わせではあるんだけど、この2頭は2着と3着だったからワイドで買っているのが大正解なんだ♪

無料予想で利用しやすい買い方と点数だし、ワイドに至っては外れて無駄になる買い目がひとつもない提供方法で、当たりさえすれば絶対に利益になるからオススメだよ!

3連複とかワイドとか自分が本命で買いたい”単系”の馬券が外れたときの保険として買えるのもいいよね♪

HORIZON

HORIZONを見る

うま泉教授の桜花賞の買い目!

■本命馬⇒リバティアイランド
■穴馬⇒ペリファーニア
■対抗馬⇒ドゥアイズ

◎③リバティアイランド
○④ドゥアイズ
▲⑤ハーパー
△⑰ラヴェル
△②ライトクオンタム
△⑨コナコースト
△⑫シングザットソング
☆⑭ペリファーニア

◆3連複フォーメーション
1頭目:③
2頭目:④⑭
3頭目:④⑭⑤⑰②⑨⑫
合計点数:11点

◆3連単フォーメーション
1着馬:③
2着馬:④⑭⑤⑰
3着馬:④⑭⑤⑰②⑨⑫
点数:24点

3連単フォーメーション
1着馬:④⑭
2着馬:③
3着馬:④⑭⑤⑰②⑨⑫
点数:12点

合計点数:36点

本命馬はリバティアイランドです。

阪神ジュベナイルフィリーズ[G1]は、好スタートから中団でしっかりと脚を溜め、4コーナーも外を回って突き抜けており、今回もこのような競馬ができれば、付いてこれる馬はいなと思います。

休み明けのアルテミスステークス[G3]で2着と敗れていますが、これは直線で外に出せず、仕掛けが大幅に遅れてしまったのもで、決して力負けではありません。

今回は4ヵ月の休み明けとなりますが、調教もしっかりと動いているので不安は無いと思います。

気になるのは馬場状態ですが、土曜日のレースが終了した段階で、芝は稍重、ダートは重でした。

内枠なので道悪に脚を取られてということがない訳ではありませんが、調教も動くので少しぐらいの道悪ならこなせると踏んで、リバティアイランドを本命馬にしました。

逆転候補の1頭目はドゥアイズ、1勝馬の身ですが必ず伸びてくる末脚は、展開が速くなりやすい桜花賞に向いており、何より今週の調教が抜群に良かったので、逆転候補の1頭目に挙げました。

もう1頭はペリファーニア、こちらも調教がべらぼうに動くタイプで、道悪は得意だと思うので、一発あるならこの馬だと思って逆転候補に抜擢しました。

うま泉教授のレース回顧!

レース終了後に更新する予定。

目的別に無料予想を探す

買い目が無料
注目馬が無料
地方競馬が無料
当たる・儲かる予想