人生が変わる無料競馬予想。無料でここまで当たる!

youtube生配信うま吉ch

京都新聞杯2022【穴馬&鉄板馬予想】買い目情報、更新♪

2022/05/06 - うま吉の今週の【穴馬】予想!!

うま吉

うま吉が不定期でお届けする【穴馬予想】&【鉄板馬予想】だよ♪
うま吉の渾身の予想を披露しちゃうからね!競馬予想サイトの無料情報を元にした予想も紹介できたらいいな♪

今回は2022【京都新聞杯】です!

京都新聞杯の過去のデータ

まずは京都新聞杯のデータを見てみようかな♪
過去10年分のものとなります♪

人気と連対率

▶1番人気【2-3-1-4】連対率50%
▶2番人気【2-2-2-4】連対率40%
▶3番人気【2-1-0-7】連対率30%
▶4番人気【1-0-2-7】連対率10%
▶5番人気【1-0-1-8】連対率10%
▶6~9番人気【1-3-3-33】連対率10%
▶10番人気下【1-1-1-51】連対率3%

キャリア

▶3戦【1-3-1-14】連対率21%
▶4戦【1-1-2-22】連対率7%
▶5戦【5-1-4-19】連対率20%
▶6戦【1-3-1-14】連対率21%
▶7戦上【2-2-1-32】連対率10%

前走レース

▶はなみずき賞【2-2-0-11】連対率26%
▶毎日杯【2-1-2-5】連対率30%
▶皐月賞【1-1-0-10】連対率16%
▶大寒桜賞【1-0-1-0】連対率50%
▶アザレア賞【1-0-0-5】連対率16%
▶新緑賞【1-0-0-0】連対率100%

脚質

▶逃げ【0-2-0-8】連対率20%
▶先行【2-3-2-29】連対率13%
▶差し【6-5-7-37】連対率20%
▶追込【2-0-1-40】連対率4%

うま吉

過去10年の傾向♬
日本ダービーのトライアルレースではないんだけど、青葉賞よりも1ハロン距離が短いことと、G2で賞金が高くここで1着を確保すれば間違いなくダービーに出走出来る賞金を稼ぐことが出来るだけあって、関西馬で実力のある馬が多数出走するレースとなっています♪本番でも上位入線してくる確率が高く、3年前のロジャーバローズと2013年のキズナはダービー馬となっています!例年なら京都で開催されているけど、今年は昨年引き続き中京競馬場での開催!昨年の勝ち馬であるレッドジェネシスは本番ではポツンだったから結果は残せなかったけど、本来であれば本番と同じ左回りだから、ここで上位に来れた馬は例年以上にダービーで期待出来るはずです♪
ヒモ荒れ程度かな♪
1~3人気の上位人気の馬が過去10年で12連対と安定して活躍してはいるんだけど、6人気以下の中穴人気の馬も頻繁に馬券には絡んでいるというヒモ荒れ傾向の強いレースと言えます♪ただ、このレースってフルゲートで開催されたのは過去10年でたったの1回しかなくて、その時は1番人気馬と2番人気の馬が揃って圏外に飛んだし、17頭立てだった2018年は大荒れしたから、頭数次第というのもあるんだよね!今年は出走馬は少ないし、やっぱり大きくは荒れないんじゃないかなって判断しています!
5戦経験馬の勝利回数が多い♪
ダービーへのトライアルというわけではないんだけど、この時期にこの距離の重賞を使う馬って、ダービーを目指していたけどクラシックの皐月賞までに賞金を稼げなかった馬がほとんどだと思うんだよね!必然的に出走回数は多くなるし、新馬や未勝利で2000mより長い距離のレースって2歳時はないから、長い距離に適正がある馬って凡走はしないけど勝てないみたいな成績になることが多いんだよね!結局そこで勝てるような馬なら皐月賞へ出走しているだろうし、結果を出せなかったとしても3着とかには常にいて賞金が足りないからここを目指す~という馬も結構いるから、割りとレース経験が多い馬のほうが強い場合が多い要因となっているんじゃないかな?
長丁場の1勝クラスか毎日杯組♪
皐月賞を使ってここに出走してくる馬って、そもそもG1で上位に来れないことに加えてダービーに出走出来ないくらいの賞金しか稼いでいないという背景があるから、以前まではあまり活躍していなかったけど、近年はボーダーの賞金が高くなったことで、本当に強い馬でも賞金が足りなくなるということが多発しています!毎日杯を使う馬は、間隔的に皐月賞ではなくNHKマイルかダービーに絞って使ってきている馬だから、持っているポテンシャルが高い場合が多いからね♪皐月賞をそもそも考慮していないローテで長丁場を使ってきている馬には注目だね!
前めが有利かも♪
今回は中京だから京都での脚質は無視して予想したいんだけど、中京の2200m戦って前半は結構ゆったり入って、残り1000m付近から一気にペースアップするようなロンスパ戦になりやすいから、後方から脚を溜めて運ぶ馬にとっては、そこで追走に脚を使って終いが案外になる可能性が結構高いんだよね!ジワッと加速していけるようないわゆるジリ脚タイプの先行馬がいい手応えのまま直線に向きやすいし、後方も伸びてこないような上がりの勝負になって、そのまま押し切ってしまうような展開になるんじゃないかなって現時点では思います~♪

京都新聞杯で好走が期待できる馬を3頭紹介!

メイショウラナキラ・ブラックブロッサム・ヴェローナシチー

なぜこの3頭がオススメなのか理由を紹介していくよ♪

☆メイショウラナキラ(南井克巳厩舎)
メイショウラナキラ
阪神の1勝クラスを制してここに挑んでくる馬だね♪もともと若駒Sの内容を見て、2歳の3歳の限定戦で好走するには、絶対に自分でペースを作ったほうが持ち味が活きるだろうなって思っていた馬で、ワンペース気味で速い脚を使えるタイプではないんだけど、前進気勢が全面に出た軽い脚捌きが特徴で、簡単にはバテないスピードの持続力を持ち合わせています!前走はようやく自分でレースメイクしてくれたけど、残り5ハロンから11秒台のラップを刻んで後続に脚を使わせる仕掛けをしておきながら、自身は上がり最速をマークして急坂のあるラスト1ハロンでも11秒台の脚を使っていたというとんでもないパフォーマンスを披露!逃げることさえ出来ればまず凡走はないと思う!
というのも、中京の2200mはこの時期の3歳馬にとっては厳しいペースを刻む展開になりやすく、上がり勝負にはコース形態的になりにくいというのが特徴だから、ワンペース気味のこの馬にとっては特に、流れにのって競馬をするだけで自分の得意な展開に持ち込めるというのが心強いんだよね!体の使い方が非常に良く、伸びのあるフットワークでトビが雄大だから広いコースも合っていると思うし、前走は楽勝したのにまだ余裕があったからね!距離延長も1ハロンくらいなら問題ないタイプでうま吉はこの馬が一番勝利に近いんじゃないかなって判断しました♪
当週の追い切りは栗東の坂路で4ハロン55.3秒、ラスト2ハロン12.7-13.0秒を終い強めに計時してきました!脚捌きの軽さとトビのキレイさが坂路ではよく見せない理由のひとつとなっていて、追い出してからの緩さもどうしても感じてしまうけど、それでも反応はしていたし、この馬なりに順調かなとは思います♪まだ成長途上だけど現時点での走りは出来そうだし、コンスタントに使われて息の持ちも大丈夫そうで、動きが悪くてもそういうタイプではないから心配しなくていいです~
☆ブラックブロッサム(斉藤祟史厩舎)
ブラックブロッサム
大寒桜賞を圧勝してここに挑んでくる馬だよ♪無敗でここに出走してくる2戦2勝の馬なだけに人気にはなるだろうけど、ここ2走のパフォーマンスも満足に能力を出し切って勝利したわけではないから、底を見せていないという点で期待したいなって思いました!重賞レベルに入ってスピード負けしてしまう可能性はあるけど、初戦は追ってからはしっかりとギアが入ってセンスのあるところを見せたものの抜け出してからは少し集中力を欠く場面があってラストまでトップスピードを維持できたわけではないし、前走なんかは追って速い脚を使ったわけではないけど、心肺機能の高さだけで後続を突き放したようなポテンシャルの高さを感じる内容ではあったからね!タフな展開でもきっちり走ってきそうなタイプだと思っています♪
前走は特に馬場が渋っていた中でこの馬も苦にはしていなかったとはいえ、緩さが残る馬だから追走時からも本来であれば消耗は激しかったはずで、タフな展開に強いメイショウゲキリンが早々と離脱してしまう流れで4角先頭を馬なりで奪って手応えにも余裕があったというところが評価のポイントとなったかな!メイショウラナキラが逃げる展開でも追走に苦労して終いに甘くなるということもなさそうで、気持ちの面で幼いところもあって、抜け出すと遊ぶような癖が出そうなこの馬にとってもハイパフォーマンスを見せることが出来る可能性は高いと判断しました!スローのキレ味勝負なら分が悪そうだけど、ジリジリと脚を使う流れなら凡走はないね♪
当週の追い切りは栗東のCWコースで6ハロン82.4秒、ラスト1ハロン11.8秒をラストの直線は終始促しつつ楽にマークしてきたよ!ワンペース気味の走りではないんだけど、緩さからくるものなのか瞬時にギアを入れることが出来ないせいで少し手応えは悪く見えるけど、逆にこの走りだからこそ長く脚を使える理由になっていることを考えれば、舞台設定で考えれば良い走りが出来ていたと思います♪この馬もまだまだ完成途上でギアが入りきっていない走りではあるけど、速い脚が求められないこのレースなら期待は十分です~
☆ヴェローナシチー(佐々木晶三厩舎)
ヴェローナシチー
若葉Sで2着入線してここに挑んでくる馬だよ♪ゲートの出が速いわけではない中でリズム重視で運んで終いにかける競馬をしていただけに、毎回のように自分の脚を使って伸びては来るんだけど、前が残るペースで差しきれないという競馬が続いているんだよ!ハミをとって自分から~というタイプでもないだけに、動くに動けないという難しい馬でもあるんだけど、積極的に出していって比較的いい位置で競馬が出来た前走でも終いに脚を使えたことを考えれば、2着だったけど次に繋がる競馬の内容だったと思っていて、出来る競馬に幅が出ていそうな今回は勝ち負けまで期待しても良いかもしれません♪
キレる脚を使うというタイプではないから上がりが掛かるほうが良い馬だし、スローの上がり勝負だったとしても堅実に脚を使ってきているから詰めが甘く見えるだけで、周りがバテてしまうような道中のラップを刻んだ場合に脚を溜める競馬をしていれば、突き抜ける可能性だってあると思っています♪ただ、すみれSで3着だった時に一度は交わした4着馬にラスト50mくらいはまた差し返されそうになっていただけに、全体時計が速くなって本当にタフな展開になったときに終いに脚を使えるかというのは完成途上で判断が難しいところだからね…スムーズに流れに乗れるような馬でもないことを考慮して3番手以下の評価には落ち着くと思います!
当週の追い切りは栗東の坂路で4ハロン53.4秒、ラスト2ハロン12.6-12.7秒を強めに計時してきました♪若葉Sの時の追い切りと比較すると時計が出ていないしキビキビと動けてはいないように見える反面、体を大きく見せるようになっています!間隔が少しあいた分で多少は緩く見えちゃうけど、見た目以上に余裕は感じる動きではあったから、これで変わってくるんじゃないかな?

京都新聞杯で激走する!うま吉渾身の穴馬を紹介♪

ストップザタイム【昆貢厩舎】

ストップザタイム

中京の未勝利を勝利してここに挑んでくる馬だよ♪デビュー自体は非常に遅く、2月の末だったことを考えればかなり強気なレース選択と言えます!勝ちはしたけど着差が少なかったことと、超大型馬の遅いデビューということで完成度の観点からもあまり人気になりそうにない1頭なんだけど、うま吉はその勝ち上がりが中京の2000mという舞台ということに注目して、むしろ狙ってみたいと思いました♪デビュー前から陣営の評価自体は高かったけど、その片鱗は少なからず見せたレースだったからね!

一般的にはやっぱりデビューが遅れた馬って、戦う相手もこの時期まで勝ち上がることが出来ていない馬で構成されているということから、能力はそこまで高くはないと考えるのが妥当だと思うけど、マイル以上の距離であれば比較的どのクラスであってもペースに極端な幅がない中京コースだと話は変わってくると思っています♪終いの決め手の部分に関しては上がり勝負にならない分速い脚が使えるかどうかは未知数だとしても、道中の比較的速いラップで追走しても勝ち上がるだけの時計で走ることが出来ているという”レースの流れにのる”という面では信頼度が高いんだ!中京の2000mでスローの上がり勝負ではない展開で勝った馬は今世代でも例外無しに重賞で活躍している馬ばかりで、それだけでも狙う価値があるから覚えておいて損はないと思うよ!

当週の追い切りは栗東の坂路で4ハロン53.2秒、ラスト2ハロン12.3-12.3秒を終い強めに計時してきました♪併せた僚馬に遅れちゃったし、まだ坂路ではちゃんと動ききれていないんだけど、1週前のコース追いでは不良馬場をものともせず、6ハロン79.3秒、ラスト1ハロン11.3秒を大外をまわって一杯に計時して、マテンロウオリオンに先着するという破格の時計と動きをマーク!徐々に締まった動きをしてきているし、ワンチャン勝ってもおかしくないと思います♪

【U-LINE】LINEでお友達登録するだけの簡単お手軽予想サイト♪

無料予想サイトまでログインして買い目を閲覧しにいくのが面倒くさい…

そんなあなたに朗報です♪

U-LINE

U-LINEなら、ラインでお友達登録するだけで買い目の公開をワンタップで閲覧可能!

競馬予想サイトはいっぱいあるし、どれを使ったらいいかわからないという意見を良く頂きます!毎週のように的中は出ていても、全てに目を通す機会や時間って結構もったいないでしょ?

メールアドレスの登録もないから、当たらなくてむかついたらブロックすればいいだけだし、簡単で気軽に参加できるU-LINEの無料予想なら、後腐れなく利用出来ると思います♪

みんなも試してみてね!

U-LINE

【U-LINE】を見る

うま吉の京都新聞杯の見解♪

■鉄板馬⇒メイショウラナキラ
■穴馬⇒ストップザタイム
■注⇒ポッドボレット

◎①メイショウラナキラ
○⑩ブラックブロッサム
▲⑪ヴェローナシチー
△③アスクワイルドモア
△⑨ボルドグフーシュ
△⑫ポッドボレット
☆④ストップザタイム

3連単1頭軸流し
軸:①
相手:③④⑨⑩⑪⑫
点数:30点

メイショウラナキラを本命とします♪

この枠で持ち味を活かすなら逃げる選択肢が最有力となるだろうし、前走は阪神での勝利だったけど、刻んだラップは中京や東京向きといえるものでしかも完勝だったから、同じ競馬をするだけでここも楽に勝てるんじゃないかなって思いました!

メイショウラナキラが勝つとするならば、中京らしいラップを刻むようなタフな展開になるはずで、相手筆頭はブラックブロッサムになるかな!前走の展開と馬場で手応えに余裕があったという信頼度はやっぱりここでも十分通用するものだと思います♪

アスクワイルドモアは変わってきていた前走の追い切りから大きく変化はないけど、徐々にギアの入りは速くなってきています!前走も位置取りがもう一列前なら勝っていたような伸び方をしていたし、その点を距離延長で補えれば面白い1頭です♪

ボルドグフーシュは前走は2400mで速い上がりをマークして勝ったけど、そこというよりも3着だった1勝クラスのパフォーマンスが高かったから評価しました♪道中のペースを考えればこの舞台でも終いに脚は使えることを間接的に証明しているようなものだからね!

ポッドボレットはメイショウラナキラが残る場合の前残りセットで3着くらいならありそうだなって思って選んだって感じかな♪

毎週土曜日の夜に追い切りやレースに関する考察などのツイキャスをやっています♪

目的別に無料予想を探す

買い目が無料
注目馬が無料
地方競馬が無料
当たる・儲かる予想
競馬無料予想

目的別に無料予想を探す

  • 買い目が無料
  • 注目馬が無料
  • 地方競馬が無料
  • 当たる・儲かる予想

カテゴリ

  • うま吉の2018年重賞&G1予想
  • うま子の複勝1点予想
  • うまじぃの今週の新馬戦診断
  • 海外競馬専門予想
  • うま吉の夏競馬専門予想
自然の風景
RANKING TOP3

優良競馬予想サイトランキング

1毎日情報

毎日情報

2アプリ

アプリ

3UMAチャンネル

UMAチャンネル
RANKING TOP3

優良競馬予想サイトランキング

1うまとみらいと

うまとみらいと

2あしたの万馬券

あしたの万馬券

3競馬大陸

競馬大陸

TOP