人生が変わる無料競馬予想。無料でここまで当たる!

競馬予想うま吉の鉄板穴馬マンガ倶楽部

うま泉教授の【朝日杯フューチュリティステークス】2020 レッドベルオーブの能力の高さを買う!

2020/12/19 - データと血統で当てる!うま泉教授の【本命・対抗馬予想】

うま泉

こんにちわ、うま泉です。重賞競走をいろいろな角度から紐解く、うま泉教授の知っておきたい競馬のツボ!過去のデータを中心に、予想する上で必ず押さえておきたいポイントを、分かりやすく解説。また競馬予想サイトの無料情報を元にした予想も、紹介していきたいと考えています。

阪神ジュベナイルフィリーズのレース回顧

朝日杯の前に、阪神ジュベナイルフィリーズを振り返っておこう。

ゴール前に4頭が殺到する大混戦を制したのは白馬のソダシ、無傷の4連勝で阪神ジュベナイルフィリーズを制し2歳女王に輝いた。

ハナ差の2着には、うま泉が推奨したサトノレイナス。3着にも逆転候補として取り上げた6番人気のユーバーレーベンが突っ込んできていたので、非常に悔やまれる一戦となった。

レースは好スタートからハナを奪った10番人気のヨカヨカが逃げる展開、ポールネイロンやエンシンヒテンも前にいたが、ハナを奪うというよりは上手く折り合おうとしていた。

展開は予想した通り、1000m通過が58.7秒の平均ペース。馬群も一段となって直線の叩き合いとなった。

詳しい内容が気になる方は、うま泉教授の【阪神ジュベナイルフィリーズ】2020 競馬予想をご覧ください。

勝ったソダシは前走のアルテミスステークスと同じように、先行策から上手く流れに乗って抜け出し、ゴール前に猛追されるも何とかハナ差押さえ、1着でゴール板を通過した。

差し切れなかった2着サトノレイナスの誤算は、直線に入ってから残り200mまで前が壁になって追えなかったことだろう。

追い出してからもソダシの外に持ち出せば差せたかもしれなかったが、内から差すのは厳しくハナ差まで追い詰めた所がゴールだった。

注目馬のコーナーで絶好の穴馬とお伝えしたユーバーレーベンは、メンバー最速の末脚で突っ込んで3着。前走は前残りの展開に泣いただけで、見事な巻き返しをみせてくれた。

出遅れて後方からの競馬になったメイケイエールが4着。大外を回ってココまでくるのは力のある証拠、マイル以上の距離もこなせそうなので、今後が楽しみ馬といえる。

翌年の桜花賞で、この順位がどう変わるのか、注目していきたいと思う。

2020 朝日杯フューチュリティステークス 出走予定馬!

それでは【朝日杯フューチュリティステークス】の話に入ろう。まずは出走予定の馬をみていこう。

第72回 朝日杯フューチュリティステークス
馬名 性齢 負担重量 厩舎
アスコルターレ 牡2歳 55.0 西村真幸
カイザーノヴァ 牡2歳 55.0 矢作芳人
グレナディアガーズ 牡2歳 55.0 中内田充正
ショックアクション 牡2歳 55.0 大久保龍志
ジュンブルースカイ 牡2歳 55.0 友道康夫
スーパーホープ 牡2歳 55.0 藤岡健一
ステラヴェローチェ 牡2歳 55.0 須貝尚介
テーオーダヴィンチ 牡2歳 55.0 岡田稲男
ドゥラモンド 牡2歳 55.0 手塚貴久
バスラットレオン 牡2歳 55.0 矢作芳人
ビゾンテノブファロ 牡2歳 55.0 小桧山悟
ピンクカメハメハ 牡2歳 55.0 森秀行
ブルースピリット 牡2歳 55.0 中内田充正
ホウオウアマゾン 牡2歳 55.0 矢作芳人
マーチリリー 牝2歳 54.0 杉浦充徳
モントライゼ 牡2歳 55.0 松永幹夫
レッドベルオーブ 牡2歳 55.0 藤原英昭
ロードマックス 牡2歳 55.0 藤原英昭

昨年は単勝オッズ2.0倍に支持されたサリオスが、1000m通過が57.2秒というハイペースを3番手から抜け出し、2歳のマイル王となった。

今年のメンバーを見てみると、新潟2歳ステークス[G3]を勝ったショックアクション。サウジアラビアRC[G3]のステラヴェローチェ、京王杯2歳ステークス[G2]のモントライゼにデイリー杯2歳ステークス[G2]のレッドベルオーブと、各重賞ウイナーが集結し世代のトップを決めるに相応しいメンバーが揃ったといえるだろう。

阪神ジュベナイルフィリーズは3連勝の2頭を中心に、そこに絡んでくる馬を見つける方向で予想を立ててきたが、朝日杯フューチュリティステークスは3勝馬が1頭もいないので、各重賞のレベルや横の比較を把握しないと、仕留めるのが難しいレースになりそうだ。

まずは地の利を知ることが大切なので、阪神競馬場の芝1600mのコースをおさらいしておこう。

2006年のコース改修が行われ、阪神競馬場の3、4コーナーは従来のコース(内回り)と新しく作られたコース(外周り)が存在する。

朝日杯フューチュリティステークスが行われる阪神の外周り芝1600mは、1週前に行われた阪神ジュベナイルフィリーズと同じコース。

内馬場の傷み具合やジョッキーのコース取りなどは、阪神ジュベナイルフィリーズのレースを見直すと分かりやすいだろう。

コース的な特徴を挙げておくと、外周りコースの直線は470m以上あり、ゴール前200mには高低差2.4mの急坂が待ち構えている。

またスタート位置から3コーナーまで直線が400m以上あるので、先行争いが激しくなることが少ないのも特徴といえるだろう。

今までの話で判断すると、逃げ馬、先行馬に不利なコースのように聞こえるだろう。

確かにスピードで押し切ろうとする馬には、阪神の外周りコースは厳しいコースといえるが、自分のペースで走ると強い馬にとっては、ペースが落ち着きやすいので好都合といえるだろう。

それでは今週も過去のデータや血統を基にして、朝日杯フューチュリティステークスの本命馬に対抗馬、そして穴馬を掘り下げていくので、うま泉の講義にしっかりとついてきて欲しい。

朝日杯FSの有力馬!レッドベルオーブ

☆レッドベルオーブ(藤原英昭厩舎)
レッドベルオーブ
前走のデイリー杯2歳ステークスを1分32秒4というレコードタイムで勝ったレッドベルオーブ。
レコードタイムでの勝利も注目だが、一番の注目ポイントは阪神競馬場で行われたことだろう。
今年は京都競馬場の改装工事の為、10月に開催される京都競馬が阪神で行われることになった。
普段は京都の芝1600mで行われるデイリー杯2歳ステークスが、今年は朝日杯フューチュリティステークスと同じ、阪神の芝1600mで行われたということになる。
レッドベルオーブも新馬戦、未勝利戦と左回りの競馬場でレースをしていただけに、前走は本番に向けて、良いリハーサルなったことは間違いないだろう。
1週前の追い切りは福永騎手が跨り栗東のCWコースでの併せ馬、エイカイファントムを0.4秒追走する形でスタートし、馬なりで5ハロンを68.9秒、ラスト1ハロンを12.4秒で駆け抜け0.2秒先着した。
前走の疲れも感じられず動きも軽快だったので、レースでも良い走りが期待できるだろう。
競馬の神様が教える不動の一頭!
    大川式的中必勝塾
大川式的中必勝塾
大川式の神髄が体験できる大川式的中必勝塾♪今なら限定100名にたった1点だけで勝つ喜びが味わえる特典が付いてくるよ!夢の帯封馬券だって完全無料で獲れるみたいだよ☆登録は無料、限定100名だから試してみたいは今すぐ登録だね!!
>>ここから無料登録<<

【ポイント①】データから紐解く朝日杯フューチュリティステークス!

昨年はデビューから3連勝で挑んだサリオスが噂に違わぬ強さを見せつけ快勝、翌年のクラシックでも注目を集める存在となった。

今年もサリオスのような、クラッシックで注目される馬が現れるか、過去10年のデータを基に傾向や対策を考えてみたいと思う。

レースを客観的に見ることで、今まで見えなかったレースの特徴が浮かび上がってくるので、予想する前の予習として参考にして欲しい。

キャリア(出走回数)2戦、3戦の馬に注目!

キャリア(出走回数)と成績
出走回数 成績 勝率 連対率 複勝率
1戦 1-0-0-3 25.0% 25.0% 25.0%
2戦 4-3-3-24 11.8% 20.6% 29.4%
3戦 3-4-2-38 6.4% 14.9% 19.1%
4戦 1-3-4-38 2.2% 8.7% 17.4%
5戦以上 1-0-1-30 3.1% 3.1% 6.3%

「キャリア(出走回数)と成績」の表は過去10年の朝日杯フューチュリティステークスで馬券圏内(3着以内)に好走した30頭の出走回数を調べたものになる。

先に伝えておくが、朝日杯フューチュリティステークスは2013年まで中山競馬場で行われていたレース。

2014年から現在の阪神競馬場で行われるようになったので、データも2010年から2013年は中山のデータ、2014年から2019年は阪神のデータとなるので注意して欲しい。

それではキャリアの話に戻ろう。安定して結果を出しているのはキャリア2戦から4戦の馬といっていいだろう。

勝ち馬で例外が2頭いるが、キャリア5戦で勝ったのは2012年のロゴタイプ。2012年は中山競馬場で行われていて、現在のように阪神競馬場で行われるようになった2014年以降で、キャリア5戦以上の馬は勝っていない。

逆にキャリア2戦で勝利したのは2015年のリオンディーズ。新馬戦を勝った1勝馬が、2番人気に支持されるほど高く評価されていた。

今年も1勝馬が登録しているので、この馬が上位人気になるようなら注意した方がいいかもしれない。

勝つなら前走1着が条件?!

前走着順と成績
前走着順 成績 勝率 連対率 複勝率
前走1着 10-5-8-61 11.9% 17.9% 27.4%
前走2着 0-2-1-23 0.0% 7.7% 11.5%
前走3着 0-0-1-7 0.0% 0.0% 12.5%
前走4着 0-1-0-6 0.0% 14.3% 14.3%
前走5着 0-0-0-8 0.0% 0.0% 0.0%
前走6着以上 0-2-0-28 0.0% 6.7% 6.7%

これは過去10年で3着以内に好走した30頭の前走着順を表にしたものである。

朝日杯フューチュリティステークスの過去10年の勝ち馬10頭は、10頭全てが前走1着になっていることが分かると思う。

2着、3着に好走する馬も、前走、馬券圏内(3着以内)に好走していた馬だということに気付くと思う。

予想を立てる基本的なコンセプトとして、前走の着順が4着以下(着外)からの巻き返しは難しいと考えていいだろう。

今年の出走予定馬で前走1着の馬は10頭いる。注目馬のコーナーで触れるが、気になる人は各自で調べてみるといいだろう。

2戦2勝のステラヴェローチェに注目!

☆ステラヴェローチェ(須貝尚介厩舎)
カフェファラオ
紹介してきた2つのデータをまとめると、キャリア2戦から3戦の馬が好走しやすい。
過去10年間の勝ち馬は、全て前走1着の馬だったということになる。
これらのデータに当てはまるのが、2戦2勝のステラヴェローチェ。前走の勝ちが重賞競走のサウジアラビアRC[G3]というのも心強い。
デビュー戦は阪神競馬場の芝1600m、2戦目も東京競馬場の芝1600mとマイル戦を2連勝。距離適性も申し分なく、2歳マイル王に一番近い存在といえるかもしれない。
1週前の追い切りは、横山典弘騎手が跨り栗東のCWコースを単走で追われた。馬なりで6ハロンを84.5秒、ラスト1ハロンを12.2秒で駆け抜けた。
土曜日には栗東の坂路コースで、4ハロンを59.4秒の時計をマーク。前走から少し間隔が空いたものの、順調な仕上がりをみせている。
状態も良さそうなので、データから狙うならステラヴェローチェが面白いだろう。
小点数で万馬券GET!
    令和ケイバ
令和ケイバ
自己資金が少なくても大幅な利益を確保できる環境を仕組化♪登録料・年会費はすべて完全無料!今なら厳選5点情報無料進呈中!!このチャンスをお見逃しなく!!!
>>ここから無料登録<<

【ポイント②】血が騒ぐ朝日杯フューチュリティステークス!

長い直線ならディープインパクト産駒

種牡馬と成績
種牡馬 成績 勝率 連対率 複勝率
ディープインパクト 3-1-2-4 30.0% 40.0% 60.0%
キングカメハメハ 1-2-0-4 14.3% 42.9% 42.9%

阪神の外周りコースの長い直線では、瞬発力を発揮する仔が多く輩出されるディープインパクトの活躍が目立つ。

2014年のダノンプラチナ、2016年のサトノアレス、2017年のダノンプレミアムと3頭の勝ち馬を出している。

2014年から阪神競馬場で行われるようになった朝日杯フューチュリティステークス、2014年以降の6年で3頭の勝ち馬を出しているので、注目した方がいいだろう。

ディープインパクト産駒に負けない成績を残しているが、キングカメハメハ産駒。

2015年に勝ったリオンディーズの種牡馬。キングカメハメハの血を引くホウオウアマゾンにも注目しておきたい。

切れる末脚が魅力ロードマックス!

☆ロードマックス(藤原英昭厩舎)
ゴールドドリーム
阪神競馬場で行われるようになった2014年以降に、3頭の勝ち馬を輩出しているディープインパクト産駒。
2年に1回勝っていることになり、昨年の勝ち馬サリオスはハーツクライ産駒なので、今年はディープインパクト産駒の勝つ可能性が高まったといえる。
ロードマックスの持ち味は切れのある末脚、前走の京王杯2歳ステークス[G2]では、直線で10頭以上の馬を交わして2着に突っ込んできている。
1週前の追い切りは岩田望来騎手が手綱を取って、栗東のCWコースで併せ馬を行なった。僚馬のサトノシリウスを0.6秒追走する形でスタートし、5ハロンを65.1秒で通過、直線で外から併せ仕掛けられると、ラスト1ハロンを12.0秒で駆け抜け併せた馬に0.6秒先着した。
併せた馬を一気に突き放す瞬発力。仕掛けられてからの反応も良いので、状態は前走以上といっていいだろう。
阪神の長い直線でも、この馬の末脚が爆発する可能性は高い。
ユーザー参加型の新型競馬サイト!!
    投稿!うまライブ!
投稿!うまライブ!
今熱い情報がどれなのか一目瞭然の的中ボイスを搭載♪今登録すれば「全額保障」に加え、5000円のポイントも貰えるよ☆さらに土日の無料情報も付いて、登録料・年会費・大会日は全て無料です♪このチャンスをお見逃しなく!!!
>>ここから無料登録<<

うま泉教授の朝日杯フューチュリティステークス注目馬

本日はうま泉がお勧めする注目馬を紹介しようと思います。人気馬から穴馬まで、展開を左右する馬や高配当の立役者となる馬など、レースのカギを握る馬を紹介していきます。

今年の朝日杯フューチュリティステークスは、先週の阪神ジュベナイルフィリーズと違って3勝馬が1頭もいない混戦状態。重賞を勝っている馬が3頭いるが、どの馬にもチャンスがあるレースといっていいだろう。

そこで今回は、いろいろな展開から見えてくる穴馬を探してみようと思う。展開1つで馬券に絡んでくるので、注意しておいた方がいいだろう。

今の馬場状態に合うドゥラモンド!

☆ドゥラモンド(手塚貴久厩舎)
ドゥラモンド
先週の阪神ジュベナイルフィリーズのレースを見ても分かるように、芝コースの内側が相当荒れており、芝がはげて土がみえる状態になっている。
4コーナーの勝負所や直線で内を狙うなら、はげた芝でも減速しないパワーが必要で、逆に芝の良い外を回るならコースロスを含め、1600m以上の距離をこなせるスタミナが必要になってくる。
ドゥラモンドは1800mの新馬戦を勝っているのでスタミナ面は問題ないだろう。
また新馬戦、前走のアスター賞と稍重の馬場で2連勝しており、時計勝負になるよりも今のような時計の掛かる馬場が得意だといえる。
馬場が気にならないタイプだと思うので、内枠に入ればさらにチャンスが広がるだろう。

マイペースの逃げならブルースピリット!

☆ブルースピリット(中内田充正厩舎)
ブルースピリット
先ほども話したように、今の阪神コースは内が荒れているので、仕掛けるのが難しいコースになっている。
簡単に説明すると、勝負所の3、4コーナーで外を回って仕掛けるということは、いつも以上のコースロスを覚悟しないといけないことになる。
各馬が仕掛けを遅らせ直線勝負に構えると、ペースは落ち着いてしまうので、坂のある阪神コースでも先行優位の展開が出来上がる。
前走の秋明菊賞を逃げて勝ったブルースピリット。一気のスピードでハナを切るのではなく、ジワっと押し出されるように逃げを打っている。
今回もこのような逃げが打てれば、仕掛け辛い展開と併せてスローに流れる公算が出てくる。
ブルースピリットも内枠を引くようなら、一発あるので注意したい1頭と考えたい。

末脚勝負なら一発あるテーオーダヴィンチ!

☆テーオーダヴィンチ(岡田稲男厩舎)
テーオーダヴィンチ
今までは展開がスローになる事を想定した逃げ・先行馬を取り上げてきた。今度は逆の方向も考えてみよう。
後方に位置取る馬が突き抜けるパターンは、スローペースの瞬発力勝負とハイペースで先行馬が総崩れになる2パターンだろう。
スローペースの瞬発力勝負は先行している馬も粘るので、中団ぐらいの差し馬が台頭してくる。
ハイペースで先行馬が総崩れになるパターンは稀だが、この展開になると最後方で待機していた馬が突っ込んでくる。
今回、ハイペースは考えづらいので、スローペースの瞬発力勝負が考えられる。
そこで浮上してくるのがテーオーダヴィンチ。
1勝馬の身だが前走の未勝利戦での末脚が鋭かった。同じ阪神の芝1600mで上り3ハロンを33.9秒で差し切っている。
これはデイリー杯2歳ステークスをレコードで勝ったレッドベルオーブよりも速い。
人気馬が勝ちを急いで仕掛けが早まるようなら、テーオーダヴィンチの末脚がさらに生きるだろう。

今回は3頭の穴馬を紹介してきたが、展開によって狙える穴馬も変わってくる。

朝日杯フューチュリティステークスを制して、2歳マイル王に輝くのは人気馬がそれとも穴馬か、土曜日の朝までには最終結論を公開しますので、楽しみにしていて欲しい。

【RED(レッド)】無料情報で万馬券的中!!

REDは豊富な情報に対して、厳しいチェックをクリアした厳選情報を配信することで、結果を積み上げてきた競馬サイトだね☆

今登録すると毎週、厳選された買い目情報に、現金10000円相当のポイント付与など、豪華5大特典がプレゼントされるビックチャンス!

登録は無料だから、試してみたい人は豪華5大特典がプレゼントされる今がチャンスだよ♪このチャンスを逃さないでねo(^-^)o

RED

12月12日の土曜日に配信された無料情報、中京3Rの3歳上1勝クラスで万馬券的中していたから紹介するね!!

RED

レースはルメール騎乗で1番人気に支持された14番のアーマーバローズ、当日は馬体重がマイナス10キロだったけど、2番手から抜け出しそのまま押し切り1着でゴール☆2着に4番手から雪崩れ込んだ9番人気の13番ディーズローリエ、3着には中団から差してきた2番人気の7番ヴァンデリオンが入り、三連単14→13→7で決まり、1万4,250円の万馬券的中だねo(^-^)o

馬体重が10キロ減っていると馬券的に買い辛いものがあるけど、RED(レッド)は三連単の1着固定で配信しているってことは、10キロも織り込み済みで走るっていう情報を掴んでいたみたいだね!

1点500円推奨で三連単1万4,250円的中だから払い戻しは7万1,250円だね♪

無料情報で5万円以上儲かるなら、登録だけでもしておいた方がお宝情報がゲットできるよね(^_^)/登録は無料だから安心だね☆

RED

今なら毎週、厳選された買い目情報に、現金10000円相当のポイント付与など、豪華5大特典がプレゼントされるよ!
登録は無料だから、無料情報だけでも試してみる価値はあると思うよ(^-^)/

RED

RED(レッド)を見る

うま泉教授の朝日杯フューチュリティステークスの見解

■本命馬⇒レッドベルオーブ
■穴馬⇒テーオーダヴィンチ
■対抗馬⇒ホウオウアマゾン

◎⑧レッドベルオーブ
○⑬ホウオウアマゾン
▲⑤ドゥラモンド
△⑮ロードマックス
△⑭モントライゼ
△⑯スーパーホープ
△⑫ジュンブルースカイ
☆⑨テーオーダヴィンチ

3連単フォーメーション
1着馬:⑧
2着馬:⑬⑤⑮⑨⑭
3着馬:⑬⑤⑮⑨⑭⑯⑫
点数:30点

3連単フォーメーション
1着馬:⑬
2着馬:⑧
3着馬:⑤⑮⑨⑭⑯⑫
点数:6点

合計点数:36点

枠順が確定し今年の朝日杯フューチュリティステークスをどう紐解けばいいのか、いろいろと考えてみた。

簡単にいってしまうと、阪神の芝1600mのデイリー杯2歳ステークスをレコードで勝ったレッドベルオーブが、同じだけ走ってしまえばココも勝ってしまう。

レースをよくみると、レッドベルオーブはスタート直後に掛かってしまい、3コーナーまで鞍上の福永騎手とケンカしていた。

息の入らなかった前走でも、34.0秒の脚で内から差し切ったのだから、能力は相当なものだといっていいだろう。

問題は、今回折り合うのかということ?

朝日杯もデイリー杯2歳ステークスと同じように緩い流れになる可能性が高いので、折り合いに苦労することは間違いないだろう。

ただ苦労したとしても前走のような脚が使えるし、仮に折り合ってしまったら突き抜ける可能性まで考えられる。

逆転候補をいろいろと考えてみたが、高配当を狙うならアタマからではなく2着、3着のヒモ荒れを狙う方がいいだろう。

1頭だけ逆転候補として挙げておくのがホウオウアマゾン。新馬戦からマイルに拘っているだけに、この距離に自信をもっているんだろう。

前走のデイリー杯2歳ステークスは休み明けでプラス12キロの馬体重、これでレッドベルオーブとアタマ差の競馬をしたのだから、仕上がっていればもっと際どいレースになるだろう。

注目馬のコーナーで紹介したドゥラモンドは内も狙えるし、外を回るだけのスタミナを備えており、鞍上の武騎手がどう乗るか注目の1頭。

前残りだった京王杯2歳ステークスで、後方から追い込んできたロードマックス。展開次第では藤原英昭厩舎の親子丼も馬券的には面白い。

最後に挙げるのはテーオーダヴィンチ、阪神の芝1600mの未勝利で上り33.9秒で差し切っており、瞬発力勝負になればチャンスが出てくる。

人気がないので思い切って内を突いたら、1番人気からでも魅力的な馬券になるだろう。

目的別に無料予想を探す

買い目が無料
注目馬が無料
地方競馬が無料
当たる・儲かる予想
競馬無料予想

目的別に無料予想を探す

  • 買い目が無料
  • 注目馬が無料
  • 地方競馬が無料
  • 当たる・儲かる予想

カテゴリ

  • うま吉の2018年重賞&G1予想
  • うま子の複勝1点予想
  • うまじぃの今週の新馬戦診断
  • 海外競馬専門予想
  • うま吉の夏競馬専門予想
自然の風景
RANKING TOP3

優良競馬予想サイトランキング

1毎日情報

毎日情報

2アプリ

アプリ

3UMAチャンネル

UMAチャンネル
RANKING TOP3

優良競馬予想サイトランキング

1うまとみらいと

うまとみらいと

2あしたの万馬券

あしたの万馬券

3競馬大陸

競馬大陸

TOP