人生が変わる無料競馬予想。無料でここまで当たる!

競馬予想うま吉の鉄板穴馬マンガ倶楽部

うま泉教授の【チャンピオンズカップ】2020 競馬予想 最終決断!買い目情報更新!!

2020/12/05 - データと血統で当てる!うま泉教授の【本命・対抗馬予想】

うま泉

こんにちわ、うま泉です。重賞競走をいろいろな角度から紐解く、うま泉教授の知っておきたい競馬のツボ!過去のデータを中心に、予想する上で必ず押さえておきたいポイントを、分かりやすく解説。また競馬予想サイトの無料情報を元にした予想も、紹介していきたいと考えています。

ジャパンカップのレース回顧

まずはジャパンカップを振り返っておこう。

3強対決を制したのは1番人気のアーモンドアイでした。好スタートから好位の内でしっかりと折り合い、直線は馬場の良いところ出して追われ、コントレイルの追撃を封じ1着でゴール板を駆け抜けました。

私がレースを見て感じたのは、引退を表明していたアーモンドアイに、天が味方してくれたレースでした。

まず3強の中で一番内の2枠2番を引いたことで、一番前で競馬ができるようになった。

次に内枠を引いたので、道中は馬場の良い所を選んで走ることができた。

レースもキセキが大逃げを打ったことで縦長の展開になったことで、後続馬が早仕掛けできなくなり、展開もアーモンドアイに味方する形になった。

これらのチャンスを最大限に生かして勝つのですから、さすがG1競走を8勝した現役最強馬の底力をみせつけられるレースでした。引退は寂しいですが、G1競走9勝の血を後世に残しいって貰いたいです。

期待したコントレイルは2着、メンバー最速の上りで追い込んだのですが、あと少し及びませんでした。

スタートしてからデアリングタクトが後方に引かなかったので、コントレイルの位置取りが中団後方、3強の中で一番後ろに位置になってしまったのは痛がった。

それでも外から追い込んで2着までくるのだから、3冠馬として力はみせたといえるだろう。

2着のコントレイルも3着のデアリングタクトも3歳馬、これからまだまだ強くなります。どんな名馬になっていくのか、今後の走りに期待しましょう。

2020 チャンピオンズカップ 出走予定馬!

それでは次週に行われる2020【チャンピオンズカップ】の話に入ろう。まずは出走予定の登録馬からみていこう。

第21回 チャンピオンズカップ
馬名 性齢 負担重量 厩舎
アナザートゥルース セ6歳 57.0 高木登
アルクトス 牡5歳 57.0 栗田徹
インティ 牡6歳 57.0 野中賢二
エアアルマス 牡5歳 57.0 池添学
エアスピネル 牡7歳 57.0 笹田和秀
カフェファラオ 牡3歳 56.0 堀宣行
クリソベリル 牡4歳 57.0 音無秀孝
クリンチャー 牡6歳 57.0 宮本博
ゴールドドリーム 牡7歳 57.0 平田修
サトノギャロス 牡4歳 57.0 西園正都
サトノティターン 牡7歳 57.0 堀宣行
サンライズノヴァ 牡6歳 57.0 音無秀孝
タイムフライヤー 牡5歳 57.0 松田国英
チュウワウィザード 牡5歳 57.0 大久保龍志
デュードヴァン 牡3歳 56.0 加藤征弘
メイショウワザシ 牡5歳 57.0 南井克己
モズアスコット 牡6歳 57.0 矢作芳人
ヨシオ 牡7歳 57.0 森秀行

まずは注目を集めそうな人気馬の動向をおさらいしよう。今年からダートに路線を変更し、僅か2戦でフェブラリーステークスを制したモズアスコット。マイル戦を得意としているだけに、1800mの距離にどう対応するかがポイントになるだろう。

若い3歳世代からはダートの登竜門といわれるユニコーンステークスを勝利したカフェファラオ。古馬との初対決となった前走のシリウスステークスは、中団から差し切り古馬一蹴。まだまだ成長途中、どこまで強くなるのか注目したい。

2019年にチャンピオンズカップを制したクリソベリル。今年は帝王賞、前走のJBCクラシックと連勝。540キロを超える馬体がさらにパワフルになっており、連覇を狙っての挑戦となる。

前走の南部杯を制し、ダートの頂点が見えてきたアルクトス。中京のダート重賞プロキオンステークスを勝っており、コース適性もあるので要注意の1頭といえるだろう。

その他にも武蔵野ステークスで豪快な差し切り勝ちをみせたサンライズノヴァ、みやこステークスを勝利して勢いにのるクリンチャー、G1タイトルまであと一歩の所まできているチュウワウィザードなども侮れない。

フェブラリーステークスを勝ったモズアスコットを筆頭に、ダートの猛者たちが頂点を目指すチャンピオンズカップ。秋のダート王決定戦に相応しいメンバーが、中京のダート1800mに集結したといえるだろう。

チャンピオンズカップの有力馬!

☆クリソベリル(音無秀孝厩舎)
クリソベリル
ディフェンディングチャンピオンのクリソベリル、連覇を狙って参戦してきた。
春に海外遠征しサウジカップで7着に敗れたが、国内では8戦8勝の負け知らず。中央所属の馬でありながら、中央の3戦3勝に対し地方は5戦5勝と地方競馬を得意としている。
地方の方が走るようなイメージたが、中央のダートも負けしらず。昨年のこのレースを勝っているように、スピードが問われる中央のダートもこなしてしまう。
1週前の追い切りは川田騎手が手綱を取り、栗東の坂路コースで併せ馬を行なった。4ハロンを52.6秒で通過し、後半は一杯に追われラスト2ハロンを12.6秒-12.4秒で駆け抜け、併せた馬と併入。前走のJBCクラシックの疲れもなく順調な仕上がりをみせている。
昨年よりもひと回りパワーアップしたクリソベリル、現時点での国内最強ダート馬といって間違いないないだろう。
小点数で万馬券GET!
    令和ケイバ
令和ケイバ
自己資金が少なくても大幅な利益を確保できる環境を仕組化♪登録料・年会費はすべて完全無料!今なら厳選5点情報無料進呈中!!このチャンスをお見逃しなく!!!
>>ここから無料登録<<

【ポイント①】データから紐解くチャンピオンズカップ!

設立当初のチャンピオンズカップは、ジャパンカップダートという名称で行われていた。

チャンピオンズカップと名称が変わり中京競馬で行われるようになったのは2014年からで、データも2014からの過去6年のデータを基にして傾向をみていこう。

コースの特性やジンクスなど、目には見えないレースの特徴が浮かび上がってくるので、予想する前の予習として参考にして欲しい。

若い3歳馬か、熟年の6歳馬か!

年齢と成績
年齢 成績 勝率 連対率 複勝率
3歳 2-1-0-8 18.2% 27.3% 27.3%
4歳 1-0-1-22 4.2% 4.2% 8.3%
5歳 1-2-3-14 5.0% 15.0% 30.0%
6歳 2-3-1-15 9.5% 23.8% 28.6%
7歳以上 0-0-1-16 0.0% 0.0% 5.9%

過去6年の勝ち馬の年齢をみてみると、2018年のルヴァンスレーヴ、昨年のクリソベリルと3歳馬が2勝。

これに並ぶのが6歳馬で、2015年のサンビスタ、2016年のサウンドトゥルーの2勝となっている。

近年は3歳馬の活躍が目立つので、若返りの傾向が出ているといっても良いかもしれない。

データを見ても分かるように、サラブレッドにとって完成されるといわれる4歳馬よりも、6歳馬、5歳馬の方が好走している馬が多い。

ダート戦では円熟味がある馬の方が好走しやすことは覚えておこう。

8番人気が強いチャンピオンズカップ!

人気と成績
性齢 成績 勝率 連対率 複勝率
1番人気 1-3-0-2 16.7% 66.7% 66.7%
2番人気 2-0-0-4 33.3% 33.3% 33.3%
3番人気 0-1-3-2 0.0% 16.7% 66.7%
8番人気 1-2-0-3 16.7% 50.0% 50.0%

過去6年で馬券圏内(3着以内)に好走した18頭の人気を調べてみると、8番人気の馬の好走率が高いことがわかった。

8番人気で馬券に絡んだ3頭は、2014年に2着したナムラビクター。2017年に勝ったゴールドドリーム。2018年に2着に入ったウェスタールンドの3頭。

過去6年で、3頭の8番人気が2着以内に入っているので連対率は50パーセント。2年に1度は8番人気が馬券に絡んできている。

昨年のチャンピオンズカップで8番人気だったタイムフライヤーは8着に敗れているので、今年は8番人気が馬券に絡む年かもしれない。

注目の3歳馬カフェファラオ!

☆カフェファラオ(堀宣行厩舎)
カフェファラオ
3歳ダート重賞の登竜門といわれるユニコーンステークスを勝った期待の新星。
大井のジャパンダートダービーは、地方の深いダートに加え、重馬場といったコンディションで力が出せず7着と敗れてしまったが、中央では前走のシリウスステークスを含め4戦4勝と負けてない。
チャンピオンズカップのステップレースとして、中京コースで行われるシリウスステークスを選んだのも、本番を見据えてのことだろう。
先週は美浦のウッドコースで併せ馬を行なったカフェファラオ。僚馬のポンテザールを0.6秒追走する形でスタートし、直線で内から併せ追い出すとラスト1ハロンを12.1秒で駆け抜け、併せた僚馬に0.2秒先着した。休み明けを一度使った効果が出ていて、力強く動きもシャープだった。
2018年のルヴァンスレーヴ、昨年のクリソベリルと近2年は3歳馬が勝利している。今年も3歳馬が勝つのか注目したい。
ユーザー参加型の新型競馬サイト!!
    投稿!うまライブ!
投稿!うまライブ!
今熱い情報がどれなのか一目瞭然の的中ボイスを搭載♪今登録すれば「全額保障」に加え、5000円のポイントも貰えるよ☆さらに土日の無料情報も付いて、登録料・年会費・大会日は全て無料です♪このチャンスをお見逃しなく!!!
>>ここから無料登録<<

【ポイント②】血が騒ぐチャンピオンズカップ!

ダート戦ならゴールドアリュール産駒

種牡馬と成績
種牡馬 成績 勝率 連対率 複勝率
ゴールドアリュール 2-1-1-9 15.4% 23.1% 30.8%
シンボリクリスエス 1-0-1-2 25.0% 25.0% 25.0%
フレンチデピュティ 1-0-1-1 33.3% 33.3% 33.3%

ダート界で多くの活躍馬を輩出しているのが、ゴールドアリュール産駒。高いスピード能力を備えた馬が多く、1600m~2000mぐらいで活躍する馬が多い。

2017年に勝ったゴールドドリーム、昨年のクリソベリルがゴールドアリュール産駒で、今年も走りそうな予感がしてならない。

その他ではスタミナに優れた馬を出しやすいシンボリクリスエス産駒やフレンチデピュティ産駒も、好成績を残しているので注意したほうがいいだろう。

ゴールドアリュール産駒の傑作!

☆ゴールドドリーム(平田修厩舎)
ゴールドドリーム
2017年にチャンピオンズカップを勝っている、ゴールドアリュール産駒のゴールドドリーム。
フェブラリーステークス、かしわ記念、帝王賞など、数々のダートG1を制しているダート界のレジェンド。
今年で7歳となるが、昨年のチャンピオンズカップも2着と好走しており、衰えは感じられない。1600m、1800mといった距離では抜群の力を発揮する馬なので、7歳馬でも注意しなければいけない馬だろう。
1週前の追い切りは和田竜二騎手が手綱を取り、栗東のCWコースを単走で追われた。6ハロン通過が81.2秒、外ラチ一杯を走り直線も一杯に追われ、ラスト1ハロンを11.8秒で駆け抜けた。
長めからしっかりと追われラスト1ハロンも11秒台、パワフルなフットワークで良い伸びをしていた。
休み明けとなった前走の南部杯は6着に敗れているが、叩き良化型のタイプなので心配ないだろう。もうひと花咲かせようと、虎視眈々と狙っている。

【ポイント③】中京コースの特徴と狙い目!

狙いは直線一気の追い込み馬!

脚質と成績
脚質 成績 勝率 連対率 複勝率
逃げ 0-0-2-4 0.0% 0.0% 33.3%
先行 3-4-3-17 11.1% 25.9% 37.0%
差し 1-1-1-27 3.3% 6.7% 10.0%
追い込み 2-2-1-27 6.3% 12.5% 15.6%

2012年3月のリニューアルオープンした中京競馬場。従来の中京コースは直線が短く平坦で、スピード重視のコースをしていた。

リニューアルオープン後は直線に急坂が設けられ、中山競馬場や阪神競馬場に負けないほどタフなコースへと生まれ変わった。

過去6年で逃げて勝った馬は1頭もおらず、逃げて馬券に絡んだのは2017年のコパノリッキーと、昨年3着に粘り込んだインティの2頭だけとなっている。

データ的には先行馬が優位だが、穴馬を狙うなら追い込む馬がお勧めといえる。

2016年に6番人気で勝ったサウンドトゥルーは4コーナー13番手、2017年に8番人気で勝ったゴールドドリームも4コーナー11番手の位置取りだった。

また2017年に8番人気で2着にきたウェスタールンドは道中離れた最後方、4コーナーで13番手から追い込み2着に突っ込んできている。

勝ち馬を探すなら先頭集団を射程圏における先行馬、穴馬を狙うなら直線一気の追い込み馬が狙い目といえるだろう。

パワーのいる中京コースで末脚炸裂!

☆モズアスコット(矢作芳人厩舎)
モズアスコット
今年からダートに路線を変更しフェブラリーステークスを制覇。芝のレースを使っていた時も、4歳で安田記念を制するなどかなりの切れものだった。
前走の武蔵野ステークスは59キロを背負ってのレースだったので7着に敗れたが、57キロの今回は前走以上の走りが期待できるだろう。
中間は11月の1週目に栗東の坂路コース一杯に追われ4ハロンを52.5秒。2週目も坂路でしっかり追われ4ハロンを51.3秒と好時計をマーク。2週連続で負荷を掛け、元気一杯の走りをしているので、順調な仕上がりをみせている。
東京コースで2勝しているように、左回りが得意のモズアスコット。春秋ダートG1制覇に向けて、自慢の末脚が炸裂するだろう。
365日!毎日貰える無料情報
LAP競馬
LAP競馬
各予想ファクターのプロ馬券師が監修が務め、弊社オリジナルのLAP指数で最終精査☆少点数でも高額配当の的中が狙える実力派情報サイトだね! 登録は無料で今なら平日は地方、週末は中央競馬を対象に365日、毎日無料情報が提供されるから、このチャンスを逃さないでね!!
>>ここから無料登録<<

うま泉教授のチャンピオンズカップ注目馬

本日はうま泉がお勧めする注目馬を紹介しようと思います。人気馬から穴馬まで、展開を左右する馬や高配当の立役者となる馬など、レースのカギを握る馬を紹介していきます。

うま泉がチャンピオンズカップで注目しているのは、レース展開!

データを見ると先行馬と追い込み馬が好成績を残しているが、これは展開が大きく関わっていると思っている。

昨年は3番人気のインティが内枠を生かして逃げ、1000m通過が1分0秒8というスローペースに持ち込み、3着に粘り込んでいる。

勝ったクリソベリルは3番手から、2着のゴールドドリームも4番手から競馬をしており、追い込んだ馬ではキングスガードの5着が精一杯だった。

今年もインティがいるので、逃げてスローペースという展開を考えてもいいが、今年は昨年ほど楽には逃げられないだろう。

何故かというと、前走の南部杯で逃げたインティをアルクトスが2番手でマークし、そのまま直線抜け出して勝っているからである。

騎手の心理として、インティが逃げるなら前走と同じように、後続馬が差してくる前に先に抜け出して、アドバンテージを作っておこうと思うだろう。

東海ステークスでインティを破っているエアアルマスも、アルクトスと同じことを考える。

この場合は先行馬が早めに仕掛ける程度なので、平均ペースぐらいで流れることになるだろう。

ではインティが逃げなかった。逃げられなかった場合はどうだろうか?

インティ以外で逃げたい馬がいるなら、武蔵野ステークスで逃げたメイショウワザシだろう。

こうなると展開はさらに速くなると思っている!直線の瞬発力勝負では厳しい馬たちが、早仕掛けをするようになるからだ。

3コーナーから一気にペースが上り、先行していた馬も突かれたくないのでペースアップ。3、4コーナーで脚を使わされる訳だから直線で苦しくなり、後方で待機していた追い込み馬の出番になる。

今年もレースの展開を握る馬はインティだと思っていいだろう。枠順が確定した時に、インティがどの枠に入っているか注目して欲しい。

昨年と同じように内枠で逃げられるなら平均ペース。インティが外枠に入って逃げられないようだと、各馬のペースが乱され、追い込み馬が台頭する競馬になるだろう。

いい脚が長く使えるクリンチャー

☆クリンチャー(宮本博厩舎)
クリンチャー
前走のみやこステークスは、3番手から強気の競馬で後続の馬を捻じ伏せ、重賞初勝利を飾ったクリンチャー。
瞬発力に優れているというよりも、いい脚を長く使えるタイプの馬なので、普段は中団から後方で待機して、3、4コーナーで一気に仕掛ける競馬を得意としている。
人気を集めそうな馬に先行馬が多いので、展開がクリンチャーに味方する可能性があるので注目している。
最終調教はいつものように栗東の坂路コースを単走で追われ、4ハロン通過が52.2秒。馬なりのままラスト2ハロンを12.4秒-12.7秒で駆け抜けた。
前走のみやこステークスの最終追い切りよりも4ハロンで0.6秒速い時計で走っており、前走よりも状態がいいのは間違いないだろう。
直線でスピードよりもスタミナが問われる展開になれば、念願のG1勝利もみえてくるだろう。

【RED(レッド)】大本線の三連単的中で100万超え!!

REDは豊富な情報に対して、厳しいチェックをクリアした厳選情報を配信することで、結果を積み上げてきた競馬サイトだね☆

今登録すると毎週、厳選された買い目情報に、現金10000円相当のポイント付与など、豪華5大特典がプレゼントされるビックチャンス!

登録は無料だから、試してみたい人は豪華5大特典がプレゼントされる今がチャンスだよ♪このチャンスを逃さないでねo(^-^)o

RED

11月29日の日曜日に配信された東京2Rの2歳未勝利で、高額万馬券を大本線でしていたから紹介するね!!

RED

レースは東京の直線を生かした差し比べとなり、中団で虎視眈々と抜け出すタイミングを計っていた、2番人気の6番ジュリオが後続の追撃を退けて1着☆2着には後方からメンバー最速の末脚で追い込んできた6番人気の16番ドラミモン、3着は先行して粘り込んだ9番人気の18番マイネルレイヨンが入り、三連単6→16→18で決まり、9万1,120円の高額万馬券的中だねo(^-^)o

RED(レッド)の凄い所は大本線の2点で的中させているよね!さらに押さえでも当たっているから合計1300円の的中☆三連単9万1,120円の1300円的中だから、払い戻しは118万4,560円だね(゚д゚;)

1レースで100万超えの帯封ゲットだね!軸馬に推奨される馬はいくものチェック項目をクリアした優秀馬!人気は無くても実力は折り紙つきだから安心だねd(^_^)

RED

今なら毎週、厳選された買い目情報に、現金10000円相当のポイント付与など、豪華5大特典がプレゼントされるよ!
登録は無料だから、無料情報だけでも試してみる価値はあると思うよ(^-^)/

RED

RED(レッド)を見る

うま泉教授のチャンピオンズカップの見解

■本命馬⇒クリソベリル
■穴馬⇒チュウワウィザード
■対抗馬⇒クリンチャー

◎⑮クリソベリル
○⑪チュウワウィザード
▲②ゴールドドリーム
△⑦カフェファラオ
△⑧サンライズノヴァ
△⑫モズアスコット
△④エアアルマス
☆⑤クリンチャー

3連単フォーメーション
1着馬:⑮
2着馬:⑤⑪②⑦
3着馬:⑤⑪②⑦⑧⑫④
点数:24点

3連単フォーメーション
1着馬:⑤⑪
2着馬:⑮
3着馬:⑤⑪②⑦⑧⑫④
点数:12点

合計点数:36点

今週は2020年のダート王決定戦といえるチャンピオンズカップ。注目馬のコーナーで展開の話をしてきたので、展開を考えながらうま泉の本命馬や対抗馬、穴馬の説明をしていきたいと思う。

まずはうま泉の本命馬について話そう。軸馬は昨年の覇者クリソベリル、春は海外遠征で世界最強馬が集うサウジカップで7着となったが、帰国してからは帝王賞、JCBクラシックと連勝。今年のメンバーをみても、3歳馬以外は既に倒してきたメンバーなので、この馬の中心は揺るがないと考えている。

では展開をみていこう。注目馬の所でも話したように、今年もインティが逃げるのかという話をしたが、インティは7枠13番を引いてしまった。この枠だと無理して逃げずに、3番手ぐらいからの競馬になるだろう。

インティが逃げないとなると、逃げるのは2枠3番のメイショウワザシが逃げるか、5枠9番のアルクトスも行こうと思えばいけるだろう。

注目馬のコーナーでインティが逃げなければ、展開が速くなる可能性が出てくると話したが、クリソベリルが外枠に入ったことで、展開が落ち着く可能性が出てきた。

展開予想の時は人気馬が馬群の内側で抜け出せない状態を逆手にとって、後方にいた馬が早仕掛けをすることでペースが乱れ、追い込み馬が届く展開になると話したと思う。

しかしクリソベリルが外枠に入ったことで、早仕掛けする馬はクリソベリルを捲らないといけないことになる。

もう少し詳しく話すと、仕掛けた馬に対してクリソベリルが併せた場合、仕掛けた馬は3、4コーナーで大外を走り続けることになる。当然、捲りきる前にスタミナを消耗してしまい、直線で失速する可能性が高くなるということだ。早仕掛けする馬も、玉砕覚悟で行かないと捲るのも厳しいだろう。

今までの話をまとめると展開は、メイショウワザシの作るペースで流れ、クリソベリルがいるので、早仕掛けしたい馬も動くに動けず、ペースは落ち着いた流れになると考えている。

ペースが落ち着くならコースロス走る内側の馬は展開的に優位になるので、穴馬は内枠の馬を狙ってみる。

逆転候補に挙げるのはクリンチャー。強気に先行して、そのまま押し切る強い内容。今回も後方に下げず前走のような競馬ができれば、内枠を利して逆転の可能性もあるとみている。

安定感抜群のチュウワウィザード、叩き良化型のゴールドドリーム、距離を克服したカフェファラオが2着候補。

穴馬は後方から追い込んでくるサンライズノヴァとモズアスコット、順調に使えればこの舞台でも勝負になるエアアルマス。

目的別に無料予想を探す

買い目が無料
注目馬が無料
地方競馬が無料
当たる・儲かる予想

必見の記事!

2021/4/25の複勝1点予想
競馬無料予想

目的別に無料予想を探す

  • 買い目が無料
  • 注目馬が無料
  • 地方競馬が無料
  • 当たる・儲かる予想

カテゴリ

  • うま吉の2018年重賞&G1予想
  • うま子の複勝1点予想
  • うまじぃの今週の新馬戦診断
  • 海外競馬専門予想
  • うま吉の夏競馬専門予想
自然の風景
RANKING TOP3

優良競馬予想サイトランキング

1毎日情報

毎日情報

2アプリ

アプリ

3UMAチャンネル

UMAチャンネル
RANKING TOP3

優良競馬予想サイトランキング

1うまとみらいと

うまとみらいと

2あしたの万馬券

あしたの万馬券

3競馬大陸

競馬大陸

TOP