人生が変わる無料競馬予想。無料でここまで当たる!

競馬予想うま吉の鉄板穴馬マンガ倶楽部

富士ステークス2021【穴馬&鉄板馬予想】買い目情報、更新♪

2021/10/22 - うま吉の今週の【穴馬】予想!!

うま吉

うま吉が不定期でお届けする【穴馬予想】&【鉄板馬予想】だよ♪
うま吉の渾身の予想を披露しちゃうからね!競馬予想サイトの無料情報を元にした予想も紹介できたらいいな♪

今回は2021【富士ステークス】です!

富士ステークスの過去のデータ

まずは富士ステークスのデータを見てみようかな♪
東京競馬場で開催された過去10回分のものとなります♪

人気と連対率

▶1番人気【3-1-0-6】連対率40%
▶2番人気【3-0-1-6】連対率30%
▶3番人気【1-4-1-4】連対率50%
▶4番人気【1-2-1-6】連対率30%
▶5番人気【2-0-3-5】連対率20%
▶6~9番人気【0-2-1-37】連対率5%
▶10番人気下【0-1-3-62】連対率1%

年齢

▶3歳【3-2-2-31】連対率13%
▶4歳【5-4-2-12】連対率39%
▶5歳【2-3-6-32】連対率11%
▶6歳【0-1-0-33】連対率2%
▶7歳上【0-0-0-18】連対率0%

前走レース

▶京成杯AH【2-3-1-25】連対率16%
▶安田記念【1-2-0-7】連対率30%
▶ヴィクトリア【1-0-2-0】連対率33%
▶ポートアイランド【1-0-0-19】連対率5%
▶毎日王冠【1-0-0-4】連対率20%

脚質

▶逃げ【0-0-0-10】連対率0%
▶先行【4-3-4-28】連対率17%
▶差し【5-4-3-48】連対率15%
▶追込【1-3-3-40】連対率8%

うま吉

過去10年の傾向♬
以前まではG3で開催されていたレースで、昨年からG2に格上げされました♪春開催の東京と比べて芝丈が長くクッション性に優れた馬場になっているから、時計がかかりやすくなっています!メンバーレベルが極端に上がったというわけではないけど、G2開催になった昨年は、かなりのハイペースでラスト2ハロンが12秒台という特殊なラップを刻んでいるから、傾向が変わった可能性があって、データを鵜呑みにするのも良くないのかなとは思います!スローからの瞬発力勝負にはならないけど、春のような前残りの馬場ではないです♪
勝ち馬は5人気以内から♪
実力どおりに決着しやすいコースだし、今年のメンバーを見る限り、二桁人気の馬の台頭はちょっと難しいと思います♪データから判断すると、1着に関しては5番人気以内から。2着に関しても7頭が5人気以内から出ているし、基本的には連に絡むのは上位人気に推された馬という認識で良いと思います!二桁人気の馬が3年連続で好走し続けた時もあるけど、近年は中穴人気すらなかなか馬券に絡めていないし、ここ3年連続で6人気以内で決着しているように、メンバーレベルが上がってさらに人気決着に拍車をかけそうだね!
6歳以上は消し♪
過去10年で勝利した馬は全て5歳以下の若い馬となっていたよ!6歳以上で好走した馬はたったの1頭しかいないし、不良馬場だった年を除くと、良馬場開催が多かった近年は6歳以上の馬は馬券にすら絡んでいない状況♪高いスピード能力と持続力が求められるレースだから、必然的に少し衰えが見え始める高齢馬は、ちょっと分が悪いんだろうね~!割と3歳の活躍が目立つレースで、東京のマイルが合いそうな馬は無条件で選んでいいと思います♪
前走は不問かな♪
過去好走した馬の前走で活躍が目立つのはヴィクトリアマイルからの臨戦過程くらいで、馬券内に来た数が多い京成杯AHもそこまで相性が良いわけではありません!それよりも前走で1着だった馬がここでも馬券に絡んだというのは過去30頭のうちたったの5頭しかいないんだよね!前走1着で好走した馬5頭のうちの3頭が左回りのマイルの重賞で1着だったという共通点があって、それ以外はすべて条件好転からの巻き返しでの好走だから、そこは念頭においておくと良いと思います~
差し馬が優位のレース♪
逃げ馬は1頭も馬券に絡んでいないし、ここ3年連続で上がり最速をマークした馬が連に絡んでいるように、決め手を持っている馬がしっかり結果を残しているレースだよ!今年に関して言えば、先行脚質の馬に強い馬が揃っていて、差しが決まりやすい馬場でなおかつ全体時計もそこまで速くならないというところを考えると、ある程度の持ち時計を持っている後方一気の人気の無い馬の台頭が十分考えられるかなと思います~サトノウィザードはかなり面白い1頭です!

富士ステークスで好走が期待できる馬を3頭紹介!

ソングライン・ダノンザキッド・サトノウィザード

なぜこの3頭がオススメなのか理由を紹介していくよ♪

☆ソングライン(林徹厩舎)
ソングライン
関屋記念で3着入線してここに挑んでくる馬だよ♪51kgしか背負っていなかった割に直線のパフォーマンスが案外だったけど、この馬って桜花賞もそうだったけど、気持ちに繊細なところがあるから、道中でどれだけリズム良く追走出来るかで終いの脚がまるっきり違うんだよね!前走は前半に寄られた時に口を割って立ち上がりそうなくらい気負っていたし、そこからリズムを終始崩したまま勝負所の4角に差し掛かったから、追って案外だったのはそれが理由だと思います♪道中スムーズに運べれば常に圧倒的なパフォーマンスを披露しているだけに、相手やペースに関わらず、どれだけスムーズに直線を迎えることが出来るかにかかっているんじゃないかな?
トビが大きい馬ながら、マイルであれば速いペースを追走しても追ってひと脚が使えるという東京のマイル向きの特徴を持つ馬で、さらに言うとメンバー的に前が速くなりそうな今回のような構成は、好位差しが出来るこの馬にとってこれ以上ない展開になりそうなんだ!NHKマイルでは残り100mで苦しくなって脚色が悪くなったみたいだけど、見返してみたら、1000m付近で前に取り付くために一度一気に脚を使っている箇所があったから、そこで溜めていればラストまできっちり伸びてこれていたと思います♪52kgというのも流石に優位すぎるし、今回も圏内には入ってきそうな1頭だね!
当週の追い切りは美浦のウッドコースで5ハロン68.4秒、ラスト1ハロン11.9秒を終い強めに計時してきました♪抜け出すまでの動きは文句なしなんだけど、ある程度スピードに乗ってからのフットワークが少し窮屈に見えて、促した時の反応もまだ良化の余地を残しているのかなって印象です!ただ、前走時の追い切りと違ってラストまで終始バランスの良い走りをしていたのは使ってしっかり締まってきたからかなとは思います!抜群に出来が良いとは言えないけど、状態は高いレベルで安定しているよ♪
☆ダノンザキッド(安田隆行厩舎)
ダノンザキッド
皐月賞で15着入線してここに挑んでくる馬だよ♪まだ自分の能力をフルに発揮したレースというのが一度もない馬で、前走なんかは大敗したけど、勝負所でごちゃついた時に外から被せられて一瞬は伸びるようなところを見せたけど、直線に入ってからは集中力を切らしてしまって、まったく走っていません!バテたようにも見えるかもしれないけど、直線に入った瞬間に外にいた馬をずっと見ていたように、激しい物見をしていたから、走る気力を無くしてしまって適当に流していたような感じだったからね♪気持ちに問題がある馬だけど、立て直してリフレッシュした状態なら変わってくるんじゃない?
そもそもトビが大きい馬で瞬発力勝負というのは向いていなくて、弥生賞で3着だったのは久々でテンションも高く、レース前の消耗があったことが影響してキレ味勝負になりそうなペースだったのに早めに上がっていくような競馬をしなかったからで、ラスト1ハロンの伸び脚は際立っていたからね!今回も久々ではあるけど、マイルという距離ならテンション面を考慮しなくて良くなるし、東京のマイルという舞台かつこのメンバーなら切れ味勝負にはならないだろうから、過去一番の舞台適正だと思います♪小回りコースは合っていない中でホープフルSを勝利しているように、能力の高さは言うまでもないよね~
当週の追い切りは栗東のCWコースで6ハロン82.6秒、ラスト1ハロン11.6秒を馬なりで計時してきました♪メリハリのあるフットワークをしていないけど、これはこの馬の走り方の特徴のようなものだから気にしないで良いのと、春と比べて首の使い方が良化して、体の使い方が上手になっています!長欠明けだけど追われてからの反応も悪くないし、馬体にも太め感はなく、仕上がりはかなり良さそうです♪
☆サトノウィザード(宮田敬介厩舎)
サトノウィザード
関越Sを制してここに挑んでくる馬だよ♪休み明けかつ転厩初戦だった前走とそれ以前のレースと比較して全く違うところだったのが、左回りのレースでもモタれる面があった点が改善されていた点だね!東京新聞杯と比較したらよく分かるけど、終始矯正しながらの走りとなることでトップスピードになかなか入りきれない面やそもそもトップスピードの質に影響を与えていた点が、前走は非常に伸びやかなフットワークで長く良い脚を維持できていたし、まっすぐ走れることで加速もスムーズになっていました!ゲートの出が安定せず、後方からの競馬となってしまうことに加えて、モタれる面があるからトップスピードに乗るのに時間がかかることで、マイルだと忙しい面があったけど、前走の内容で走れるなら全く問題ないと思います♪
初めての重賞挑戦がこのメンバー構成で、なかなか難しいところはあるかもしれないけど、うま吉は展開がかなり向きそうだと思っています♪後方から競馬をすることになるだろうけど、ラストの脚は毎回素晴らしいものを持っていて、それが今回はすべて今まで以上に向上している可能性があるのに、強い馬が先行脚質ばかりでタフな流れになることが想定され、前が予想以上に早く止まってしまう可能性は高いと思うんだよね!それでこの馬がいつものような位置から自分の脚を使えれば、坂を上りきってから外から飛んでくるんじゃないかなって思いました♪上がりの質はこの馬はメンバー間でもトップレベルだし、軸にしたい馬ナンバーワンだよ~
当週の追い切りは美浦の坂路で4ハロン52.9秒、ラスト2ハロン12.6-12.4秒を終い強めに計時してきました♪外の馬を気にして口向きの悪いところを見せていたけど、モタれるというほどではなく、追い出されてからはまっすぐ集中して走れていたし、1週前の追い切りでもウッドでかなり時計を出したのに終始リズムよくいい時計で走ってきたからね!前走でたまたままっすぐ走れたわけではないということが調教でもわかったから、相当期待して良いと思うよ♪

富士ステークスで激走する!うま吉渾身の穴馬を紹介♪

マイラプソディ【友道康夫厩舎】

マイラプソディ

ポートアイランドSで5着入線してここに挑んでくる馬だよ♪今まで一度もまともにパフォーマンスが出来ていないと判断しています!エプソムCでも期待していたんだけど、馬場の内めが悪かったとはいえ、ラストは集中力が続かずバテてはいないけど全く走っていないし、初のマイル戦だった前走では一見最後までしっかり走って好走したようにも思えるけど、追ってからのフットワークが追い切りの感じと違ってうわずっていて、狭いところを割って良く伸びてきたけど、ラストスパートの質はもっと高いレベルにあると思っています♪集中力の関係でマイルの距離は合うというのはわかったし、続けて使う2戦目のここで狙いたい1頭かなと思いました!

追ってジリジリとしか伸びない特徴は成長待ちの状態だったからこそ出ていたものだと思っていて、コース追いではあまり見せないけど、坂路では踏み込みの浅さが以前から出ていました♪パワー不足の観点から重心が浅くなってしまうことが原因だったと思うし、中距離と前走のマイルでは追ってからのギアの入り方がまるっきり違っていて、直線でのフットワークがワンペース気味だったのは、そもそもの使われている距離が長かったのも影響していると思うよ!3歳時からは案外な競馬が続いているけど、マイルの舞台なら一変が見込めると判断しました♪

当週の追い切りは栗東の坂路で4ハロン53.9秒、ラスト2ハロン12.7-12.6秒を馬なりで計時してきました♪坂路での追い切りの比較は昨年の神戸新聞杯の時にはなるんだけど、当時は時計が出ていてもバランスの悪さや上述したような重心の高さが相まって、非常にリズムが悪かったけど、今回は踏み込みの力強さや重心の低さが目立っていたし、いつでもトップギアに入れそうな迫力も感じました!昨年とは違ってパワーが付いてきたし、馬の後ろに置いて溜めればキレそうな印象も受けたから、いかにもマイル向きの馬体や走り方って感じだね~

うま吉の富士ステークスの見解♪

■鉄板馬⇒サトノウィザード
■穴馬⇒タイムトゥヘヴン
■注⇒マイラプソディ

◎⑰サトノウィザード
○⑯ダノンザキッド
▲⑧ラウダシオン
△①ソングライン
△③マイラプソディ
△⑨ダーリントンホール
△⑩アルジャンナ
×⑦タイムトゥヘヴン

3連単2着軸マルチ
軸:⑯⑰
相手:①③⑦⑧⑨⑩
点数:36点

サトノウィザードとダノンザキッドの2頭軸マルチ馬券で勝負します♪

この2頭は追い切りが良かったし、あとはソングラインをどうするかというところで軸は悩んだけど、ソングラインが1枠1番に入ったから評価は下げました!以前から外からプレッシャーがかかると直線でのパフォーマンスに影響を受けていたし、普段はトビの大きいフットワークをしていることからも、内でジッとしてというタイプでもないと思うから、相手候補としました♪

ラウダシオンは当週は栗東のCWで調整程度のかなり軽めの内容をやってきたね!前走時に見られた硬さがないし、時計は出していないけど、リラックス走れていて、これだけ軽い内容でも結果を残した前例もあります♪ミドル~ハイラップに強い馬だし、メンバー的にうま吉はそういう展開になると思うから、単穴まで評価は上げました♪

ダーリントンホールは9ヶ月ぶりのレースだし、初めてのマイル戦で決して簡単ではないと思うけど、追い切りの内容が素晴らしく、復帰初戦だった前走とは比べ物にならないほどフットワークに力強さを感じました!デビュー前から強烈な時計を叩き出してきた馬だけど、復調気配にあると思います♪ポテンシャルも考慮すると流石に消せないかな~

アルジャンナは前走時から大きく動きは変わったところはないけど、その前走時が坂路での追い切りでバランスを崩すところが見られなくなっていたからね!今回は1週前にコース追いでやれているというのが成長している何よりの証拠で、巻き返しが見込めると思います♪

タイムトゥヘヴンは前走で前が壁にならなければもっと上位の着順だったと思うし、間隔は詰まっているけど、追い切りで追った時のフットワークが以前よりもより深く沈み込むようになっていて、動きはさらに洗練されている印象を受けました!パワーがありつつも脚捌きには軽さも感じて、マイル以下の距離の方がパフォーマンスは上がるイメージです♪

【イマカチ】無料情報で京都大賞典、万馬券的中!!

業界に深く精通した元関係者やトッププロ馬券師からの情報。エージェントを現地に派遣することでネットや競馬新聞から得ることができない情報。これらを実績のあるスペシャリストが精査し提供する競馬サイトだよ♪

今週登録すると土曜日の富士ステークス[G2]日曜日の菊花賞[G1]が無料情報として提供されるよ!登録は無料だから、試してみるなら今がチャンスだよ(^^)v

イマカチ

10月10日の日曜日に配信された無料情報、京都大賞典で万馬券を仕留めていたから紹介するね♪

イマカチ

レースは10番人気のベレヌスがスローペースで逃げる展開、各馬の仕掛けのタイミングが勝負の分かれ目になったよね♪直線は1番人気の9番アリストテレスが先に抜け出して、そのまま押し切りろうとするところに外からマカヒキが並べ掛け、残り200mからは壮絶な叩き合い!最後は9番人気に8番マカヒキが差し切り、国内では日本ダービー以来の勝利となったね☆2着にはハナ差及ばなかった1番人気の9番アリストテレスが入り、馬連1万900円の的中だね(^o^)

イマカチの凄い所は、世間ではピークが過ぎたといわれていたマカヒキの激走を見抜いていたことだよね!今回は走るっていう情報をしっかり掴んでいたってことだよね♪1点1000円で購入していたら、馬連1万900円の的中だから…、払い戻しは10万900円になるね☆無料情報で10万以上の払い戻しって凄すぎるよね!登録しておけば、今回のようなお宝情報が無料でゲットできるよd(^_^)

イマカチ

今なら土曜日の富士ステークス[G2]日曜日の菊花賞[G1]が無料情報として提供されるよ!登録は無料だから、この機会に無料情報から試してみるのもアリだよねd(^_^)

イマカチ

イマカチを見る

目的別に無料予想を探す

買い目が無料
注目馬が無料
地方競馬が無料
当たる・儲かる予想
競馬無料予想

目的別に無料予想を探す

  • 買い目が無料
  • 注目馬が無料
  • 地方競馬が無料
  • 当たる・儲かる予想

カテゴリ

  • うま吉の2018年重賞&G1予想
  • うま子の複勝1点予想
  • うまじぃの今週の新馬戦診断
  • 海外競馬専門予想
  • うま吉の夏競馬専門予想
自然の風景
RANKING TOP3

優良競馬予想サイトランキング

1毎日情報

毎日情報

2アプリ

アプリ

3UMAチャンネル

UMAチャンネル
RANKING TOP3

優良競馬予想サイトランキング

1うまとみらいと

うまとみらいと

2あしたの万馬券

あしたの万馬券

3競馬大陸

競馬大陸

TOP