人生が変わる無料競馬予想。無料でここまで当たる!

競馬予想うま吉の鉄板穴馬マンガ倶楽部

うま泉教授の【神戸新聞杯】2021 ワンダフルタウンが本命馬です!

2021/09/26 - データと血統で当てる!うま泉教授の【本命・対抗馬予想】

うま泉

こんにちわ、うま泉です。重賞競走をいろいろな角度から紐解く、うま泉教授の知っておきたい競馬のツボ!過去のデータを中心に、予想する上で必ず押さえておきたいポイントを、分かりやすく解説。また競馬予想サイトの無料情報を元にした予想も、紹介していきたいと考えています。

2021 重賞競走のレース回顧

日曜日には秋華賞[G1]のトライアル競走、ローズステークスが中京競馬場で行われました。

単勝オッズ3.6倍の1番人気に支持されたのは、桜花賞[G1]とオークス[G1]を共に5着と好走したアールドヴィーヴルでした。

レースはうま泉の予想通り12番人気のエイシンヒテンが先手を奪い、煽られることなく自分のペースで逃げていました。

1000m通過が1分1秒2とゆったりとしたペースで流れたので、レースは直線での追い比べ、瞬発力勝負になりました。

直線で伸びてきたのは4番人気の12番アンドヴァラナウト、中団で折り合いをつけ直線は外を突いて伸びてきました。

残り200mで逃げたエイシンヒテンを捉えると、そのまま後続に1馬身4分1の差をつけ1着でゴール板を通過しました。

2着には穴馬として推奨した14番人気の10番エイシンヒテンが粘り込み、3着には1番人気の14番アールドヴィーヴルが入り、三連単11万超えの高配当決着となりました。

うま泉が軸馬に推奨したクールキャットは11着に敗れました。

スタートは良かったのですが、包まれるのを避けて下げてしまったのが悔やまれます。

流れが速くならないことは予想していたので、強気に先行してくれたら、もう少し違った結果になったかなと思います。

上位に来た馬が重い印を打っていた馬なので、うま泉にとっても悔しい結果となりました。


ここでお知らせです!

私、うま泉教授がツイッターを公開しています。

次週のオールカマー[G2]の予想はツイッターで公開します。

週末の競馬予想に役立つ調教情報、気になる新馬や未勝利戦の情報もツイートしています。

知っていると土日競馬が楽しくなるような情報を公開していますので、遊びにきてフォローして貰えると嬉しいです。

ブログとツイッターを併用して頂ければ、土日の競馬が今以上に面白くなると思いますので、うま泉教授のツイッター、よろしくお願いします。


月曜日は中山競馬場で菊花賞トライアルのセントライト記念[G2]が行われました。

単勝オッズ2.9倍の1番人気に支持されたのは、皐月賞[G1]で2着、ダービーは6着と善戦したタイトルホルダーです。

レースは内からノースブリッジが先手を取りに行きますが、外から14番のワールドリバイバルがハナを奪い、逃げる展開になりました。

1000mの通過が1分0秒2、速くもなく遅くもなく、平均的なペースでレースは流れ、直線の攻防となりました。

勝ったのは大外から豪快に伸びてきた9番人気の2番アサマノイタズラ、2着には中団から伸びてきた2番人気のソーヴァリアント、3着も中団待機の10番オーソクレースが入り、三連単は30万超えの特大万馬券となりました。

1番人気のタイトルホルダーは、上手く先団でレースを進めていましたが、直線で前が壁なり、最後まで追えずに敗れてしまいました。

本番では巻き返してくると思いますので、注意しておきたいと思います。

2021 神戸新聞杯の出走表!

神戸新聞杯[G2]は、クラシック最後の1冠となる菊花賞[G1]のトライアル競走です。

ダービー馬のシャフリヤールが、前哨戦でどんな競馬をみせるのか注目です。

それでは出走馬を確認しましょう。

第69回 神戸新聞杯 出馬表
馬名 性齢 負担重量 厩舎
イクスプロージョン 牡3歳 56 杉山晴紀
ヴェローチェオロ 牡3歳 56 須貝尚介
キングストンボーイ 牡3歳 56 藤沢和雄
シャフリヤール 牡3歳 56 藤原英昭
シゲルソウサイ 牡3歳 56 上村洋行
ステラヴェローチェ 牡3歳 56 須貝尚介
セファーラジエル 牡3歳 56 高柳大輔
テイエムタツマキ 牡3歳 56 武英智
モンテディオ 牡3歳 56 四位洋文
レッドジェネシス 牡3歳 56 友道康夫
ワンダフルタウン 牡3歳 56 高橋義忠

昨年は春に2冠を達成ししたコントレイルが快勝し、次走の菊花賞も連勝して3冠馬となりました。

2011年のオールフェーブル、2014年のワンアンドオンリー、2017年のレイデオロ、2018年のワグネリアン、そして昨年のコントレイルと名立たるダービー馬が、神戸新聞杯を勝って菊花賞へ向かっています。

2021年のダービー馬シャフリヤールも、このレースから始動します。

神戸新聞杯の有力馬、シャフリヤール!

☆シャフリヤール(藤原英昭厩舎)
シャフリヤール
デビューから3戦目で毎日杯[G3]を制し重賞初制覇、4戦目となる日本ダービー[G1]でハナ差のハナ差の接戦を制し、一気に世代の頂点に駆け上がりました。
春は挑戦する立場にあったシャフリヤールですが、秋は挑戦を受ける立場へと変わります。
クラシック最後の1冠となる菊花賞へ向けて、進化が問われる1戦となることは間違いないと思います。
ダービー馬が実力を示すのか、それとも菊花賞も混戦になるのか、シャフリヤールの走りに注目です。
三連単を狙って獲るプロ馬券!
    阿九亜屋
阿九亜屋
競馬を攻略するのに必要な目(レース選定)と耳(情報収集)に自信アリ♪プロの馬券で勝負できる競馬情報サイトだよ☆三連単での勝負なので、配当も稼げる金額もハンパじゃないね!登録は無料だから、一発逆転を狙っている人にはお勧めだね!!
>>ここから無料登録<<

【ポイント①】データから紐解く、神戸新聞杯!

今週は菊花賞トライアルの神戸新聞杯[G2]が行われます。

今年も昨年と同じように中京競馬場で行われ、距離も2400mではなく2200mで行われるので注意が必要です。

まずは過去のデータから、神戸新聞杯の傾向を探っていきましょう。

日本ダービー組が中心!!

前走レースと成績
前走レース 成績 勝率 連対率 複勝率
日本ダービー 9-6-2-28 20.0% 33.3% 37.8%
マレーシアカップ 1-0-0-0 100% 100% 100%
ラジオNIKKEI賞 0-1-2-5 0.0% 12.5% 37.5%
皐月賞 0-0-0-3 0.0% 0.0% 0.0%

今回記載しているデータは、過去10年間の神戸新聞杯(2020年の中京競馬場を含む)のデータを元に作成しています。

上記のデータは過去10年間に出走した馬の前走レースと成績をまとめたものです。

過去10年で9頭の勝ち馬を輩出しているのが、前走で日本ダービーを使っていた馬です。

夏に力を付けた上り馬を狙いたくなりますが、データ面から見ても軸馬を探すなら、日本ダービー組から探すのがベストだと思います。

過去10年間でダービー組でない馬が勝ったのは、2005年に勝ったリアファルの1頭だけで、前走はマレーカップ(1500万下)を勝った上り馬でした。

シャフリヤール、ステラヴェローチェ、レッドジェネシス、ワンダフルタウンと、4頭の馬が日本ダービーからの参戦しますので、注目していきたいと思います。

1番人気が圧倒的?!

人気と成績
人気 成績 勝率 連対率 複勝率
1番人気 8-1-0-1 80.0% 90.0% 90.0%
2番人気 1-3-2-4 10.0% 40.0% 60.0%
3番人気 1-2-3-4 10.0% 30.0% 60.0%
4番人気 0-0-1-9 0.0% 0.0% 10.0%
5番人気 0-0-0-10 0.0% 0.0% 0.0%
6番~9番人気 0-4-3-32 0.0% 10.3% 17.9%
10番人気以下 0-0-1-50 0.0% 0.0% 2.0%

上記のデータは過去10年間に出走した馬の人気と成績をまとめたものです。

データをみても分かるように、上位人気の馬の強さが際立っています。

過去10年で馬券圏内(3着以内)に好走した30頭の内、21頭は1番人気~3番人気の馬が入っており、1着馬も過去10年で8頭が1番人気と上位人気の馬が力を発揮するレースといえるでしょう。

単勝オッズが1倍台なら連対率100%!

単勝オッズと成績
単勝オッズ 成績 勝率 連対率 複勝率
1.0倍~1.9倍 6-1-0-0 85.7% 100% 100%
2.0倍~4.9倍 3-4-1-2 30.0% 70.0% 80.0%
5.0倍~9.9倍 1-0-3-7 9.1% 9.1% 36.4%
10.0倍~29.9倍 0-2-4-27 0.0% 6.1% 18.2%
30.0倍~99.9倍 0-3-1-31 0.0% 8.6% 11.4%
100倍以上 0-0-1-43 0.0% 0.0% 2.3%

上記の表は過去10年間に出走した馬の単勝オッズと成績をまとめたものです。

データを見ると単勝1倍台の馬は過去10年間で7頭いて連対率はパーフェクト、その内の6頭が勝利していることからも、1番人気の強さが分かると思います。

また神戸新聞杯が人気サイドで決着する理由の1つとして考えらるのが、単勝オッズ4.9倍以下の馬の強さです。

1番人気が強いだけならまだしも、2番人気、3番人気の馬も好走する確率が高いので注意が必要です。

差し馬に注目!

脚質と成績
脚質 成績 勝率 連対率 複勝率
逃げ馬 2-0-1-7 20.0% 20.0% 30.0%
先行馬 5-2-2-41 10.0% 14.0% 18.0%
差し馬 3-5-5-32 6.7% 17.8% 28.9%
追い込み馬 0-3-2-30 0.0% 8.6% 14.3%

脚質は4コーナーの位置で決めており、逃げ(1番手)、先行(2番手~5番手)、差し(6番手~10番手)、追い込み(11番手以下)と定め、4コーナーの位置取りから最終的にどのような結果になったのかをまとめたものです。

過去10年の勝ち馬の位置取りを見ると、逃げ馬が2勝、先行馬が5勝と前に行った馬の方が好成績を残しています。

しかし馬券に絡む馬の数を見てみると、差し馬が13頭と馬券圏内に好走していることが分かると思います。

1着に拘らなければ、馬券圏内に好走しやすい差し馬を狙ってみるのも、1つの手だと思います。

安定感抜群ステラヴェローチェ!

☆ステラヴェローチェ!(須貝尚介厩舎)
ステラヴェローチェ
デビューから2連勝で挑んだ朝日杯フューチュリティステークス[G1]で2着と好走、共同通信杯[G3]では5着と敗れたものの、皐月賞[G1]で3着、日本ダービー[G1]で3着と底力を見せました。
距離が伸びても確実に伸びてくる末脚は魅力で、実績だけを見ればこの馬が一番といっても過言ではありません。
日本ダービーは0.2秒差の3着でしたが、前の2頭とは道中の位置取りの差で力負けではありません。
ダービー馬が人気を背負うなら、馬券的な狙い目はステラヴェローチェの方かもしれません。

【ポイント②】血が騒ぐ!神戸新聞杯

素直にディープインパクト産駒から!

種牡馬と成績
種牡馬 成績 勝率 連対率 複勝率
ディープインパクト 3-2-5-16 11.5% 19.2% 38.5%
ステイゴールド 2-1-0-3 33.3% 50.0% 50.0%
ハーツクライ 1-2-0-11 7.1% 21.4% 21.4%

上記のデータは過去10年間に出走した馬の種牡馬の成績をまとめたものです。

データをみると分かるように、ディープインパクト産駒の馬が好成績を残しています。

過去10年で3頭の勝ち馬を輩出し、馬券圏内に好走した馬が10頭、毎年1頭は馬券に絡んでくるという計算ができます。

中京競馬場は直線の入り口に急坂があり先行馬が苦しくなるケースが多くなるので、瞬発力に優れたディープインパクト産駒が活躍しやすいのだと考えられます。

末脚爆発レッドジェネシス!

☆レッドジェネシス(友道康夫厩舎)
レッドジェネシス
父ディープインパクトと同様に直線での瞬発力を武器にしており、後方から追い込む競馬を得意としています。
春に中京競馬場の2200mで行われた京都新聞杯[G2]で重賞初勝利を果たしており、コース実績がるのも強みです。
今年は11頭立てと頭数も少ないので、ペースが乱れる可能性が少なく、直線での瞬発力勝負になる可能性が高いと思います。
自分の競馬に持ち込めばチャンスがある馬なので、注目したいと思います。
小点数で万馬券GET!
    令和ケイバ
令和ケイバ
自己資金が少なくても大幅な利益を確保できる環境を仕組化♪登録料・年会費はすべて完全無料!今なら厳選5点情報無料進呈中!!このチャンスをお見逃しなく!!!
>>ここから無料登録<<

うま泉教授の神戸新聞杯、注目馬!

本日はうま泉がお勧めする注目馬を紹介します。人気馬から穴馬まで、展開を左右する馬や高配当の立役者となる馬など、レースのカギを握る馬を紹介していこうと思います。

データ面でお伝えしましたが、神戸新聞杯は春の実績馬の活躍が目立ち、特に前走で日本ダービーを使っていた馬が好走します。

今年の神戸新聞杯は10頭立てで行われるので、乱ペースからの穴馬、新興勢力となる上り馬の台頭は厳しいのではないかと考えています。

高配当を狙うなら、菊花賞への叩き台として出走してくるシャフリヤールを負かす馬を探すのが良いかと思います。

春のクラシック戦線では物足りなかったけど、ひと夏を超えて急成長してきた馬が、高配当の立役者になると思います。

力秘めるワンダフルタウン!

☆ワンダフルタウン(高橋義忠厩舎)
ワンダフルタウン
デビュー戦でダノンザキッド(後のホープフルステークス[G1]優勝馬)の2着と能力の高さを示したワンダフルタイムでしたが、春は脚の爪の影響で思うようなローテーションが組めず、苦しい競馬を強いられていました。
それでも京都2歳ステークス[G3]やダービートライアルの青葉賞[G2]を勝ってしまうのだから、能力はG1級といっても過言ではないと思います。
夏場はじっくりと成長を促したことで、脚の爪もだいぶ解消されてきており、春に比べ筋肉にもハリが出て、パワーアップしている印象を受けました。
春とは違う走りが期待できるので、注目しています。

【ウマくる】ワイドの無料情報で高配当的中♪

100人以上の馬券師との独占契約!AIを活用した情報精査など、あったら良いなと思うことが全てある、初心者にもやさしい競馬サイトだよ♪

今週登録すると日曜日のメイン競走、オールカマー[G2]の買い目情報が無料で提供されるよ!登録は無料だから、試してみるなら今がチャンスだと思うよd(^_^)

ウマくる

9月18日の土曜日に配信された無料情報☆中京5Rの2歳新馬で軸馬からワイド5点でズバリ的中していたから紹介するね!

ウマくる

不良馬場でのレースになったので、各馬に比較が難しいレースだったよね!レースは6番人気の1番エムリエールが好枠を生かしてハナを切って逃げる展開、直線で伸びてきたのは1番人気の6番ラキエータ、単勝オッズ1.9倍の人気に応え1着でゴールしたよ♪2着には5番人気の8番ダイヤモンドフジが追い込み、3着には3番人気の2番ヴェルメイドが入り、【ワイド2-6、340円】【ワイド2-8、1,330円】の的中だね!

ウマくるの良い所は馬券に絡む3番人気のナギサを軸馬に推奨して、相手候補として人気薄のダイヤモンドフジも押さえているところだよね!人気馬も穴馬も馬券に絡む馬の情報をしっかり掴んでいるってことだよね♪
無料情報だからって手抜きしている感じはないよね!無料情報で当たるサイトは信頼できるよねo(^-^)o

ウマくる

今なら日曜日のメイン競走、オールカマー[G2]の買い目情報が無料で提供されるよ!登録は無料だから、無料情報から試してみるのもアリだよねd(^_^)

ウマくる

ウマくるを見る

うま泉教授の神戸新聞杯の見解

■本命馬⇒ワンダフルタイム
■穴馬⇒レッドジェネシス
■対抗馬⇒シャフリヤール

◎②ワンダフルタイム
○⑩シャフリヤール
▲③キングストンボーイ
△⑤ステラヴェローチェ
△④モンテディオ
☆⑦レッドジェネシス

3連単フォーメーション
1着馬:②
2着馬:⑩③⑤⑦
3着馬:⑩③⑤⑦④
点数:16点

3連単フォーメーション
1着馬:⑩③
2着馬:②
3着馬:⑩③⑤⑦④
点数:8点

合計点数:24点

本命馬はワンダフルタイムです。

春は爪の影響で思うようにレースが使えなかったワンダフルタイム、それでも重賞2勝は地力のある証で、このメンバーでも好勝負になるとみています。

日本ダービーは早めに仕掛けたので最後まで伸びきれず10着と敗れましたが、勝ったシャフリヤールとは0.8秒差で着差ほど負けていません。

夏場はじっくりと成長を促し、ゆっくり休んだことで爪の影響もなく、状態は春以上の仕上がりをみせています。

トライアル戦なので、菊花賞を目標にしている馬よりも、ここでも勝負というワンダフルタウンから狙ってみます。

上位人気馬の比較は共同通信杯の内容が分かりやすいと思います。

その後の成長もあると思いますが、総合力でシャフリヤール、切れ味ではキングストンボーイ、この2頭を逆転候補の対抗馬として抜擢しました。

ステラヴェローチェも能力的には引けは取りませんが、自分から動けるタイプの馬ではないので、ゆったりとしたペースで流れそうな今回は2着候補ということにしました。

目的別に無料予想を探す

買い目が無料
注目馬が無料
地方競馬が無料
当たる・儲かる予想
競馬無料予想

目的別に無料予想を探す

  • 買い目が無料
  • 注目馬が無料
  • 地方競馬が無料
  • 当たる・儲かる予想

カテゴリ

  • うま吉の2018年重賞&G1予想
  • うま子の複勝1点予想
  • うまじぃの今週の新馬戦診断
  • 海外競馬専門予想
  • うま吉の夏競馬専門予想
自然の風景
RANKING TOP3

優良競馬予想サイトランキング

1毎日情報

毎日情報

2アプリ

アプリ

3UMAチャンネル

UMAチャンネル
RANKING TOP3

優良競馬予想サイトランキング

1うまとみらいと

うまとみらいと

2あしたの万馬券

あしたの万馬券

3競馬大陸

競馬大陸

TOP