人生が変わる無料競馬予想。無料でここまで当たる!

競馬予想うま吉の鉄板穴馬マンガ倶楽部

うま泉教授の【中山金杯】2022 本命馬はヒートオンビートです!

2022/01/05 - データと血統で当てる!うま泉教授の【本命・対抗馬予想】

うま泉

こんにちわ、うま泉です。重賞競走をいろいろな角度から紐解く、うま泉教授の知っておきたい競馬のツボ!過去のデータを中心に、予想する上で必ず押さえておきたいポイントを、分かりやすく解説。また競馬予想サイトの無料情報を元にした予想も、紹介していきたいと考えています。

2022 中山金杯の見解!

明けましておめでとうございます。

今年も1月5日の金杯から、2022年の中央競馬がスタートします。

昨年の有馬記念のレース回顧は、こちらをご覧ください。

新年初の重賞競走となる東西金杯、2022年の競馬も金杯から勢いを付けていきたいと思います。

2022年も「データと血統で当てる!うま泉教授の【本命・対抗馬予想】」よろしくお願い致します。

それでは中山金杯の出走予定馬を確認しましょう。

中山金杯はハンデ重賞なので、軽量の馬に魅力を感じると思います。

その点を含め過去10年のデータから中山金杯の傾向を探っていきましょう。

中山競馬場はトリッキーなコースとして有名です。

うま泉が思う中山金杯の注目馬はこの馬です。

新年最初の重賞競走、良い流れを作る上でもしっかりと仕留めていきたい重賞競走です。

うま泉の見解は、状態も前走以上に良くなっているこの馬から勝負します。


ここでお知らせです!

私、うま泉教授がツイッターを初めました。

今週行われる重賞競走、京都金杯[G3]、シンザン記念[G3]、フェアリーステークス[G3]の予想はツイッターで公開します。

週末の競馬予想に役立つ調教情報、気になる新馬や未勝利戦の情報もツイートしています。

知っていると土日競馬が楽しくなるような情報を公開していますので、遊びにきてフォローして貰えると嬉しいです。

ブログとツイッターを併用して頂ければ、土日の競馬が今以上に面白くなると思いますので、うま泉教授のツイッター、よろしくお願いします。

2022 中山金杯の出走表!

今年を締めくくる大一番、中山金杯が中山競馬場で行われます。

まずは出走表から、見ていきましょう。

第71回 中山金杯 出馬表
馬名 性齢 負担重量 厩舎
アールスター 牡6歳 56 杉山晴紀
アトミックフォース 牡5歳 55 武藤義則
アドマイヤアルバ セ6歳 53 柄崎孝
ウインイクシード 牡7歳 56 鈴木伸尋
ヴィクティファルス 牡3歳 56 池添学
オウケンムーン 牡6歳 56 国枝栄
コスモカレンドゥラ 牡5歳 54 田中博康
サトノクロニクル 牡7歳 56 池江泰寿
シャムロックヒル 牝4歳 52 佐々木晶三
ジェットモーション セ5歳 54 藤岡健一
スカーフェイス 牡5歳 54 橋田満
ステラヴェローチェ 牡3歳 57 須貝尚介
タガノディアマンテ 牡5歳 56 鮫島一歩
トーセンスーリヤ 牡6歳 57.5 小野次郎
ヒートオンビート 牡4歳 56 友道康夫
ヒンドゥタイムズ 牡5歳 56.5 斉藤崇史
ブレステイキング 牡6歳 54 堀宜行
マイネルフラップ 牡5歳 53 梅田智之
レッドガラン 牡6歳 56 安田隆行
ロザムール 牝5歳 53 上原博之

昨年は1番人気にヒシイグアスが三連勝で重賞初制覇を成し遂げました。

その後も中山金杯、暮れには香港カップで2着するなど、G1競走でも好勝負できるほど力を付けました。

今年はどの馬が勝つのか、注目の重賞競走です。

中山金杯の有力馬、ステラヴェローチェ!

☆ステラヴェローチェ(須貝尚介厩舎)
ステラヴェローチェ
3歳時はクラシック路線を歩み皐月賞は3着、日本ダービー3着、菊花賞4着と常に世代のトップクラスとして活躍をしてきました。
暮れに出走した有馬記念でも古馬相手に4着と好走、古馬のG1クラスでも好勝負できることを証明してみせました。
後方から追い込む競馬を得意としており、力のいる中山の馬場も苦にしません。
G3クラスのここでは力上位の存在、どんな走りをみせるのか注目です。
小点数で万馬券GET!
    令和ケイバ
令和ケイバ
自己資金が少なくても大幅な利益を確保できる環境を仕組化♪登録料・年会費はすべて完全無料!今なら厳選5点情報無料進呈中!!このチャンスをお見逃しなく!!!
>>ここから無料登録<<

【ポイント①】データから紐解く、中山金杯!

それでは過去のデータから、中山金杯の傾向を探っていきましょう。

5番人気以内の馬に注目!

人気と成績
人気 成績 勝率 連対率 複勝率
1番人気 3-1-3-3 30.0% 40.0% 70.0%
2番人気 3-1-0-6 30.0% 40.0% 40.0%
3番人気 2-0-0-8 20.0% 20.0% 20.0%
4番人気 1-2-1-6 10.0% 30.0% 40.0%
5番人気 1-2-2-5 0.0% 10.0% 10.0%
6番~9番人気 0-4-1-35 0.0% 10.0% 12.5%
10番人気以下 0-0-3-65 0.0% 0.0% 4.4%

今回記載しているデータは、中山競馬場で行われた過去10年間の中山金杯のデータを元に作成しています。

上記のデータは過去10年間に出走した馬の前走レースと成績をまとめたものです。

2022年最初の重賞、そしてハンデ戦ということもあり、大きな配当を狙いに行きたくなるところですが、データを見ると過去10年で10番人気以下の馬が連対したことがないのが分かると思います。

勝ち馬に注目すると、過去10年の勝ち馬は全て5番人気以内の馬が勝っており、頭から荒れるというが少ないようです。

1着は5番人気以内、2着馬は8番人気以内、3着馬は12番人気という感じで、人気の馬から人気薄へ狙うのが、好結果に繋がりそうです。

完成された5歳馬が狙い目!

年齢と成績
年齢 成績 勝率 連対率 複勝率
4歳 2-3-2-18 8.0% 20.0% 28.0%
5歳 4-4-2-21 12.9% 25.8% 32.3%
6歳 3-3-3-30 7.7% 15.4% 23.1%
7歳以上 1-0-3-59 1.6% 1.6% 6.3%

上記のデータは過去10年間に出走した馬の年齢と成績をまとめたものです。

昨年3歳だった馬も年が明けて4歳馬になり、ハンデも古馬と同じになるので、明け4歳馬よりも、完成された5歳馬が頭一つリードしている感じです。

5歳馬がパーセンテージ的には優位ですが、4歳馬、6歳馬も引けを取らないほど好成績を残しているので、基本的には4歳馬~6歳馬が中心と考えるのが良いと思います。

追い込み馬は厳しい!

脚質と成績
脚質 成績 勝率 連対率 複勝率
逃げ 0-1-1-8 0.0% 10.0% 20.0%
先行 6-7-2-33 12.5% 27.1% 31.3%
差し 4-2-6-37 8.2% 12.2% 24.5%
追い込み 0-0-1-50 0.0% 0.0% 2.0%

脚質は4コーナーの位置で決めており、逃げ(1番手)、先行(2番手~5番手)、差し(6番手~10番手)、追い込み(11番手以下)と定め、4コーナーの位置取りから最終的にどのような結果になったのかをまとめたものです。

データを見ると過去10年で追い込み馬は3着にきたのは、2018年に3着したストレンジクォークの1頭だけで、その他の馬は3コーナーから捲って馬券に絡んでいます。

後方待機の馬でも3コーナーから捲れる馬は狙えますが、直線一気で追い込むタイプは少し割り引きが必要かもしれません。

能力は重賞級ヒートオンビート!

☆ヒートオンビート(友道康夫厩舎)
ヒートオンビート
デビューは阪神の芝2000mで2着と好走、その後は2000m~2400mを中心に使われ、昨年の1月に行われた美濃ステークスでオープン入りを果たしました。
初重賞となった3走前の目黒記念[G2]は、メンバー最速となる32秒2の末脚で追い込み2着と好走、前走のチャレンジカップ[G3]でも中団から伸びて2着に突っ込んできました。
切れるタイプの馬だと思っていたのですが、パワーが必要な阪神コースでも好走しているので、中山コースも合うと思います。
勝つだけの力を持っている馬なので、要注意の1頭だと思います。

【ポイント②】血が騒ぐ!中山金杯

中山が得意なハーツクライ産駒!

種牡馬と成績
種牡馬 成績 勝率 連対率 複勝率
ステイゴールド 3-2-0-13 16.7% 27.8% 27.8%
キングカメハメハ 2-0-1-6 22.2% 22.2% 33.3%
ハーツクライ 1-0-1-3 20.0% 20.0% 40.0%
ジャングルポケット 0-2-0-2 0.0% 50.0% 50.0%

上記のデータは過去10年間の中山金杯に出走した馬の種牡馬と成績をまとめたものです。

中山のようなパワーを要するコースでは、スタミナタイプの種牡馬が好成績を残しているようです。

ステイゴールド産駒が過去10年で3勝と一番勝っていますが、複勝率をみるとキングカメハメハ産駒やハーツクライ産駒の方が好成績を残しています。

馬券的に狙うならキングカメハメハ産駒、ハーツクライ産駒が狙い目だと思います。

注目の明け4歳馬ヴィクティファルス!

☆ヴィクティファルス(池添学厩舎)
ヴィクティファルス
強い世代と言われている明け4歳馬、デビュー2戦目の共同通信杯[G3]では年度代表馬候補のエフフォーリアと接戦をしている逸材です。
近走は馬券に絡めていませんが、G3クラスなら力上位の存在といっても過言ではないと思います。
デビュー3戦目でスプリングステークス[G2]を制しているように、中山コースのような力のいる馬場もヴィクティファルスに合っていると思います。
父は中山コースを得意にしているハーツクライ産駒、近走の内容で人気が落ちるようなら、穴馬として面白い存在になると思います。
ユーザー参加型の新型競馬サイト!!
    投稿!うまライブ!
投稿!うまライブ!
今熱い情報がどれなのか一目瞭然の的中ボイスを搭載♪今登録すれば「全額保障」に加え、5000円のポイントも貰えるよ☆さらに土日の無料情報も付いて、登録料・年会費・大会日は全て無料です♪このチャンスをお見逃しなく!!!
>>ここから無料登録<<

うま泉教授の中山金杯、注目馬!

本日はうま泉がお勧めする注目馬を紹介します。人気馬から穴馬まで、展開を左右する馬や高配当の立役者となる馬など、レースのカギを握る馬を紹介していこうと思います。

年明けの中山コースは、開催初日なので芝の状態が良く、先行優位の馬場状態であることは間違いないと思います。

ただ中山コースはゴール前に急坂があり、パワーのある馬でないとゴール前で失速してしまうので、先行馬であればどの馬でも残れるというものではありません。

中山金杯はハンデ戦なので、ハンデを苦にしない馬もパワー型の馬だといえます。

スピード重視の馬や瞬発力勝負の馬よりも、長く良い脚が使える馬が狙い目になると思います。

力をつけたトーセンスーリヤ!

☆トーセンスーリヤ(小野次郎厩舎)
トーセンスーリヤ
デビューから現在までに5勝していますが、その内の2勝が古馬になってからの重賞競走、年を取るごとに力を付けてきたということがいえると思います。
6歳となった昨年も夏の函館記念[G3]を制しており、年を取って衰えるどころか、7歳になっても成長しているように感じます。
先行して粘り込む競馬を得意としており、重賞勝ちしたレースも上りは35秒台、中山のような力のいる馬場は、トーセンスーリヤに合っていると思います。
今回はトップハンデ57.5キロですが、2走前の新潟記念[G3]は57キロを背負って2着しているので、ハンデに泣くことはないと思います。
上手く2、3番手で競馬ができれば、チャンスがあると思います。

【レガシー】無料情報の有馬記念、三連単ズバリ的中!!

レガシーは情報収集と分析には一切妥協しない至高の投資競馬を提供するサイトみたいだね♪

今週登録すると1月5日の中山金杯[G3]、週末のシンザン記念[G3]の2鞍が無料提供されるみたいだよ!!登録は無料だから、試してみるなら今がチャンスだよ♪

レガシー

12月26日の日曜日に配信された無料情報、中山11Rの有馬記念!三連単で仕留めていたから紹介するね♪

的中画像

レースは8番人気のパンサラッサが平均ペースで逃げたよね。レースは直線での追い比べ、メンバー最速の末脚で追い込んだ1番人気の10番エフフォーリアが1着でゴール☆2着には先行していた5番人気の5番ディープボンド、3着には2番人気の7番クロノジェネシスが入り、三連単7,180円の的中となったね(^o^)

レガシーの凄い所は4頭のボックス配信の中に5番人気のディープボンドを入れているところだよね!凱旋門賞の後で人気が落ちていたみたいだけど、激走するっていう情報を掴んでいたってことだよね!

1点3000円の購入なら三連単7,180円の的中だから、払い戻しは21万5,400円円になるね!無料情報で当たるサイトは信用できるよね♪登録しておけば今回のようなお宝情報が無料でゲットできるよd(^_^)

レガシー

今なら1月5日の中山金杯[G3]、週末のシンザン記念[G3]の2鞍が無料提供されるみたいだよ!!登録は無料だから、この機会に無料情報から試してみるのもアリだよねd(^_^)

レガシー

レガシーを見る

うま泉教授の中山金杯の買い目!

■本命馬⇒ヒートオンビート
■穴馬⇒スカーフェイス
■対抗馬⇒ヴィクティファルス

◎④ヒートオンビート
○⑥ヴィクティファルス
▲⑦トーセンスーリヤ
△⑧レッドガラン
△⑨ロザムール
△①オウケンムーン
△⑤アドマイヤアルバ
☆⑰スカーフェイス

3連単フォーメーション
1着馬:④
2着馬:⑥⑦⑰⑧
3着馬:⑥⑦⑰⑧⑨①⑤
点数:24点

3連単フォーメーション
1着馬:⑥⑦
2着馬:④
3着馬:⑥⑦⑰⑧⑨①⑤
点数:12点

合計点数:36点

力つけてきたヒートオンビートが本命馬です。

昨年は春の目黒記念[G2]で2着、前走のチャレンジカップ[G3]でも2着と重賞競走でも勝ち負けできる力をつけてきました。

2400m前後の距離で勝ち上がってきましたが、前走の内容からも2000mでも十分好勝負できる力を持っています。

時計の掛かる馬場の方が競馬がしやすく、今の中山コースはヒートオンビートに合っているので、勝ち負けまで期待して良いと思います。

前走と同じ56キロなら好勝負になるとみて本命馬にしました。

逆転候補の1頭目は、強い世代の4歳馬ヴィクティファルスです。

クラシックでは結果が出ていませんが、中山の重賞すプリンステークスを制しており、このコースを得意としています。

前走の菊花賞は距離が長かったので、直線で止まってしまいましたが、2000mなら直線でしっかり伸びてくるので、逆転候補の対抗馬にしました。

もう1頭は重賞2勝の実績があるトーセンスーリヤ、トップハンデの57.5キロですが57キロでも好走しているので、問題は無いと思います。

7歳になっても成長しているので要注意の1頭です。

穴馬はスカーフェイス、内枠なら逆転候補まで考えましたが大外枠なので2着候補の穴馬としました。

大外枠なら鞍上も割り切って乗れると思うので、どこまで差してこれるか注目しています。

うま泉教授のレース回顧!

お正月競馬は1月5日に東西で金杯が行われ、週末にはシンザン記念とフェアリーステークスが行われました。

まずは東西の金杯からから振り返っていきましょう。

芝2000mで行われる中山金杯の1番人気は、前走のチャレンジカップ[G3]で2着に好走したヒートオンビート、単勝オッズ2.8倍の1番人気でした。

レースは6番人気のジャムロックヒルが逃げ、1000m通過が1分2秒0というスローペースに落としての逃げを打ちました。

直線は瞬発力勝負になるかと思いましたがパワーの必要な中山コース、直線は瞬発力よりもスタミナが問われるレースになりました。

勝ったのは好位の5番手から抜け出した4番人気のレッドガラン、残り200mで後続に2馬身の差を付けると、そのままゴールへ雪崩れ込み重賞初勝利となりました。

2着には後方から追い込んできた7番人気のスカーフェイス、3着には1番人気のヒートオンビートが入り、三連単は7万超えの高額万馬券となりました。

うま泉が軸馬にしたヒートオンビートは3着、直線で内に入ってしまい追いづらそうでしたが、3着まで突っ込んできましたが、予想は残念な結果に終わりました。


続いて芝1600mで行われる京都金杯を振り返りましょう。

1番人気に支持されたのは、前走オープン特別を快勝したエアロロノアが、単勝オッズ3.5倍の1番人気でした。

中京競馬場で行われた京都金杯、レースは5番人気のバスラットレオンが内から果敢に先手を奪い、半マイル46秒1のペースで逃げました。

直線は上手く内を突いて伸びてきた7番人気のザダル、残り200mで先頭に立つと後続の追撃を押さえ、1着でゴール板を通過しました。

2着には先行して粘り込んだ11番人気のダイワキャグニー、3着には2番人気のカイザーミノルが入り、三連単は19万越えの高額万馬券となりました。

うま泉が軸馬にしたカイザーミノルは3着、東西の金杯共に軸馬が3着と馬券に絡んでいので、予想は外れてしまいましたが2022年の流れは悪くないようです。


ここでお知らせです!

私、うま泉教授がツイッターを公開しています。

次週の愛知杯[G3]、京成杯[G3]の予想はツイッターで公開します。

週末の競馬予想に役立つ調教情報、気になる新馬や未勝利戦の情報もツイートしています。

知っていると土日競馬が楽しくなるような情報を公開していますので、遊びにきてフォローして貰えると嬉しいです。

ブログとツイッターを併用して頂ければ、土日の競馬が今以上に面白くなると思いますので、うま泉教授のツイッター、よろしくお願いします。


それでレース回顧に戻りましょう。

週末の日曜日は3歳の重賞競走、シンザン記念が行われました。

1番人気に支持されたのは、グランアレグリアの後継者として期待されているラスール、単勝オッズ1.8倍という支持を受けました。

レースは12番人気のシーズザデイが逃げる展開、直線で抜け出してきたいのは3番手で競馬をしていた4番人気のマテンロウオリオンと中団で脚を溜めていたソリタリオでした。

残り200mでは2頭のマッチレース、先に抜け出した4番人気のマテンロウオリオンが、追いすがる2番人気のソリタリオをクビ差抑え、1着でゴール板を通過しました。

3着には3番人気のレッドベルアームが入り、三連単は万馬券決着となりました。

うま泉が軸馬にしたラスールは7着、スタートで立ち遅れ道中も掛かってしまい、直線で伸びてくるだけのスタミナが残っていませんでした。


月曜日の祝日に行われたのは3歳牝馬の重賞競走フェアリーステークスです。

10倍を切る人気馬が6頭とオッズ的には混戦模様、1番人気には前走の赤松賞で3着したスターズオンアースが単勝オッズ4,3倍で1番人気でした。

レースは14番人気のウラワカノキセキがハナを主張し、10番人気のフィールドシンパシーがこれを追いかけ、前半の半マイルが47.6秒と平均ペースでレースが流れました。

直線で抜け出したのは1番人気の3番スターズオンアース、残り200mでも先頭にて立ちこのまま押し切るかと思われたところ、外から一気に差し切ったのが5番人気の8番ライラック、スターズオンアースをクビ差捉えゴール板を1着で通過しました。

2着には1番人気の3番スターズオンアース、3着には追い込んだ7番人気の2番ビジュノワールが入り、三連単は万馬券での決着となりました。

うま泉が軸馬にしたエバーシャドネーは9着、直線で内に詰まってしまって万事休す、レースの流れに乗れなかったのが痛かったです。

目的別に無料予想を探す

買い目が無料
注目馬が無料
地方競馬が無料
当たる・儲かる予想
競馬無料予想

目的別に無料予想を探す

  • 買い目が無料
  • 注目馬が無料
  • 地方競馬が無料
  • 当たる・儲かる予想

カテゴリ

  • うま吉の2018年重賞&G1予想
  • うま子の複勝1点予想
  • うまじぃの今週の新馬戦診断
  • 海外競馬専門予想
  • うま吉の夏競馬専門予想
自然の風景
RANKING TOP3

優良競馬予想サイトランキング

1毎日情報

毎日情報

2アプリ

アプリ

3UMAチャンネル

UMAチャンネル
RANKING TOP3

優良競馬予想サイトランキング

1うまとみらいと

うまとみらいと

2あしたの万馬券

あしたの万馬券

3競馬大陸

競馬大陸

TOP