人生が変わる無料競馬予想。無料でここまで当たる!

競馬予想うま吉の鉄板穴馬マンガ倶楽部

うま泉教授の【宝塚記念】2021 本命馬はレイパパレ!

2021/06/27 - データと血統で当てる!うま泉教授の【本命・対抗馬予想】

うま泉

こんにちわ、うま泉です。重賞競走をいろいろな角度から紐解く、うま泉教授の知っておきたい競馬のツボ!過去のデータを中心に、予想する上で必ず押さえておきたいポイントを、分かりやすく解説。また競馬予想サイトの無料情報を元にした予想も、紹介していきたいと考えています。

2021 重賞競走のレース回顧

日曜日は東西で重賞競走が行われました。

関東では3歳馬の登竜門といわれるユニコーンステークスが行われました。

土曜日に降った雨の影響でダートコースは重馬場、脚抜きの良い馬場になりスピードが問われるレースとなりました。

レースは10番人気のプロバーティオがハナを切り、半マイル45.9秒、1000mを58.0秒のハイペースで逃げる展開になりました。

さすがにこのペースでは先行馬は苦しくなり、直線は差し馬の追い比べとなりました。

勝ったのは内から伸びてきた7番人気の2番スマッシャー、上手く内で脚を溜め最後までしっかり伸びていました。

うま泉が軸に指名したラベルーズもスタートは上手く出たのですが、ダッシュが利かず後方からの競馬、道中も掛かり気味に前に行ったりと、チグハグな競馬をしていました。

13着に敗れましたが能力のある馬なので、気性面が成長し思い通りの競馬が出来るようになるのを期待したいと思います。

7番人気のスマッシャーが勝利し、2着は14番人気のサヴァ、3着に3番人気のケイアイロベージが入り、三連単は79万超えの高配当決着となりました。

3番手から2着に粘り込んだサヴァ、あのハイペースで残ったということは、脚抜きの良い馬場が得意なんだと思います。

ここでお知らせです!

私、うま泉教授がツイッターを初めました。

週末の競馬予想に役立つ調教情報、気になる新馬や未勝利戦の情報もツイートしています。

知っていると土日競馬が楽しくなるような情報を公開していますので、遊びにきてフォローして貰えると嬉しいです。

ブログとツイッターを併用して頂ければ、土日の競馬が今以上に面白くなると思いますので、うま泉教授のツイッター、よろしくお願いします。

関西では牝馬のハンデ重賞、マーメイドステークスが行われました。

レースは好枠の1番シャムロックヒルは先手を奪って逃げる展開になりました。

1000m通過が1分0秒8のスローペースで流れ、直線は瞬発力勝負の追い比べとなりました。

向こう正面で2番手以下に3馬身の差をつけていたので、ペースが速いのかと思いましたが、1000m通過が1分0秒8のスローペース、直線は瞬発力勝負の追い比べとなりました。

勝ったのは50キロという軽量を生かして逃げた10番人気の1番シャムロックヒル、直線で外からグラヴェルに差を詰められましたが、クビ差抑えて逃げ切りました。

うま泉が軸馬にしたイズジョーノキセキは中団で折り合いを付けていましたが、直線では弾けず7着となりました。

2着には後方から追い込んだ5番人気のグラヴェル、3着には中団から伸びてきたシャドウディーヴァが入り、三連単は33万超えの高配当となりました。

2021 宝塚記念の出走予定馬!

それでは【宝塚記念】の話に入ります。

出走予定馬を確認しましょう。

第62回 宝塚記念 出馬表
馬名 性齢 負担重量 厩舎
アドマイヤアルバ セ6歳 58.0 柄崎孝
アリストテレス 牡4歳 58.0 音無秀孝
カデナ 牡7歳 58.0 中竹和也
カレンブーケドール 牝5歳 56.0 国枝栄
キセキ 牡7歳 58.0 辻野泰之
キングニミッツ 牡8歳 58.0 小崎憲
クロノジェネシス 牝5歳 56.0 斉藤崇史
シロニイ 牡7歳 58.0 池江泰寿
ミスマンマミーア 牝6歳 56.0 寺島良
メロディーレーン 牝5歳 56.0 森田直行
モズベッロ 牡5歳 58.0 森田直行
ユニコーンライオン 牡5歳 58.0 矢作芳人
ヨシオ 牡8歳 58.0 森秀行
レイパパレ 牝4歳 56.0 高野友和
ワイプティアーズ 牡6歳 58.0 加用正

日本ダービーが終了し、6月から2歳の新馬戦がスタート、2021年の競馬も折り返し地点に到達しました。

次週は春のグランプリ競走、宝塚記念が阪神競馬場の芝2200mで行われます。

昨年は2番人気に支持されたクロノジェネシスが2着以下に6馬身以上の差をつける快勝、暮れの有馬記念[G1]も制し春秋グランプリ制覇の偉業を成し遂げました。

近年の古馬G1は牡馬よりも牝馬の活躍が目立っています。

宝塚記念も2016年のマリアライト、2019年のリスグラシュー、そして昨年のクロノジェネシスと、過去10年間で3頭の勝ち馬が出ています。

今年はカレンブーケドール(牝5歳)、クロノジェネシス(牝5歳)、ミスマンマミーア(牝6歳)、メロディーレーン(牝5歳)、レイパパレ(牝4歳)と5頭の牝馬が出走を予定しています。

今年も牝馬の動向には注意が必要です。

宝塚記念の有力馬、クロノジェネシス!

☆クロノジェネシス(斉藤崇史厩舎)
クロノジェネシス
3歳時は勝ちきれない面がありましたが、3冠牝馬クラシック最後の秋華賞[G1]を制覇したクロノジェネシス、古馬になると昨年の宝塚記念[G1]に続き、同年の有馬記念[G1]を制し春秋グランプリ制覇の偉業を達成しました。
昨年は大阪杯[G1]の2着から宝塚記念を制しましたが、今年はドバイ遠征から連覇に挑みます。
クロノジェネシスの魅力は、大崩れしない安定感だと思います。
デビューから14戦して【7,3,3,1】、着外になったのは体調が悪かったエリザベス女王杯[G1]の1度だけです。
自在性があり、どんな位置からでも伸びてくる末脚は、クロノジェネシスの魅力の1つといえます。
今年もクロノジェネシスが快勝するのか、注目したいと思います。
ユーザー参加型の新型競馬サイト!!
    投稿!うまライブ!
投稿!うまライブ!
今熱い情報がどれなのか一目瞭然の的中ボイスを搭載♪今登録すれば「全額保障」に加え、5000円のポイントも貰えるよ☆さらに土日の無料情報も付いて、登録料・年会費・大会日は全て無料です♪このチャンスをお見逃しなく!!!
>>ここから無料登録<<

【ポイント①】データから紐解く、宝塚記念!

上半期の総決算、宝塚記念が阪神競馬場の2200mで行われます。

いつもなら6月、7月と行われる阪神開催の最終日に行われますが、今年は先週、今週の2週間だけの特別開催です。

いつもとは馬場状態が異なることが、馬券を仕留める大きなポイントになりそうです。

過去のデータから、宝塚記念で好走しそうな馬を見つけていきたいと思います。

単勝1倍台の馬は不振?

単勝オッズと成績
単勝オッズ 成績 勝率 連対率 複勝率
1.0~1.9倍 0-1-0-2 0.0% 33.3% 33.3%
2.0~4.9倍 4-3-1-8 25.0% 43.8% 50.0%
5.0~9.9倍 2-0-4-13 10.5% 10.5% 31.6%
10.0~19.9倍 3-3-1-22 10.3% 20.7% 24.1%
20.0~49.9倍 1-2-2-19 4.2% 12.5% 20.8%
50.0倍以上 0-1-2-51 0.0% 1.9% 5.6%

上記の表は過去10年間に出走した馬の単勝オッズと成績をまとめたものです。

データをみて驚いたのが、単勝オッズ1倍台の馬が1頭も勝てていません。

過去10年間で単勝オッズ1倍台の支持を受けたのは、2015年のゴールドシップ(単勝1.9倍、15着)、2016年のドゥラメンテ(単勝1.9倍、2着)、2017年のキタサンブラック(単勝1.4倍、10着)の3頭です。

どの馬も名馬といっていいほどの実力馬ですが、ドゥラメンテの2着が最高で優勝した馬はいません。

単勝1倍台の馬は、疑ってみる価値がありそうです。

逆に狙ってみたいのが、単勝10倍以上の馬です。

特に単勝10倍~49.9倍の馬は、過去10年間で4頭の勝ち馬が出ており、穴馬を狙うなら馬単・三連単といった馬券で1着から狙ってみるのが良いと思います。

完成された5歳馬に注目!

年齢と成績
年齢 成績 勝率 連対率 複勝率
3歳 0-0-0-1 0.0% 0.0% 0.0%
4歳 3-1-6-34 6.8% 9.1% 22.7%
5歳 6-5-4-36 11.8% 21.6% 29.4%
6歳 1-3-0-22 3.8% 15.4% 15.4%
7歳以上 0-1-0-22 0.0% 4.3% 4.3%

上記の表は過去10年間に出走した馬の年齢と成績をまとめたものです。

勢いのある4歳馬が強いかと思ったのですが、過去10年で6頭の勝ち馬が出ているのは5歳馬でした。

馬券圏内(3着以内)に好走した30頭をみても半数の15頭が5歳馬なので、中心は5歳馬と考えて良いでしょう。

勝ち馬の10頭のうち、6頭が5歳馬で3頭が4歳馬というように、逆転候補は無理に捻らず4歳馬から探すのが良いと思います。

能力的に魅力のある馬がいれが、4歳馬中心でも良いと思います。

馬場が変わっても先行優位!

脚質と成績
脚質 成績 勝率 連対率 複勝率
逃げ 1-1-2-6 10.0% 20.0% 40.0%
先行 6-4-2-33 13.3% 22.2% 26.7%
差し 2-2-5-44 3.8% 7.5% 17.0%
追い込み 1-3-1-32 2.7% 10.8% 13.5%

上記の表は過去10年間に出走した馬の脚質と成績をまとめたものです。

データをみると逃げ馬・先行馬が高い数値を残しています。

最初にお伝えしたように、過去10年間の宝塚記念は5月、6月開催の最終週に行われていたので、馬場が悪くなり追い込みづらい馬場状態での競馬が多かったと思われます。

しかし今年は5月、6月が中京開催、阪神開催は先週と今週の2週間だけです。

データ的な変化はないと思いますが、同じ先行優位でも、今年は馬場が良くて前が残ると考えた方が良いと思います。

ピンクの帽子に注目!

枠番と成績
枠番 成績 勝率 連対率 複勝率
1枠 1-1-3-11 6.3% 12.5% 31.3%
2枠 1-1-2-12 6.3% 12.5% 25.0%
3枠 0-1-1-14 0.0% 6.3% 12.5%
4枠 0-3-0-13 0.0% 18.8% 18.8%
5枠 0-2-0-16 0.0% 11.1% 11.1%
6枠 1-0-1-18 5.0% 5.0% 10.0%
7枠 0-2-1-18 0.0% 9.5% 14.3%
8枠 7-0-2-13 31.8% 31.8% 40.9%

上記の表は過去10年間に出走した馬の枠番と成績をまとめたものです。

過去10年間で実に8枠の馬が7頭、勝利しています。

データからみても内側の馬場が、相当悪かったんだなってことが分かると思います。

今年は馬場状態が良いので、うま泉は内枠の馬の方が優位になると思っていますが、昨年のクロノジェネシス、一昨年のリスグラシューは8枠から勝利していますので、今年はどの馬が8枠に入るのか注目しています。

無敗のG1馬レイパパレ!

☆レイパパレ(高野友和厩舎)
レイパパレ
デビューは3歳の1月と遅かったことから、無理してクラシック路線に乗せず、地道に条件戦を勝ち上がってきました。
勝ち上がるにつれて対戦相手は強化されているはずなのですが、常に余力たっぷりのレース運びで快勝してきました。
初のG1挑戦となった大阪杯[G1]は、果敢にハナを切って逃げ、上りもメンバー最速という完璧な内容で勝ち切りました。
重馬場で好走したことを大きいですが、3冠馬のコントレイルやマイル以下では敵なしのグランアレグリアを撃破しての勝利は、大きな価値があると思います。
アーモンドアイが引退したので、中長距離での最強馬はクロノジェネシスと言っていいとおもいます。
ここでクロノジェネシスを撃破するようなら、現役最強馬といっていいと思います。

【ポイント②】血が騒ぐ!宝塚記念

引退したハーツクライ産駒に注目!

種牡馬と成績
種牡馬 成績 勝率 連対率 複勝率
ステイゴールド 3-0-0-13 18.8% 18.8% 18.8%
キングカメハメハ 2-2-0-18 9.1% 18.2% 18.2%
ディープインパクト 1-2-4-23 3.3% 10.0% 23.3%
ハーツクライ 1-1-1-12 6.7% 13.3% 20.0%

上記のデータは過去10年間に出走した馬の種牡馬の成績をまとめたものです。

どの種牡馬も複勝率が20%前後と高い数値を残していて、勝ち星をみるとステイゴールド産駒、キングカメハメハ産駒が一歩リードといった感じです。

上記の種牡馬の中で、うま泉が注目している種牡馬はハーツクライ産駒です。

今年は1頭も種付けしておらず、先日、種牡馬を引退することが発表されました。

ハーツクライは2005年の有馬記念で、ディープインパクトに初黒星を付けた馬として有名で、翌年にはドバイシーマクラシックを制し、国内外で活躍した名馬です。

産駒も父と同じく、2000m~2400mといった中長距離で活躍する馬が多く、一昨年勝利したリスグラシューもハーツクライ産駒なので注目しています。

自在性の走りで一角崩しアドマイヤアルバ!

☆アドマイヤアルバ(柄崎孝厩舎)
アドマイヤアルバ
デビューから4戦連続2着と能力は高かったものの、なかなか勝ち切ることができなレースが続いていました。
3歳時は京都新聞杯[G2]で2着と好走、勝ち馬のステイフーリッシュには及ばなかったのものの、ユーキャンスマイルやグローリーヴェイズに先着するなど、戦っていたメンバーからすれば、重賞で活躍できる力は持っていると思います。
能力が発揮できない理由の1つに気性の荒さがあり、4歳の冬に去勢手術を行い、5歳からは騙馬として新たなスタートを切りました。
ようやく本来の走りを取り戻しつつあるアドマイヤアルバ、初ブリンカーを着用して前走のアルゼンチン共和国杯[G2]では、16頭立ての15番人気と低評価ながらも4番手から粘り込み、三連単99万馬券の立役者となりました。
好枠からコースロスなく走れれば、一角を崩すチャンスがあると思います。
小点数で万馬券GET!
    令和ケイバ
令和ケイバ
自己資金が少なくても大幅な利益を確保できる環境を仕組化♪登録料・年会費はすべて完全無料!今なら厳選5点情報無料進呈中!!このチャンスをお見逃しなく!!!
>>ここから無料登録<<

うま泉教授の宝塚記念、注目馬!

本日はうま泉がお勧めする注目馬を紹介します。人気馬から穴馬まで、展開を左右する馬や高配当の立役者となる馬など、レースのカギを握る馬を紹介していこうと思います。

今年の宝塚記念は連覇を狙うクロノジェネシス、無敗のG1馬レイパパレ、さらにシルバーコレクターのカレンブーケドールと牝馬に注目が集まっています。

うま泉が注目しているのは、今回人気が落ちそうなアリストテレスです。

菊花賞で三冠馬のコントレイルとクビ差の接戦を演じた実力馬で、春は天皇賞[G1]を目標にして4着と好走しました。

鞍上のルメール騎手が天皇賞後に、ベストは2200m前後の距離と言っていたように、3000m以上の距離は少し長かったのかもしれません。

3走前にアメリカJCC[G2]を勝っているように、2200mの距離なら3強に割って入る力を持っているので期待しています。

巻き返しを狙うアリストテレス!

☆アリストテレス(音無秀孝厩舎)
アリストテレス
距離の長った前2走を度外視すると、デビューから10戦して【4,5,0,1】と安定した走りをしています。
3走前のアメリカJCC[G2]は、泥だらけの不良場を克服し重賞初制覇を果たしました。
前走の天皇賞[G1]では4着に敗れるも、初めて背負った58キロを苦にしなかったのは大きな収穫だと思います。
近走の成績から成長力が止まったように感じますが、アリストテレス自身は成長しており、2200mの競馬ならどんな競馬にも対応できると密かに期待しています。
近走の成績から人気が落ちるようなら、馬券的にも面白い存在になると思うので注目です。

【ばかうけ】三連単6点配信でズバリ的中!!

「500円で掴め万馬券!」という言葉を掲げ、取得したデータや情報を徹底解析、妥協しない精査された情報を低価格で提供してくれる競馬サイトだね♪

今週登録すると宝塚記念の予想が無料プレゼントされるよ!さらに2万円分のポイントが貰えるダブル特典!!
有料情報も500円からと低価格、登録は無料だから、試してみるなら今がチャンスだと思うよ!

ばかうけ

6月19日の土曜日に配信された無料情報、札幌10Rの利尻特別!三連単6点配信で仕留めていたから紹介するね♪

ばかうけ

レースは4番人気のホウオウビクトリーがスローペースで逃げていたけど、単勝1.3倍の支持を受けていた1番人気の2番ソーヴァリアントが直線で並びかけると、後は後続を突き放す一方で、結果的に2着以下に6馬身以上の差をつける快勝だったね♪2着には中団から伸びてきた3番人気の6番サトノハンター、3着には後方から追い込んできた2番人気の5番アドマイヤハレーが入り、三連単1,310円の的中だね(^o^)

ばかうけの凄い所は三連単を6点まで絞り込んで、的中させている所だよね!情報がしっかりしているから、買い目を絞り込んでも仕留められるんだよね☆
1点3400円推奨で三連単1,310円の的中だから、払い戻しは4万4,540円になるね!無料情報で当たるサイトは信頼できるよね☆登録しておけばお宝情報が、無料でゲットできそうだねd(^_^)

ばかうけ

今なら宝塚記念の予想が無料プレゼントされるよ!さらに2万円分のポイントが貰えるダブル特典!!
有料情報も500円からと低価格、登録は無料だから、この機会に無料情報から試してみるのもアリだよねd(^_^)

ばかうけ

ばかうけを見る

うま泉教授の宝塚記念の見解

■本命馬⇒レイパパレ
■穴馬⇒カデナ
■対抗馬⇒クロノジェネシス

◎②レイパパレ
○⑦クロノジェネシス
▲⑨アリストテレス
△⑩カレンブーケドール
△⑬キセキ
△①ユニコーンライオン
△⑪モズベッロ
☆⑧カデナ

3連単フォーメーション
1着馬:②
2着馬:⑦⑨⑩
3着馬:⑦⑨⑩⑧⑬①⑪
点数:18点

3連単フォーメーション
1着馬:⑦
2着馬:②
3着馬:⑨⑩⑧⑬①⑪
点数:6点

合計点数:24点

本命馬はレイパパレです。

前走の大阪杯[G1]でも注目していましたが、重馬場でのG1競走ということなので、少し荷が重いかなと思っていました。

ふたを開けてみれば6枠から果敢にハナを切って逃げ、直線もメンバー最速の末脚で後続を突き放し、2着以下に4馬身以上の差をつける快勝でした。

420キロ前後の牝馬なので、非力なタイプかと思っていましたが、父のディープインパクト顔負けの力強さをもっていました。

これならパワーのいる阪神コースも問題なくこなしてくれるでしょう。

デビューからの5連勝は瞬発力の違いを見せつける内容でしたので、重馬場よりも良馬場の方が、力が出せると思っています。

また時計勝負にも対応できるので、綺麗な芝で行われる今年の宝塚記念にも合うと思います。

1枠にユニコーンライオンが入ったので、今回は2番手からの競馬になるかもしれませんが、内目で折り合いが付けれれば直線で後続を突き放せると思っています。

2021年の宝塚記念は、レイパパレから勝負します。

逆転候補を挙げるとすれば、どんな競馬にも対応できるクロノジェネシスだと思います。

昨年の秋の天皇賞は、上り32.8秒の末脚で追い込み3着と好走、高速競馬での対応力をみせました。

また昨年の宝塚記念、暮れの有馬記念とグランプリを連勝しているように、開催最終週の力のいる馬場でも問題なく伸びてきます。

馬券から外れる要素が見当たらないクロノジェネシスですが、1つ気になることがあるとすればローテーションです。

今までは国内でのレースでしたが前走は初の海外遠征、見えない疲れがあるかもしれないので、今回は逆転候補としました。

後は適距離に戻って見直したいアリストテレスと、勝ちき切れないけど力はあるカレンブーケドールを2着候補としました。

穴馬に7歳馬のカデナを抜擢しました。

前走の安田記念でも58キロを背負って6着と好走、展開次第では一発あると思いますが、重い印を打った馬とは力の差があると思うので、突っ込んできても3着までかなと思います。

目的別に無料予想を探す

買い目が無料
注目馬が無料
地方競馬が無料
当たる・儲かる予想
競馬無料予想

目的別に無料予想を探す

  • 買い目が無料
  • 注目馬が無料
  • 地方競馬が無料
  • 当たる・儲かる予想

カテゴリ

  • うま吉の2018年重賞&G1予想
  • うま子の複勝1点予想
  • うまじぃの今週の新馬戦診断
  • 海外競馬専門予想
  • うま吉の夏競馬専門予想
自然の風景
RANKING TOP3

優良競馬予想サイトランキング

1毎日情報

毎日情報

2アプリ

アプリ

3UMAチャンネル

UMAチャンネル
RANKING TOP3

優良競馬予想サイトランキング

1うまとみらいと

うまとみらいと

2あしたの万馬券

あしたの万馬券

3競馬大陸

競馬大陸

TOP